学域・大学院・機構

生物科学専攻の教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

教育目的

博士前期課程

博士前期課程では、分子から生態系までの階層構造をもつ生命現象を、普遍性と多様性の視点から総合的に理解することができる基礎力を育成し、その上に立って、高度な研究を行うために必要な手法と分析力を養うことを目標に教育研究を行う。世界レベルの最先端の生物科学の研究に携わることを通して、生物や生命現象の本質を捉えるために必要な能力と洞察力、英語によるコミュニケーション能力を重点的に鍛錬し、課題発見能力と問題解決能力を備えた人材を育成する。

博士後期課程

博士後期課程では、教員の指導のもとに、各自がそれぞれの分野における未解決の重要な課題を設定し、最先端の生物科学の研究を遂行することを通して、生物や生命現象の本質を捉えるために必要な能力と洞察力を養う。研究の遂行能力に加えて、新たな研究計画の立案と評価を行うための能力、英語によるコミュニケーション能力やディスカッション能力を鍛錬し、国際会議での研究発表や短期海外留学を積極的に行うことにより、世界に通じる自立した高度専門職業人・研究者を育成する。

教育目標

博士前期課程

目的を実現するために具体的な教育目標を次のように設定する。

  • 生物科学の階層性を認識し、以下3つに分けるミクロからマクロにわたる各レベルの最先端の生物科学を学ぶ。
    (1)遺伝子およびタンパク質の構造と機能について
    (2)細胞の構造と機能および発生・分化のメカニズムについて
    (3)環境・生態および進化について
  • 上記生物科学をベースにして、その応用を視野に入れ、境界領域に研究を広げることの出来る学力を身に付ける。
  • 科学の共通言語である英語について、英文テキストや最新の英語論文を読む能力、研究成果を英語論文として発信する能力、英語によるコミュニケーション能力を鍛錬する。
  • 教員の指導の下で、生物科学の特定の研究課題について研究を行い、自分で研究を組み立て、遂行する能力を培う。その際に、研究者倫理を養いながら、研究課題の問題点を明確にし、文献探索、指導教員や研究グループ内でのディスカッションなどから、その問題解決をめざす実験計画を自ら導きだし、得られた結果の解析・評価を行う能力を鍛錬する。さらに、得られた結果をまとめて、明解な発表を行う能力を習得する。

博士後期課程

目的を実現するために、具体的な教育目標を次のように設定する。

  • 教員の指導の下で、各自が生物科学の特定の研究課題を設定し、そのための研究計画を組み立て、遂行する能力を培う。その際に、研究者倫理を養いながら、研究課題の問題点を明確にし、文献探索、指導教員や研究グループ内でのディスカッションなどから、自らその問題点解決のための実験を構築・遂行し、得られた結果の解析・評価を行う能力を鍛錬する。
  • 得られた研究成果を、学会あるいは論文など様々な形で発表する能力を習得する。
  • 科学の共通言語である英語について、英文テキストや最新の英語論文を自由に読みこなす能力、研究成果を英語論文として発信する能力、国際セミナーや会議などでコミュニケーションを行う能力を培う。
  • 最先端の研究を行っている研究者の研究成果に講義を通じて触れ、ディスカッション等を通じて研究能力を向上させる。

ディプロマ・ポリシー(学修評価・学位の授与方針)

博士前期課程

生物科学専攻は、主体的な探究心を育み基礎科学分野の生物科学ならびに関連する学際的研究領域の高度な専門知識を修得させるとともに、豊かな教養と高い倫理観、創造力を有し、社会の変化に柔軟に対応できる研究者・技術者の育成をめざしている。この教育目標に照らして、十分な知識・能力が獲得できたかを判定するため、博士前期課程を修了するための要件を次の様に定める。

所定の年限在学し、修了に必要な所定の単位を修得しなければならない。さらに、学生は修士論文発表会(または審査会)において修士論文を発表し、指導教員を含む複数の審査委員からなる審査に合格しなければならない。学生が自らの研究テーマに主体的に取り組み、専門的な知識と論理的な考察に基づいた研究成果を得て、その内容を判り易く発表し、質疑応答も適切である。これらを確認する事を審査の基本方針とする。

博士後期課程

生物科学専攻は、主体的な探究心を育み基礎科学分野の生物学ならびに関連する学際的領域の高度な専門知識を修得させるとともに、豊かな教養と高い倫理観、創造力を有し、社会の変化に柔軟に対応できる研究者・技術者の育成をめざしている。この教育目標に照らして、十分な知識・能力が獲得できたかを判定するため、博士後期課程を修了するための要件を次の様に定める。

所定の年限在学し、修了に必要な所定の単位を修得しなければならない。さらに、公聴会において博士論文を発表し、指導教員を含む複数の審査委員からなる審査に合格しなければならない。学生が自らの研究テーマに主体的に取り組み、専門的な知識と論理的な考察に基づいた研究成果を得て、その内容を判り易く発表し、質疑応答も適切であり自立した研究者となり得る資質を有し、ならびに当該の研究成果が学術論文などにより公表され、生物科学の進歩に有意な貢献をするものである。これらを確認する事を審査の基本方針とする。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

