学域・大学院・機構

次世代電動車両開発研究センター

設置目的

蓄電池の有望な市場である電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)等の開発に取り組むことは、大阪産業の活性化に資することになります。

また、多様で層の厚いものづくり企業が集積している大阪において、超小型EVや高性能モータ、軽量化された車体・シート、静電気をためない内装材、パワーデバイス、燃料電池関連の部品等の開発に取り組むことは、大阪産業の中心的存在であるものづくり中小企業の活性化を図ることにもなります。

さらに、EVやFCVが普及していくと、太陽光発電の蓄電やスマートグリッド等の蓄電池利用の社会変革や、EV充電課金システム等の新ビジネスの創出など、EV、FCVをコアとした新たな広がりも期待されます。

一方、本学においては、次世代電動車両の主要パーツである蓄電池、燃料電池、モータをはじめ、EV等次世代電動車両に関連する応用化学、機械工学、電気情報システム工学、マテリアル工学、さらには電動車両の普及経済モデル等の経済学分野において、優秀な研究者を擁しています。

以上のように、次世代電動車両及び関連分野の市場ポテンシャルを背景に大阪産業の活性化を図るために、学問分野を超えて本学の優秀な研究員を結集し、ものづくり中小企業等との共同研究を展開する中核的拠点として、「次世代電動車両開発研究センター」を設置しました。

なお、活動にあたっては、大阪府が中心となって取り組んでいる「大阪EVアクションプログラム」や「おおさかFCV推進会議」と連携していくこととしています。

研究内容の概要

1. 次世代電動車両要素技術の研究開発

本研究所と中小ベンチャー企業、関連機関で構成するコンソーシアムにより、EVのコア技術である蓄電池、燃料電池、モータ及びその周辺技術等の研究開発を展開します。

2. 次世代電動車両の開発研究支援

既に実用段階にある技術も活用し、超小型EVなどの次世代電動車両の開発研究支援を進めます。

3. 充電インフラの最適配置等の研究

EVの急速充電装置や水素ステーションの段階的な設置に伴い、幹線道路等を考慮し、次の最適設置場所を導く手法を開発します。

4. 次世代電動車両に関する経済学的アプローチ

マーケティングリサーチ等を活用し、次世代電動車両の開発動向や関連ビジネスの動向を推測する等、電動車両の普及経済モデルの研究を進めます。

構成員

センター長

森本 茂雄 (工学研究科 教授)

研究員
区分 教授 准教授 助教 特別教授
工学研究科 石亀 篤司
瀬川 大資
横山 良平
須賀 一彦
井上 博史
中川 智皓
金子 憲一
経済学研究科 七條 達弘 吉田 順一
人間社会システム科学研究科 杉村 延広
岩村 幸治
研究推進機構 辻川 正人
大阪府立大学工業高等専門学校 土井 智晴

設立年月日

平成25年(2013年)4月1日

次世代電動車両開発研究センターWebサイト

次世代電動車両開発研究センター

次世代電動車両開発研究センターは、次世代電動車両及び関連分野の市場ポテンシャルを背景に大阪産業の活性化を図るため、学問分野を超えて本学の優秀な研究員を結集し、ものづくり中小企業等とともに「次世代電動車両要素技術の開発研究 」「次世代電動車両の開発研究支援」「充電インフラの最適配置等の研究」「次世代電動車両に関する経済学的アプローチ」の共同研究を展開する中核的拠点として、設置された研究所です。