学域・大学院・機構

ミリ波テラヘルツ波研究所

設置目的

電波と光の狭間にあるミリ波テラヘルツ波の電磁領域は、近年新しい発生、検出方式の研究が急速に進行しつつあるが、技術的には、いまだ未開拓な分野である。

一方応用の方は電波の透過性を有する最短波長域として、また、光波の分解能を有する最長波長域として通信、計測、医療、生化学等と広範な利用が期待されている。

我々は、この領域における電磁波の放射、集光、伝送、検知に関する基礎的な技術の開発を行う。さらにそれらの技術を、天体観測、地球大気観測等に応用したシステムの開発を行う。

研究内容の概要

ミリ波よりテラヘルツ波領域における電磁波に関して、主に以下の点に関する研究開発を行う。

  1. 電磁波の放射、集光、伝送における、低挿入損失、低偏波損失、かつ放射特性の良好な光学系の開発
  2. 電磁波の量子限界にせまる超高感度検出技術の開発
  3. 高分解能かつ広帯域な特性をもつ電波分光器の開発、および望遠鏡の高精度制御などに関する開発
  4. 上記技術を応用した天体、地球大気等のミリ波テラヘルツ波領域の観測

構成員

所長

大西 利和 (理学系研究科 教授)

研究員
区分 教授 准教授 助教 特認教授
工学研究科 真鍋 武嗣
理学系研究科 前澤 裕之 村岡 和幸 小川 英夫
客員研究員
機関 役職 氏名
大阪府立大学 客員研究員 阿部 安宏

設立年月日

平成18年(2006年)2月1日