現代の生物科学では、主に分子レベルの解析手法を用いて遺伝子、タンパク質、細胞小器官、細胞、組織・臓器、などの各階層レベルで生物の構造と機能を考究する方向性と、地球環境や生物資源の保全を念頭におき、生態学や進化学の視点から個体や集団レベルでのマクロな生命現象を追求しようとする方向性があるが、これら両者は相互に関係している。たとえば細胞分化による個体発生と系統発生(進化)による種の分化では時間軸が大きく異なるが、いずれも発現する遺伝子の組み合わせと変異により、その多様性が生み出される。これを踏まえ、本専攻では前者に対応する生体分子科学領域および分子細胞生物学領域、後者に対応する生物環境科学領域、に重点を置いた教育課程を編成する。生体分子科学領域では生体分子間の相互作用に着目し、タンパク質やペプチドなどの生体分子の構造と機能、光刺激に対する細胞応答の分子機構等についての研究を行う。分子細胞生物学領域においては、神経やホルモンによる情報伝達系のしくみ、分子進化の機構、臓器や組織の形成機構、環境変異源物質や放射線のストレスに対する細胞応答、などの高次生命現象を研究する。生物環境科学領域においては、植物の成長、植物の多様性と種の分化、昆虫の行動や生態、などを対象にした室内実験、野外調査(フィールドワーク)、理論的研究などを行う。さらに研究者倫理を養成するための「研究倫理」科目を大学院共通科目として設置している。

博士前期課程

博士前期課程においては、生物科学を構成する個別専門分野における基本体系の理解に重点をおき、生物科学のみならず、環境科学などの学際的科学にも対応できる感覚を身に付けた高度の専門的職業人の育成をめざす教育課程を編成する。

博士後期課程

博士後期課程においては、生物科学のより高度な専門的な知識および技術を有する研究者を養成するための教育課程を編成する。各大学院学生に独立した研究課題を設定し、「研究企画ゼミナール」を通して、研究計画の立案について指導し、さらに研究の遂行、研究結果の解釈、学位論文作成などに関する助言を与え、高度な専門知識と柔軟な思考力を合わせ持ち、自ら研究課題を発見し解決する能力を身に付けた研究者、技術者を育成するための教育課程を編成する。

アドミッション・ポリシー(学生受入の方針)

博士前期課程

本専攻では、分子から生態系までの階層構造をもつ生命現象を、普遍性と多様性の視点から総合的に理解することができる基礎力を育成し、その上に立って、高度な研究を行うために必要な手法と分析力を養うことを目標に教育研究を行う。

世界レベルの最先端の生物科学の研究に携わることを通して、生物や生命現象の本質を捉えるために必要な能力と洞察力、英語によるコミュニケーション能力を重点的に鍛錬し、課題発見能力と問題解決能力を備えた人材を育成する。

したがって、生物科学専攻では、次のような学生を求める。

  • 大学の理系学士課程において生化学、分子細胞生物学、有機化学、物理化学、生態学および進化系統学などを履修し、生物科学の専門家になるための基礎学力を有している人
  • 研究活動に必要な科学英語の基礎学力を有している人
  • 生物とその関連分野における専門的知識と技能を身に付け、それを背景にして将来社会に幅広く貢献したいと思っている人
  • 知識を積み上げるだけでなく複雑な事実関係を統合する能力、論理的解釈・洞察能力を身に付ける意欲をもっている人
  • 自らの考えを伝えるとともに、他者の意見を理解するコミュニケーション能力を身に付けようと考えている人

以上に基づき、次の能力や適性を身に付けた学生を選抜する。

  • 生物科学および関連科学分野の基礎学力を備えていること
  • 英文等で書かれた学術論文を読むための語学力を備えていること
  • 研究に対する意欲と具体的な展望を持ち、研究のために必要な論理的思考力を有すること
  • 教員や学生同士との議論をできるコミュニケーション能力を有すること

博士後期課程

本専攻では、教員の指導のもとに、各自がそれぞれの分野における未解決の重要な課題を設定し、最先端の生物科学の研究を遂行することを通して、生物や生命現象の本質を捉えるために必要な能力と洞察力を養う。

研究の遂行能力に加えて、新たな研究計画の立案と評価を行うための能力、英語によるコミュニケーション能力やディスカッション能力を鍛錬し、国際会議での研究発表や短期海外留学を積極的に行うことにより、世界に通じる自立した高度専門職業人・研究者を育成する。

したがって、生物科学専攻では、次のような学生を求める。

  • 理系の大学院博士前期課程において生物科学、その関連分野での教育課程を修了しているか、もしくはそれと同等の能力を身に付けている人
  • 自然科学研究に必須な分析力、思考力、論理構築力をもち、自ら研究を立案計画し実施することができる人
  • 英語の論文や報告書を読み、英語で研究成果を発表するための能力がある人
  • 研究成果を適切にまとめることができるとともに、他者の意見を理解し、議論できるコミュニケーション能力を身に付けている人
  • 生物科学とその関連分野における高度な専門的知識と技能を身に付け、それを背景にして将来社会に幅広く貢献することをめざしている人
  • 共同研究などで相互の役割を理解し、協力して研究推進、研究議論、研究成果の取り纏めができる能力を有している人

以上に基づき、次の能力や適性を身に付けた学生を選抜する。

  • 大学院の博士前期課程修了程度以上の生物科学および関連科学分野の基礎学力を備えていること
  • 英語論文の読解力を持つとともに、英語による表現能力を有していること
  • 教員や学生同士との議論を通じて自然現象、とくに生物科学に関する現象を深く考察できる論理的思考力とコミュニケーションの能力を備えていること
  • 知的好奇心を持ち専門分野あるいは関連する分野について、博士前期課程修了程度以上の研究能力を持ち、自ら研究を立案・計画・遂行できる能力を備えていること