学域・大学院・機構

社会福祉学専攻の教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

教育目的

博士前期課程

博士前期課程では、社会福祉に関連する理論、政策、実践、援助技術に関する専門的な知識と課題把握力、分析力、対応検討力、システム構築力を備え、あわせて、高い倫理観を持ち、社会福祉の具体的な方向を示すことができる力量を持った人材を育成する。

博士後期課程

博士後期課程では、社会福祉に関連する理論、政策、実践、援助技術に関するより高度な知識と課題把握力、分析力、対応検討力、システム構築力を十分に備え、あわせて、高い倫理観を持ち、社会福祉の具体的な方向を独自に示すことができる力量を持った人材を育成する。

教育目標

博士前期課程

社会福祉学専攻は、上記の理念および教育目的を達成するため、社会福祉の援助方法と政策運営に関する授業、研究指導を行い、多様性のある社会福祉の教育を進める。具体的な教育目標を次のように設定する。

  • 社会福祉に関する諸事象を的確に理解し、分析し、課題を整理することができる、問題発見・提示に関する能力を身に付ける。
  • 把握した社会福祉に関する課題に対して、社会的諸条件を考慮しつつ、具体的、現実的、科学的な解決策を検討し、明示し、発信できる能力を身に付ける。
  • 学生の研究課題に応じた研究指導体制のもと、学生自らが研究課題を明確にできるようになる。
  • 自らの研究課題に関する先行研究の精査を不足なく行い、当該課題の学術的到達点を考察できるようになる。
  • これまでの学術的到達点をふまえて、論文で何を明らかにするのかという基本的な問いを適確に示せるようになる。
  • 専門的な研究のためのさまざまな方法論を知り、倫理面も含めて自らの課題の追究にふさわしい方法を選択し、その方法で研究を遂行する技術を習得する。
  • 研究によって得られた結果を明確に示し、それをもとに考察や検討を行えるようになる。
  • 論文によって示された知見が、社会福祉学において有意義なものであることを説得的に示せるようになる。

博士後期課程

社会福祉学専攻は、上記の理念および教育目的を達成するため、社会福祉の援助方法と政策運営に関するより高度な授業、研究指導を行い、博士前期課程で培った多様性のある社会福祉の見識をより徹底的に深化させる。具体的な教育目標を次のように設定する。

  • 社会福祉に関する研究課題において、自ら新しい問題を把握、設定して、それを解決する有用な方法を開発しうる創造的な知性を養成する。
  • 学生の研究領域に応じた指導教員を配置することで、各自が必要な知識・技術を習得し、高度かつ専門的な研究を行うためにテーマを絞ることを可能にする。
  • 専門的な研究のための方法論に関して十分に理解し、倫理面も含めて自らの課題の追究にふさわしい方法を選択し、その方法で研究を遂行する高度な技術を習得できるようにする。
  • 自らの研究課題に関連する領域の先行研究を十分に精査し、当該課題の学術的到達点に関して批判的に検討できるようにする。
  • 適確な文献、データ、資料を用いた論文の展開が、全体として十分な整合性があり、そこから引き出される結論が説得的なものとなるようにする。
  • 十分に検討された明確な問題意識にもとづき科学的、合理的な研究を進めることで、独創性のある新しい知見を示すことができるようにする。
  • 論文によって示された内容が、社会福祉学の発展に貢献できる学術的価値があるものとなるようにする。

ディプロマ・ポリシー(学修評価・学位の授与方針)

博士前期課程

社会福祉学専攻博士前期課程は、人間や社会に関する多様な学問領域の高度に専門的な知識を横断的、複合的に身に付けて、知的分析力、構成力、情報発信能力を養い、社会福祉領域における諸問題の解決に向けて、具体的な展望を提示することができる人材の育成を目的とし、これを達成するための教育課程(カリキュラム)を編成し、実施している。

