学域・大学院・機構

分子科学専攻の教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

教育目的

博士前期課程

博士前期課程では、学士課程レベルの基盤の上に分子科学のより深い専門知識を修得し、分子・物質に関連する真理探究を可能とするとともに、新分野や学際領域にも踏み込んでいくことのできる確固とした基礎力を育成する。世界レベルの最先端分子科学研究に携わることを通して、物質や事象の本質を理解する能力と洞察力、英語によるコミュニケーション能力を重点的に鍛錬し、問題解決能力を備えた人材を育成する。

博士後期課程

博士後期課程では、教員の個人指導のもと、各自が個別のテーマを設定して最先端の分子科学研究を遂行することを通して、物質や事象の本質を理解する能力と洞察力、英語によるコミュニケーション能力を重点的に鍛錬する。研究の遂行能力に加え、新たな研究計画の立案と評価を行うための能力とディスカッション能力を鍛錬し、自立した研究者・高度専門職業人として社会に貢献できる人材を育成する。

教育目標

博士前期課程

目的を実現するために具体的な教育目標を次のように設定する。

  • 分子と外場との相互作用現象や化学反応機構の、実験と理論の両面からの解析に関する先端知識と実験手法を修得する。
  • 機能性物質や高度生理活性分子を構築する基盤となる新しい精密有機化学反応、不斉合成反応、環境低負荷型化学反応、生体関連分子の機能に関する先端知識と実験手法を修得する。
  • 典型元素と遷移元素とを自在に活用した、高活性・高選択的な触媒能を有する遷移金属錯体や導電性有機分子などの新しい機能性分子およびその集積体の設計・合成に関する先端知識と実験手法を修得する。
  • 英文テキストや最新の英語論文を読む能力、研究成果を英語論文として発信する能力の鍛錬を通して、コミュニケーションツールとしての英語力とその土台となる国語力とを養成する。
  • 最先端の分子科学研究に携わり、解答未知の課題に対して、理論と実験の両面から個人レベル/グループレベルでのディスカッションにより問題点を明確にしつつとりくむことを通して、調査・研究の方法を修得するとともに、ディスカッション能力、発表能力、問題解決能力、研究者倫理を養い、論理的な思考力、明快にコミュニケーションをとる能力を鍛錬する。

博士後期課程

目的を実現するために、具体的な教育目標を次のように設定する。

  • 分子と外場との相互作用現象や化学反応機構の、実験と理論の両面からの解析に関する先端知識と実験手法を修得する。
  • 機能性物質や高度生理活性分子を構築する基盤となる新しい精密有機化学反応、不斉合成反応、環境低負荷型化学反応、生体関連分子の機能に関する先端知識と実験手法を修得する。
  • 典型元素と遷移元素とを自在に活用した、高活性・高選択的な触媒能を有する遷移金属錯体や導電性有機分子などの新しい機能性分子およびその集積体の設計・合成に関する先端知識と実験手法を修得する。
  • 英文テキストや最新の英語論文を読む能力、研究成果を英語論文として発信する能力の鍛錬を通して、コミュニケーションツールとしての英語力を養成する。
  • 最先端の分子科学研究に携わり、解答未知の課題に対して、理論と実験の両面から個人レベル/グループレベルでのディスカッションにより問題点を明確にしつつ取り組むことを通して、調査・研究を遂行する方法を修得するとともに、ディスカッション能力、発表能力、問題解決能力、研究者倫理を養い、論理的な思考力、明快にコミュニケーションをとる能力を鍛錬する。
  • 新たな研究計画を企画・提案して互いに評価しあうことを通して研究の立案能力と評価能力を鍛錬する。

ディプロマ・ポリシー(学修評価・学位の授与方針)

博士前期課程

博士前期課程においては,所定の単位を修得した上で修士論文発表会(または審査会)において修士論文を発表し、指導教員を含む複数の審査委員による審査に合格した次のような学生に対して修士(理学)の学位を授与する方針である。

  • 高い倫理観をもち、分子科学の専門知識を身に付けている。
  • 専門分野および関連する分野の諸問題を主体的に対処でき、科学・技術の発展を推進できる研究能力を持つ。
  • 論文作成・プレゼンテーションにより、成果を有効に発信できる。

博士後期課程

博士後期課程においては、所定の単位を修得した上で公聴会において博士論文を発表し、指導教員を含む複数の審査委員による審査に合格した次のような学生に対して博士(理学)の学位を授与する方針である。

  • 高い倫理観をもち、高度で深い分子科学の専門知識を身に付けている。
  • 専門分野および関連する分野において、自ら問題を発見・設定し、解決できる独創的な研究能力を持つ。
  • 論文作成・プレゼンテーションにより、成果を国際的かつ有効に発信できる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

博士前期課程・後期課程

本専攻は、分子レベルで思考することで問題の解決をはかることがますます重要視される現代において、分子科学が関連する課題解決に鋭く適合する人材育成をめざしている。本専攻では研究対象として分子構造ならびに分子機能の解明およびそれに指針を得た有用分子の設計とあらたな機能創生を追求する。本専攻では分子創製科学、分子機能科学、分子解析科学の3分野を主な研究領域とし、大学院生の教育・研究に取り組む。

