学域・大学院・機構

理学系研究科の教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

教育目的

博士前期課程

研究科博士前期課程は、先端技術の発展の基盤となる基礎科学分野の広範な専門知識の教授と研究指導を通して、主体的な探求心を育み、高い学識と創造力、倫理観を有し、社会の変化に柔軟に対応できる人材を育成する。

博士後期課程

博士後期課程は、基礎科学分野の高度な専門知識の教授と研究指導を通して、新たな研究計画の立案や評価を行うための能力、ディスカッション能力を身に付け、研究開発において主導的な役割を果たし、かつ高い倫理観を持った、社会の発展に寄与しうる自立した人材を育成する。

教育目標

博士前期課程

主体的な探究心を育み基礎科学分野の専門的知識を修得させるとともに、豊かな教養と高い倫理観を有し、社会の変化に柔軟に対応できる高度専門職業人・研究者の育成をめざす。自然の法則や数学的手法に基づいて地球環境問題の解決や情報化社会の発展に貢献できる高度な教育研究を推進する。

博士後期課程

主体的な探究心を育み基礎科学分野の高度な専門的知識を修得させるとともに、豊かな教養と高い倫理観、創造力を有し、社会の変化に柔軟に対応し、世界で活躍できる高度専門職業人・研究者の育成をめざす。自然の法則や数学的手法に基づいて地球環境問題の解決や情報化社会の発展に貢献できる最先端の教育研究を推進する。

ディプロマ・ポリシー(学修評価・学位の授与方針)

博士前期課程

理学系研究科は、主体的な探究心を育み基礎科学分野の高度な専門知識を修得させるとともに、豊かな教養と高い倫理観、創造力を有し、社会の変化に柔軟に対応できる研究者・技術者の育成をめざしている。この教育目標に照らして、十分な知識・能力が獲得できたかを判定するため、博士前期課程を修了するための要件を次の様に定める。

所定の年限在学し、修了に必要な所定の単位を修得しなければならない。さらに、学生は修士論文発表会(または審査会)において修士論文を発表し、指導教員を含む複数の審査委員からなる審査に合格しなければならない。

博士後期課程

理学系研究科は、主体的な探究心を育み基礎科学分野の高度な専門知識を修得させるとともに、豊かな教養と高い倫理観、創造力を有し、社会の変化に柔軟に対応できる研究者・技術者の育成をめざしている。この教育目標に照らして、十分な知識・能力が獲得できたかを判定するため、博士後期課程を修了するための要件を次の様に定める。

博士後期課程においては、所定の年限在学し、修了に必要な所定の単位を修得しなければならない。さらに、公聴会において博士論文を発表し、指導教員を含む複数の審査委員からなる審査に合格しなければならない。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

少人数教育の特徴を最大限に活用し、密度濃い双方向の教育をおこなう。事象や物質の本質を洞察し理解する論理的思考力とコミュニケーション能力を鍛錬するとともに、基礎科学の深い知識とその応用への視点も併せ持つ人材の育成を念頭に置き次のような教育課程を編成する。

博士前期課程

  • 基礎科学分野の広範な専門知識と調査・研究方法、研究者倫理を身に付けるための授業科目を配置する。
  • ディスカッション能力、発表能力、問題解決能力、論理的思考力を身に付けるための授業科目を配置する。
  • 科学分野における英語での論文執筆能力、コミュニケーション能力を身に付けるための授業科目を配置する。

博士後期課程

  • 基礎科学分野の広範な専門知識と調査・研究方法、研究者倫理を身に付けるための授業科目を配置する。
  • ディスカッション能力、発表能力、問題解決能力、論理的思考力を身に付けるための授業科目を配置する。
  • 科学分野における英語での論文執筆能力、コミュニケーション能力を身に付けるための授業科目を配置する。
  • 新たな研究計画を企画・立案・評価する能力を身に付けるための授業科目を配置する。

アドミッション・ポリシー(学生受入の方針)

博士前期課程

本研究科では、主体的な探究心を育み基礎科学分野の高度な専門的知識を修得させるとともに、豊かな教養と創造力を有し、社会の変化に柔軟に対応できる研究者・技術者の育成をめざす。

少人数教育の特長を最大限に活用し、密度の濃い双方向型の教育を行う。事象や物質の本質を洞察し理解する論理的思考力とコミュニケーション能力を鍛錬するとともに、基礎科学の深い知識とその応用への視点も併せ持つ人材の育成を念頭に置き教育課程を編成している。

本研究科では、主体的な探究心を育み基礎科学分野の高度な専門的知識を修得させるとともに、豊かな教養と創造力を有し、社会の変化に柔軟に対応できる研究者・技術者の育成をめざす。

このような能力を有する学生を受け入れるため、本研究科は入学者に次の3点を求める。

  • 論理的思考力と自ら進んで学ぶ探求心を有している人
  • 専攻する学問分野の基礎と英語論文の読解力を十分に修得している人
  • 専門分野への強い関心と基礎的な研究能力を有している人

以上に基づき、次の能力や適性を身に付けた学生を選抜する。

  • 各専攻の研究・教育に必要な基礎学力を備えていること
  • 英文等で書かれた学術論文を読むための語学力を備えていること
  • 研究に対する意欲と具体的な展望を持ち、研究のために必要な論理的思考力を有すること
  • 教員や学生同士との議論をできるコミュニケーション能力を有すること

博士後期課程

本研究科では、主体的な探究心を育み基礎科学分野の高度な専門的知識を修得させるとともに、豊かな教養と創造力を有し、社会の変化に柔軟に対応できる研究者・技術者の育成をめざしている。

少人数教育の特長を最大限に活用し、密度の濃い双方向型の教育を行う。事象や物質の本質を洞察し理解する論理的思考力とコミュニケーション能力を鍛錬するとともに、基礎科学の深い知識とその応用への視点も併せ持つ人材の育成を念頭に置き教育課程を編成している。

基礎科学分野の研究者・技術者をめざすためには、柔軟な発想と論理的思考にもとづく課題発見能力と問題解決能力が必要である。

このような能力を有する学生を受け入れるため、本研究科は次の3点を求める。

  • 大学院の博士前期課程修了程度以上の基礎学力と,英語論文の読解力を持つとともに、英語による表現能力を有している人
  • 論理的思考力と知的好奇心を持つ人
  • 自ら進んで専門科学分野を学ぶ探究心を持つ人
  • 教員や学生同士との議論を通じて自然現象、とくに専門科学分野に関する現象を深く考察できる人
  • 専門分野あるいは関連する分野について、博士前期課程修了程度以上の研究能力を持ち、自ら研究を立案・計画・遂行できる能力を持つ人

以上に基づき、次の能力や適性を身に付けた学生を選抜する。

  • 大学院の博士前期課程修了程度以上の専門科学分野の基礎学力を備えていること
  • 英語論文の読解力を持つとともに、英語による表現能力を有していること
  • 教員や学生同士との議論を通じて自然現象、とくに専門科学分野に関する現象を深く考察できる論理的思考力とコミュニケーションの能力を備えていること
  • 知的好奇心を持ち専門分野あるいは関連する分野について、博士前期課程修了程度以上の研究能力を持ち、自ら研究を立案・計画・遂行できる能力を備えていること