課程修了の認定と学位授与の決定は、次のような方針にもとづいて行う。

  • 所定の年限在学し、本研究科・専攻が掲げる教育理念・目的に沿って設定した授業科目を履修し、必修を含む31単位以上を修得することとする。加えて、研究指導を受けて修士論文を作成し、論文の審査および最終試験に合格することが、課程を修了して修士の学位を授与されるための要件である。
  • 学士課程教育で身に付けた専門知識の基礎を踏まえて、より見識を広げ、方法論を深化させ、人文社会諸科学の知識を活かして社会福祉に寄与できる能力を有するかどうかが、課程修了の目安となる。

博士後期課程

社会福祉学専攻博士後期課程は、人間や社会に関する多様な学問領域のより高度な学術的探究を進め、専門的、科学的な展望を提示するに必要な、知的分析力、批判能力、論理的構成力、言語運用能力、情報発信能力を養い、社会福祉領域における諸問題の解決に向けて、取り組むことができる人材の育成を目的とし、これを達成するための教育課程(カリキュラム)を編成し、実施している。

課程修了の認定と学位授与の決定は、次のような方針にもとづいて行う。

  • 所定の年限在学し、本研究科・専攻が掲げる教育理念・目的に沿って設定した授業科目を履修し、必修を含む17単位以上を修得することとする。加えて、研究指導を受けて博士論文を作成し、論文の審査および最終試験に合格することが、課程を修了して博士の学位を授与されるための要件である。
  • 研究者として自立して活動し、あるいは高度な知的専門職に従事するために必要な知識と能力を身に付け、社会福祉領域における諸問題の解決に向けて、取り組むことができるかどうかが、課程修了の目安となる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

博士前期課程

社会福祉学専攻博士前期課程は、人間や社会に関する多様な学問領域の高度に専門的な知識を横断的、複合的に身に付けて、知的分析力、構成力、情報発信能力を養い、社会福祉領域における諸問題の解決に向けて、具体的な展望を提示することができる人材の育成を目的とし、次の教育目標に基づいてカリキュラムを編成する。

社会福祉学専攻は、社会福祉の援助方法と政策運営に関する授業、研究指導を行い、多様性のある社会福祉の教育を進める。

具体的な教育目標を次のように設定する。

  • 社会福祉に関する諸事象を的確に理解し、分析し、課題を整理することができる、問題発見・提示に関する能力を養成する。
  • 把握した社会福祉に関する課題に対して、社会的諸条件を考慮しつつ、具体的、現実的、科学的な解決策を検討し、明示し、発信できる能力を養成する。
  • 学生の研究課題に応じた研究指導体制のもと、学生自らが研究課題を明確にできるようにする。
  • 自らの研究課題に関する先行研究の精査を不足なく行い、当該課題の学術的到達点を考察できるようにする。
  • これまでの学術的到達点をふまえて、論文で何を明らかにするのかという基本的な問いを適確に示せるようにする。
  • 専門的な研究のためのさまざまな方法論を知り、倫理面も含めて自らの課題の追究にふさわしい方法を選択し、その方法で研究を遂行する技術を習得できるようにする。
  • 研究によって得られた結果を明確に示し、それをもとに考察や検討を行えるようにする。
  • 論文によって示された知見が、社会福祉学において有意義なものであることを説得的に示せるようにする。

博士後期課程

社会福祉学専攻博士後期課程は、人間や社会に関する多様な学問領域のより高度な学術的探究を進め、専門的、科学的な展望を提示するに必要な、知的分析力、批判能力、論理的構成力、言語運用能力、情報発信能力を養い、社会福祉領域における諸問題の解決に向けて、取り組むことができる人材の育成を目的とし、次の教育目標に基づいてカリキュラムを編成する。

社会福祉の援助方法と政策運営に関するより高度な授業、研究指導を行い、博士前期課程で培った多様性のある社会福祉の見識をより徹底的に深化させる。

具体的な教育目標を次のように設定する。

  • 社会福祉に関する研究課題において、自ら新しい問題を把握、設定して、それを解決する有用な方法を開発しうる創造的な知性を養成する。
  • 学生の研究領域に応じた指導教員を配置することで、各自が必要な知識・技術を習得し、高度かつ専門的な研究を行うためにテーマを絞ることを可能にする。
  • 専門的な研究のための方法論に関して十分に理解し、自らの課題の追究にふさわしい方法を選択し、その方法で研究を遂行する高度な技術を習得できるようにする。
  • 自らの研究課題に関連する領域の先行研究を十分に精査し、当該課題の学術的到達点に関して批判的に検討できるようにする。
  • 適確な文献、データ、資料を用いた論文の展開が、全体として十分な整合性があり、そこから引き出される結論が説得的なものとなるようにする。
  • 十分に検討された明確な問題意識にもとづき科学的、合理的な研究を進めることで、独創性のある新しい知見を示すことができるようにする。
  • 論文によって示された内容が、社会福祉学の発展に貢献できる学術的価値があるものとなるようにする。

