学域・大学院・機構

信頼性計測科学研究所

設置目的

本研究所では、金属材料、鉄鋼材料、非鉄金属材料、セラミック材料、機能性材料等における種々の材料特性の計測・評価を通じて、損傷・破壊現象(力学的、誘電的および磁気的)のアトミックスケールでのメカニズム解明とアトミックスケールからの新しい基礎材料科学の構築を目指す。また、東大阪・南大阪の材料系企業と連携し、地域企業の材料開発段階で生じる諸問題を解決するために、材料特性の計測・評価を通じて貢献していく。さらに「ものづくり企業」における若手研究者・若手技術者に対して、走査型電子顕微鏡技術、透過型電子顕微鏡技術、粉末X線回折技術をはじめとする種々の材料評価法のセミナーや実技講習会を開催し、将来の地域産業を担う若手研究者および技術者の研究教育活動を展開することが目的である。

研究内容の概要

本研究所では、透過型電子顕微鏡、走査型電子顕微鏡をはじめとしたアトミックスケールからマクロスケールまでの計測・評価を行なうことにより、金属材料、鉄鋼材料、非鉄金属材料、セラミック材料、機能性材料などの種々の材料特性の高度化を目指して、研究を展開していく。具体的な研究内容について以下に示す。

  1. 鉄鋼材料における損傷・破壊現象のアトミックスケールでの微細組織の観察とメカニクスの解明
  2. バルク金属ガラスにおけるクラスター構造とクラスター構造間の相互作用に関する研究
  3. Mg合金の鍛造加工性の向上および鍛造部材の高機能化のために、Mg合金の耐熱性・鍛造加工性に対する微量添加元素の効果
  4. オーステナイト系ステンレス鋼における加工誘起マルテンサイト相の出現と変形・破壊機構の相関に関する研究
  5. 誘電体材料における誘電疲労現象とドメイン構造
  6. 磁性材料におけるナノスケール磁気的構造の解析
  7. 走査透過型電子顕微鏡技術を用いたアトミックスケールでの局所構造解析

構成員

所長

森 茂生 (工学研究科 教授)

研究員
区分 教授 准教授 講師
工学研究科 沼倉 宏
東 健司
瀧川 順庸
理学系研究科 久保田 佳基 石橋 広記
客員研究員
機関 職階 氏名
大阪府立大学 地域連携研究機構 統括コーディネーター 津田 大
東北大学 金属材料研究所 教授 今野 豊彦
日本電子株式会社 周辺機器事業ユニット 副ユニット長 高橋 秀之
大阪大学 特任教授  弘津 禎彦

設立年月日

平成20年(2008年)7月1日