学域・大学院・機構

構造ダイナミクス研究所

設置目的

本研究所では、陸・海・空における機械構造物の動力学(ダイナミクス)に携わる第一線の研究者が集結し、相互の知識・技術・情報を共有するとともにそれらをインテグレートすることにより、ダイナミクスの立場から、各種機械構造物の研究・開発ならびにそれらに関わる技術開発支援のさらなる高度化・効率化を図り、地域産業の活性化はもとより、我が国の陸・海・空における機械構造物関連産業の発展に貢献することを目的とする。

構造ダイナミクス研究所をデジタルパンフレットで見る (別ウィンドウで開きます)

研究内容の概要

本研究所では、上記の設置目的を踏まえ、各種機械構造物を対象として、構造ダイナミクスの立場から、主として以下の点に関する研究開発を行う。

  1. 次世代機械構造物の開発・研究・支援
  2. 未解明の動力学現象解明
  3. 次世代の構造動力学解析技術、動力学的安定化技術の開発
  4. 損傷防止・診断技術の開発
  5. 省エネ・環境・高齢化対応技術等の開発・研究 具体的には、以下の項目に関連する研究開発を行う。耐震、制振、免震、防振、流動振動、最適耐震設計、座屈能動振動制御、能動音響制御、静粛制御、揺動、衝突、安定性

構成員

所長

千葉 正克(工学研究科 教授)

研究員
区分 教授 准教授 助教 講師
工学研究科 三村 耕司
千葉 正克
下村 卓
新谷 篤彦
楳田 努
坪郷 尚
柴原 正和
陸 偉
中川 智皓
金田 さやか
南部 陽介
小林 友明
大阪府立大学工業高等専門学校
総合工学システム学科
土井 智晴 古田 和久

設立年月日

平成18年(2006年)2月1日