アドミッション・ポリシー(学生受入の方針)

博士前期課程

社会福祉学専攻では、社会福祉にかかわる諸テーマを深く理解し、社会福祉の価値を基礎としながら、新たなよりよい課題解決に向けて主体的に取り組むことのできる専門的能力を持つ人材を育成する。

そのために、本専攻では社会福祉に広く関連する領域の最新の専門知識の教授と個々の研究テーマを社会福祉の文脈で追究することを重視した研究教育を行う。

したがって、本専攻では次のような学生を求める。

  • 現代の社会や人間に関する諸課題について学問的な知識を持ち、問題の解決に主体的に取り組む意欲のある人
  • 社会福祉にかかわる事象を多角的な視野から探求していくことのできる思考力や論理的能力を備えた人
  • 社会福祉の価値や政策、サービス、援助技術に関して専門的な知識や実践力を備え、その社会的活用を志向する人
  • 当事者や実践者を含む幅広い人々と対話を通して関係を生み出し、連携・協働の構築を指導的に進めることをめざす人

以上に基づき、本専攻にふさわしい学生を迎えるため、次の1~5の能力や適性を身に付けた学生を選抜する。

  • 現代の社会や人間に関する諸課題について主体的に問題の解決に取り組む意欲を持っていること
  • 専門的な研究のための多様な方法論の中から、自らの課題の追究にふさわしい方法を選択し、その方法で研究を遂行する具体的なスキルに習熟することを志向していること
  • 関連する領域における先行研究を調査し、文献、データ、資料を収集、検討する方法論を学ぼうとする意欲を持っていること
  • 自らの研究成果を論理的に構成、展開し、表現する能力を備えていること
  • 語学力を含むコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力を備えていること

博士後期課程

社会福祉学専攻では、博士前期課程教育の基礎の上に立ち、社会福祉にかかわる諸テーマを深く理解し、社会福祉の価値を基礎としながら、新たなよりよい課題解決に向けて自立的、主体的に取り組むことのできる専門的能力、研究的能力を持つ人材を育成する。

そのために、本専攻では社会福祉の最新の専門知識の教授とともに個々の研究テーマを社会福祉の文脈で自立して研究できることをめざした教育を行う。

したがって、本専攻では次のような学生を求める。

  • 現代の社会や人間に関する諸課題について学術的な専門知識を持ち、問題の解決に主体的に取り組む意欲のある人
  • 社会福祉にかかわる事象を多角的な視野から深く探求していくことのできる学問的知識と論理的能力を備えた人
  • 社会福祉の価値や政策、サービス、援助技術に関して高度に専門的な知識や実践力を備え、その社会的活用を志向する人
  • 当事者や実践者、研究者を含む幅広い人々と対話を通して関係を生み出し、専門的、研究的な連携・協働の構築を指導的に進めることをめざす人

以上に基づき、本専攻にふさわしい学生を迎えるため、次の1~5の能力や適性を持つ学生を選抜する。

  • 自らの研究課題において、新しい問題を発見して解決したうえで、さらに新しい研究領域を開拓していこうとする強い志向を持っていること
  • 専門的な研究のための方法論に心を留め、自らの課題を追究するための研究方法を探求しようとする志を持っていること
  • 関連する領域における先行研究を・批判的に検討する批評精神を備え、文献、データ、資料を丁寧に収集しようとする強い忍耐心を有していること
  • 社会福祉の諸課題のよりよい解決へ向けての高い研究遂行能力があること
  • 自らの研究成果を社会に向けて発信するために必要な、語学力を含むコミュニケーション能力を備えていること