学域・大学院・機構

環境教育研究センター

設置目的

大阪府立大学では、これまで、エコ・サイエンス研究所を中心に、堺エコロジー大学など学外の多様な主体との研究・教育の連携、エネルギー消費の見える化などによるキャンパス内のエネルギー最適化、環境報告書作成学生委員会「E~きゃんぱすの会」設立と毎年の環境報告書の発行、「環境学」副専攻や「国際環境活動プログラム」などの全学向け環境教育プログラムの開設、府大池や菖蒲池を中心とするキャンパスビオトープ調査・研究、などを行ってきた。これらの成果を活かし、今後も大学の本分である「持続可能社会の構築に必要な人材の育成」を行うためには、学生主体による環境報告書、全学向けの環境教育プログラム、キャンパスをフィールドとした実践教育など、「環境教育」を主体とする活動を推進する必要がある。そこで本研究所では、図1に示すように、エコ・サイエンス研究所で確立された「環境教育」関連活動を継承し発展させることを目的とする。

図1 エコ・サイエンス研究所と環境教育研究センターとの関係

図1 エコ・サイエンス研究所と環境教育研究センターとの関係

研究内容の概要

(1)学生主体による環境報告書の作成
環境報告書作成学生委員会「E~きゃんぱすの会」を主体とし、環境部エコロ助、里環境の会OPU等他の学生環境団体の協力のもと、大阪府立大学環境報告書を作成し、発行、公表する。

(2)全学向け環境教育プログラムの改善
高等教育推進機構が開講している環境教育プログラムである、全学域生向け「環境学」副専攻ならびに全大学院生向け「国際環境活動プログラム」を対象として、プログラムの教育効果評価ならびに改善提案を行う。

(3)キャンパスビオトープをフィールドとした実践教育
府大池や菖蒲池などのキャンパスビオトープ・コアを主たるフィールドとして、里環境の会OPU等学生環境団体との連携のもと、水質・底質環境や生物生態系の調査といった実践的環境教育活動を実施する。

構成員

所長

大塚 耕司(人間社会システム科学研究科 教授)

研究員
区分 教授 准教授 助教
工学研究科 横山 良平
中谷 直樹
生命環境科学研究科 北宅 善昭 平井 規央 上田 昇平
人間社会システム科学研究科 竹中 規訓
高等教育推進機構 杉山 雅夫

設立年月日

2016年(平成28年)4月1日

関連サイト

環境教育研究センターWebサイト

環境教育研究センターWEBサイト

環境教育研究センターは、全学向け環境人材育成教育プログラムの運用と改善、学生主体による「大阪府立大学環境報告書」の作成、キャンパスビオトープをフィールドとした実践教育を推進することを目的に設立されたセンターです。

環境人材育成のための教育プログラムWebサイト

環境人材育成のための教育プログラムWebサイト

平成21年度の環境省「環境人材育成のための大学教育プログラム開発事業」に採択され、平成22年度から、学域(当時学部)教育としての副専攻「環境学」と大学院教育としての「国際環境活動プログラム」をスタートさせました。これらのカリキュラムにより、学域・大学院の一貫教育として、環境人材の育成を目指しています。