学域・大学院・機構

高齢期健康総合研究センター

設置目的

GERECのロゴ

本研究所Gerontology Research Center (略称 GEREC)は、活動的な方から要介護状態にある方まで、高齢期のあらゆる方々を対象にして健やかで質の高い生活機能の維持・向上をめざし、非薬物的・非観血的な手段による実践的および応用的研究を推進し、広くその成果を社会に還元するとともに大阪府民の健康増進に寄与することを目的とする。

研究内容の概要

概要

本研究所GERECは、総合リハビリテーション学研究科に所属する理学療法学専攻教員とその大学院生を研究組織の中心とし、さらに医用工学、食品栄養学および社会福祉学の分野から高齢者の生活機能を研究調査する学際的知見を加え、分野横断的な研究組織とする。研究目的を遂行するために、関連病院や施設、組織との連携を強化・拡大させ、研究フィールドの構築と臨床・地域に対する成果還元を迅速に行なう組織体制をめざす。

概要説明図

研究計画等

1 地域在住高齢者を対象とした心身・生活機能の維持および健康増進に関する研究

  • 運動機能測定会の実施
  • 経年データベースによる虚弱リスク因子の分析

2 虚弱高齢者を対象とした、心身・生活機能の維持向上に資する研究

  • 入院患者のリハビリテーションプログラムの効果検証
  • 非薬物療法による骨密度改善に関する研究

3 施設入所高齢者を対象とした心身・生活機能の維持およびリスク管理に資する研究

  • 施設全体で取り組む転倒予防プログラムの効果検証

構成員

所長

樋口 由美(総合リハビリテーション学研究科 教授)

研究員
大阪府立大学
区分 教授 准教授
人間社会システム科学研究科 中島 智晴 嵯峨 嘉子
総合リハビリテーション学研究科 淵岡 聡
奥田 邦晴
岩田 晃

設立年月日

平成26年(2014年)10月1日