学域・大学院・機構

ライブセルイメージング研究所

設置目的

大阪府立大学のバイオと工学の最先端の研究領域の融合をはかり、生きた細胞・生体の生命活動を可視化するとともに、その動態を観察するシステムを構築することで、今後益々発展が予想される「ライブセルイメージング」研究分野の国際的拠点を形成し、もって、21世紀の学術・研究開発の発展に寄与するとともに、近畿圏の産業、並びに、経済の発展に貢献する。

研究内容の概要

  1. 生細胞にダメージを与えないで画像取得可能なライブセルイメージング技術の開発
  2. 生きた細胞における細胞周期進行の可視化に関する研究
  3. ライブセルイメージングを用いた光毒性評価の技術開発
  4. 化学物質の変異原性評価のためのライブセルイメージング技術の実用化
  5. 放射線や変異原により誘導されるアポトーシス過程のライブセルイメージング
  6. 生きた細胞内でクロマチン修飾を可視化するための技術の開発
  7. 薬剤の可視化とそれを用いた生細胞の多色可視化技術の開発
  8. 細胞増殖遅延を指標にした府大池の水質のモニタリング

細胞周期進行の2色可視化の例

細胞周期進行の2色可視化の例

4色可視化細胞のライブセル
イメージングの例

4色タイムラプス画像

3色可視化細胞のライブセル
イメージングの立体動画

ヘテロクロマチンタンパク質を用いた
細胞周期進行の可視化(画像)

ヘテロクロマチンタンパク質を用いた細胞周期進行の可視化

ヘテロクロマチンタンパク質を用いた
細胞周期進行の可視化(動画)

構成員

所長

杉本 憲治 (生命環境科学研究科 教授)

研究員
区分 教授 准教授 助教 ポスドク
工学研究科 和田 健司
福田 弘和
松山 哲也
生命環境科学研究科 乾 隆
谷森 紳治
園田 素啓 川喜多 愛
理学系研究科 八木 孝司
児玉 靖司
木下 誉富
川西 優喜
白石 一乗
客員研究員
機関 役職 氏名
村田 香織
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 研究グループ長 藤田 聡史
和歌山工業高等専門学校 准教授 奥野 祥治

設立年月日

平成18年(2006年)2月1日