分子創製科学分野では、機能性物質や高度生理活性分子を構築する基盤となる新しい精密有機化学反応、不斉合成反応、環境低負荷型化学反応の開拓を行う。分子機能科学分野では、典型元素と遷移元素とを自在に活用し、高活性・高選択的な触媒能を有する遷移金属錯体や導電性有機分子などの新しい機能性分子およびその集積体の設計・合成を行う。また、生体関連分子の機能の化学の視点からの解明に取り組む。分子解析科学分野では、分子と外場との相互作用現象を実験と理論の両面から解明し、それらを活用して分子の構造や電子状態を明らかにする。

分子科学を基盤として、学際領域や融合領域に踏み込むために高度な専門基礎に関する素養を身に付けさせるための布陣を組んでいる。特に後期課程においては分子科学の各専門研究分野で、新現象の発見や新理論の構築のための研究に携わるようにするため、インパクトファクターの高い学術誌にコンスタントに情報発信する分子科学分野の世界的な研究レベルの教員を揃え、世界的視野で研究に邁進できる体制と環境を構築している。

分子科学を構成する個別専門分野における基本体系の理解に重点をおき、その上で専門的な知識・技術、研究者倫理修得をめざす教育課程を編成する。有機合成化学、有機反応化学、錯体化学、理論化学、分子構造化学、励起分子科学、有機生物化学など分子科学分野で基本となる専門授業を教育技法に留意しながら行うとともに機能物質科学など、社会の物質生産に結びつく応用を併せて扱うことで、高度な学力を社会貢献へのモチベーションの向上とともに養成させる。分子科学特別研究では最先端の分子科学研究に参加させ高度にして実践的な研究鍛錬をさせる。特に後期課程においては国際競争力のある高度な研究に参加させ、優れた研究成果を高いモチベーションとともに達成させる。分子科学特別演習では世界の分子科学の最新研究動向に習熟できるようにするとともにディスカッションと研究発表能力の養成をはかる。さらに、研究立案能力を養成するために、研究企画ゼミナールを課すものとする。また、前後期両課程共に学際的な研究、教育に資するため分子科学特別講義を開設する。

アドミッション・ポリシー(学生受入の方針)

博士前期課程

本専攻では、学士課程レベルの基盤の上に分子科学のより深い専門知識を修得し、分子・物質に関連する真理探究を可能とするとともに、新分野や学際領域にも踏み込んでいくことのできる確固とした基礎力を養成する。世界レベルの最先端分子科学研究に携わることを通して、物質や事象の本質を理解する能力と洞察力、英語によるコミュニケーション能力を重点的に鍛錬し、問題解決能力を備えた人材を育成する。

したがって、分子科学専攻では、次のような学生を求める。

  • 大学の学士課程修了程度以上の分子科学の基礎学力(有機化学、無機化学、物理化学)と、英語論文の読解力を持つ人
  • 論理的思考力と知的好奇心を持つ人
  • 自ら進んで分子科学を学ぶ探究心を持つ人
  • 教員や学生同士との議論を通じて自然現象、とくに分子科学に関する現象を深く考察できる人
  • 専門分野に関する基礎的な研究能力を有する人

以上に基づき、次の能力や適性を身に付けた学生を選抜する。

  • 分子科学の基礎学力(有機化学、無機化学、物理化学)を備えていること
  • 英文等で書かれた学術論文を読むための語学力を備えていること
  • 研究に対する意欲と具体的な展望を持ち、研究のために必要な論理的思考力を有すること
  • 教員や学生同士との議論をできるコミュニケーション能力を有すること

博士後期課程

本専攻では、教員の個人指導のもと、各自が個別のテーマを設定して最先端の分子科学研究を遂行することを通して、物質や事象の本質を理解する能力と洞察力、英語によるコミュニケーション能力を重点的に鍛錬する。

研究の遂行能力に加え、新たな研究計画の立案と評価を行うための能力とディスカッション能力を鍛錬し、自立した研究者・高度専門職業人として社会に貢献できる人材を育成する。

したがって、分子科学専攻では、次のような学生を求める。

  • 大学院の博士前期課程修了程度以上の分子科学の基礎学力と、英語論文の読解力を持つとともに、英語による表現能力を有している人
  • 論理的思考力と知的好奇心を持つ人
  • 自ら進んで分子科学を学ぶ探究心を持つ人
  • 教員や学生同士との議論を通じて自然現象、とくに分子科学に関する現象を深く考察できる人
  • 専門分野あるいは関連する分野について、博士前期課程修了程度以上の研究能力を持ち、自ら研究を立案・計画・遂行できる能力を持つ人

以上に基づき、次の能力や適性を身に付けた学生を選抜する。

  • 大学院の博士前期課程修了程度以上の分子科学の基礎学力を備えていること
  • 英語論文の読解力を持つとともに、英語による表現能力を有していること
  • 教員や学生同士との議論を通じて自然現象、とくに分子科学に関する現象を深く考察できる論理的思考力とコミュニケーションの能力を備えていること
  • 知的好奇心を持ち専門分野あるいは関連する分野について、博士前期課程修了程度以上の研究能力を持ち、自ら研究を立案・計画・遂行できる能力を備えていること