学域・大学院・機構

生命環境科学研究科の教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

教育目的

博士前期課程

研究科博士前期課程は、生命環境科学の広範な専門知識の教授と研究指導を通して応用生命科学あるいは緑地環境科学の専門領域についての知識と技術、高い倫理観を身に付け、社会の多方面で活躍できる人材を育成する。

博士後期課程

博士後期課程は、前期課程での教育を基礎として、より研究活動に重点をおいた教育を行い、専門領域における高度な知識や技術、高い倫理観を持ち、総合的な視野や深い洞察力、独創性や自立的研究能力を身に付けた人材を育成する。

博士課程

獣医学博士課程は、応用動物科学を基に、高度獣医臨床、人獣共通感染症を含む環境リスク、食の安全性確保、動物バイオテクノロジーなどの現在社会の高度な要請に応えうる、高い倫理観を持つ人材を育成する。

教育目標

生命環境科学研究科では、微生物、植物、動物といった生命体の多様な機能・性状や、生命体により創出される生態系を生命科学の視点から俯瞰的に探究する。さらに、得られた学術情報を持続可能な人類の発展と真に豊かな社会の構築に活用することで、永続的に繁栄できる基盤となる健全な生命環境を構築することをめざし、以下を教育目標とする。

  • 生物の正常や異常状態での生命現象の解明と、その利用をめざしたバイオサイエンス・バイオテクノロジー、そして生命体を取り巻く環境としての緑地環境の保全創成について、研究者倫理を含め、高度な教育研究を行う。
  • 人類の知の資産としての科学の発展に寄与するために、生命環境分野における国際水準の研究を推進し、新しい産業や社会経済システムの創出につながる独創的な研究開発を展開することで、地域社会の発展に貢献する。
  • 博士前期課程では、幅広い関連学問領域についての高度な専門知識と技術を身に付けるための教育を行い、社会の多方面で活躍できる高度専門職業人を養成する。
  • 博士後期課程と博士課程では、研究活動により重点をおいた高度な専門教育を行い、専門性の高い卓越した学術研究を担う国際的なリーダーとなり得る研究者を養成する。

ディプロマ・ポリシー(学修評価・学位の授与方針)

博士前期課程

生命環境科学研究科は、以下に従って学位を授与する。

  • 所定の年限在学し、本研究科の教育研究の理念や目的に沿った教育課程を修了し、本研究科が定める修士論文の審査および最終試験に合格することを、博士前期課程を修了するための要件とする。
  • 地域社会や企業などの多方面で「高度専門職業人」として活躍するために、専門学問領域について主体的に研究する能力を備え、幅広い関連学問領域についての専門知識と技術、高い倫理観を身に付けていることを、博士前期課程を修了するための要件とする。

博士後期課程・博士課程

生命環境科学研究科は、以下に従って学位を授与する。

  • 所定の年限在学し、本研究科の教育研究の理念や目的に沿った教育課程を修了し、本研究科が定める博士論文の審査および最終試験に合格することを、博士後期課程または博士課程を修了するための要件とする。
  • 21世紀の学問研究を担いうる広い視野と深い専門的学識を備えた研究者として活躍するために、独創的でかつ柔軟性に優れ、自立的研究能力を備え、幅広い関連学問領域についての専門知識と技術、高い倫理観を身に付けていることを、博士後期課程または博士課程を修了するための要件とする。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

博士前期課程

生命環境科学研究科は、学位授与の方針を踏まえ、以下の方針に従って教育課程を編成し教育を行う。

  • 学士課程教育との連携を保ちながら、幅広い関連学問領域についての専門知識と技術を習得させる。
  • 自立性と創造性を育て、主体的に考え表現する力を養成する。
  • 専門性だけでなく周辺学問領域についての理解と独創的な研究開発能力を備え、かつ豊かな学識や研究倫理を持った研究者や高度専門職業人を養成する。
  • 英語によるコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を身に付けさせることによって、国際的にも活躍できる人材を養成する。
  • 科学技術や学術研究の本質についての深い理解を追求し、真理を実証的に探究する精神を養成する。

博士後期課程・博士課程

  • 博士後期課程においては前期課程での教育を基礎として、より研究活動に重点をおいた教育を行い、高度な学術研究を担う研究者を養成する。
  • 独創的でかつ柔軟性に優れた、自立的研究能力を有する人材を養成する。
  • 幅広い関連学問領域についての専門知識と技術を身に付け、豊かな学識や研究倫理を持ち、総合的な視野と深い専門的学識を備えた研究者を養成する。
  • 英語によるコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を持ち、自らの研究成果を世界に発信し、国際的に活躍しうる、高度な学術研究を担う研究者を養成する。
  • 科学技術や学術研究の本質についての深い理解を追求し、真理を実証的に探究する精神を養成する。

アドミッション・ポリシー(学生受入の方針)

生命環境科学研究科は、生物の多彩な生命現象・機能の解明と利用をめざしたバイオサイエンス・バイオテクノロジー、持続的な生命環境の保全創成などについての高度な専門教育を行い、先進的な技術開発や研究、学術の発展に貢献できる人材、幅広い視野、高い倫理観と深い洞察力を持ち独創的な研究能力を備えた国際的リーダーとなりうる高度技術者・研究者の養成をめざす。

したがって、生命環境科学研究科では、次のような学生を求める。

  • 生命現象、生命機能、生命環境について深い関心と理解がある人
  • 論理的な思考力と自ら学ぶ探求心を備えている人
  • 専攻する学問分野の基礎と英語についての十分な能力を身に付けている人