学域・大学院・機構

分子エレクトロニックデバイス研究所

設置目的

RIMEDロゴ

近年のデバイス開発には分子レベルでの研究が必須である。特に近年は有機ELディスプレイに注目が集まっており、その材料の性能向上のために分子レベルでの研究が多数行われている。分子レベルでの理論設計および解析、合成および実験解析、デバイス設計および評価の三本柱で新規機能性材料の研究を進めていくために本研究所を組織するものである。有機ELデバイスに用いるための発光材料(分子)の設計と合成、およびそれらを用いた有機ELデバイスの作成と評価を行うことを設置当初の目的とする。さらに、有機ELデバイスにとどまらず、分子レベルでの多種多様なデバイス設計・開発を目的とし、発展的共同研究をめざす。

研究内容の概要

次の三本柱を基に共同研究開発を企画・実施する。

  1. 理論計算およびシミュレーションをもとに発光材料の理論的設計を分子レベルで行う(小関・麻田グループ)
  2. 発光材料の合成とそれらの化学的・物理的特性の評価を行う(池田グループ、八木グループ)
  3. 合成した発光材料を用いたデバイスの作成とそれらの特性・性能の検証を行う(八木グループ、内藤グループ)

この目的のために毎年、研究会・シンポジウムなどを開催するとともに、競争的外部資金を獲得する。

構成員

所長

池田 浩 (工学研究科 教授)

研究員
大阪府立大学
区分 教授 准教授 助教
工学研究科 内藤 裕義
八木 繁幸
小林 隆史
永瀬 隆
前田 壮志
太田 英輔
松井 康哲
理学系研究科 小関 史朗 麻田 俊雄
客員研究員
機関 職階 氏名
JNC石油化学株式会社 主任研究員 松下 武司

設立年月日

平成20年(2008年)7月1日