学域・大学院・機構

NanoSquare拠点研究所

設置目的

当初、文部科学省科学技術振興調整費「若手研究者の自立的研究環境整備促進事業」の委託に基づき、「地域の大学からナノ科学・材料人材育成拠点」プログラム(2008年度から2012年度の第1フェーズ)として高インセンティブ型テニュア・トラック制度を運営するために「ナノ科学・材料研究センター」を設置した。その後、プログラムは大学の自主経費による第2フェーズ(2013年度から2017年度)の運営に移っている。

研究内容の概要

1. 幅広いナノ科学・材料分野を対象として高インセンティブ型テニュア・トラック特別講師を採用するために国際公募を実施している。

2. 拠点プログラム活動は、ナノ科学・材料に関する幅広い研究分野におけるスーパースターを育成すること、ナノ科学・材料分野における世界的研究拠点を形成すること、全学の教員採用にかかるテニュア・トラック制度の導入を先導することをミッションとしている。

3. ワークショップ、拠点カフェー、講演会、特別講演会、国際会議を計画的に開催し、プログラムのアウトリーチに努めている。

構成員

センター長

石田 武和 (工学研究科 教授)

研究員
区分 教授 准教授 助教 特別講師
(テニュア・トラック講師)
工学研究科 河村 裕一
森 茂生
野口 悟
川又 修一
平井 義彦
加藤 勝
齊藤 丈靖
牧浦 理恵
許 岩
宍戸 寛明
沈 用球
余越 伸彦  –
理学系研究科 大西 利和
久保田 佳基
細越 裕子
前川 寛和
藤原 秀紀
小菅 厚子
前澤 裕之
研究推進機構 中瀬 生彦
池野 豪一
萩原 将也
亀川 孝

設立年月日

平成20年(2008年)10月1日

地域の大学からナノ科学・材料人材育成拠点Webサイト

地域の大学からナノ科学・材料人材育成拠点WEBサイト

「地域の大学からナノ科学・材料人材育成拠点」は、優れた研究環境を準備し、テニュア・トラック制度によってナノ科学・材料研究分野における卓越した人材を養成することで、大学に愛着心を持ったテニュア教員を確保すると同時に、地域の信頼を基盤とした「ナノ科学・材料の世界的研究拠点」を本学に形成することを目的としています。