学域・大学院・機構

人間社会システム科学研究科の教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

教育目的

博士前期課程・修士課程

研究科博士前期課程および修士課程は、専門的学術の基礎を培い、学識を拡大・深化させ、諸科学の知識を活かし、高い倫理観をもって多方面で社会に寄与できる人材を育成する。

博士後期課程

博士後期課程は、専門的学術の探究を進め、高い学識および倫理観をもって人文社会諸科学の発展に寄与できる責任ある人材を育成する。

教育目標

博士前期課程・修士課程

  • 学士課程で身に付けた基礎的な知識を踏まえ、自らの専門領域について高度な知識を修得するとともに、他の専門領域との関連について把握できるような幅広い知識を身に付ける。
  • 自らの専門領域における研究の方法論を修得するとともに、先行研究の知見を踏まえて論理的な分析、考察を行う能力を身に付ける。
  • 自らの研究成果を論理的に構成し、説得力のある形で表現する能力を身に付ける。
  • 研究公正に関する理解に基づき、高い倫理観をもって研究を遂行するための素養を身に付ける。

博士後期課程

  • 博士前期課程で身に付けた専門的知識を踏まえ、自らの専門領域において新たな課題を発見し、探究を進める創造的な知性を身に付ける。
  • 自らの研究課題について、適切な研究方法を自ら選択し、自律的に研究を継続する能力を身に付ける。
  • 自らの研究成果について、高度な論理性と説得力をもって表現し、的確に発信する能力を身に付ける。
  • 研究公正に関する深い理解に基づき、高い倫理観をもって研究を継続し、研究成果を社会に還元することができる能力を身に付ける。

ディプロマ・ポリシー(学修評価・学位の授与方針)

博士前期課程・修士課程

  • 所定の年限在籍し、各専攻が掲げる教育目標に沿って設定した授業科目を履修し、各専攻で定める単位を修得することとする。加えて、研究指導を受けて修士論文を作成し、論文審査に合格することが、課程を修了して修士の学位を授与されるための要件である。
  • 学士課程教育で身に付けた専門知識の基礎を踏まえて、より見識を広げ、方法論を深化させ、培った学知を活かして多方面で社会に寄与できる能力を有するかどうかが、課程修了の目安となる。

博士後期課程

  • 所定の年限在籍し、各専攻が掲げる教育目標に沿って設定した授業科目を履修し、各専攻で定める単位を修得することとする。加えて、研究指導を受けて学位授与申請論文を作成し、定められた年限内に論文審査に合格することが、課程を修了して博士の学位を授与されるための要件である。なお、学位授与申請論文は、各専攻で定める審査基準に照らして審査される。
  • 博士前期課程教育で身に付けた高度な専門知識を踏まえて、研究者として自立して活動し、あるいは高度な知的専門職に従事するために必要な知識と能力を身に付けているかどうかが、課程修了の目安となる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

博士前期課程・修士課程

人間社会システム科学研究科博士前期課程および修士課程のカリキュラムは、次の教育目標に基づいて編成される。

  • 学士課程で身に付けた基礎的な知識を踏まえ、自らの専門領域について高度な知識を修得するとともに、他の専門領域との関連について把握できるような幅広い知識を身に付ける。
  • 自らの専門領域における研究の方法論を修得するとともに、先行研究の知見を踏まえて論理的な分析、考察を行う能力を身に付ける。
  • 自らの研究成果を論理的に構成し、説得力のある形で表現する能力を身に付ける。
  • 研究公正に関する理解に基づき、高い倫理観をもって研究を遂行するための素養を身に付ける。

博士後期課程

人間社会システム科学研究科博士後期課程のカリキュラムは、次の教育目標に基づいて編成される。

  • 博士前期課程で身に付けた専門的知識を踏まえ、自らの専門領域において新たな課題を発見し、探求を進める創造的な知性を身に付ける。
  • 自らの研究課題について、適切な研究方法を自ら選択し、自律的に研究を継続する能力を身に付ける。
  • 自らの研究成果について、高度な論理性と説得力をもって表現し、的確に発信する能力を身に付ける。
  • 研究公正に関する深い理解に基づき、高い倫理観をもって研究を継続し、研究成果を社会に還元することができる能力を身に付ける。

アドミッション・ポリシー(学生受入の方針)

科学技術の発達、生産・流通・情報通信のグローバル化、都市化の進展、地域社会の変容といった現代世界に特徴的な動きは、恩恵や利便をもたらす一方で、軋轢や格差の増幅、自然環境の変動による危機も生み出しながら進み、人間の生活を大きく変えつつある。

大規模で根源的な変化のなかで、従来からあった社会的対立や不条理があらわになり、新しく生じた矛盾も加わって、これまでの知識と価値観では理解も対応も困難な問題群を私たちは抱えることになった。社会的公正の実現が難しくなり、個人は未知の不安や恐怖を経験している。

諸科学によるこれまでの知的な積み上げをどう活かすか、どう変えていくかが問われてもいる。人類的規模で経験する変化の時代における喫緊の課題は、変化の意味と矛盾を見極め、グローバルな視点に立って問題群に対応し、持続可能な社会の実現に貢献しうる、力ある闊達な知の創成であるのはまちがいなく、それは地域社会の活性化にも繋がるはずである。

そのような知を創成するためには、人間、社会、自然、科学技術の諸相について、現象を多様な要素の相互作用からなるシステムとして捉える視座から過去の検証と現在の分析を重ね、未来を展望することが求められる。

人間社会システム科学研究科は、こうした課題に積極的に向き合い、諸科学の深化・発展に寄与し、持続可能な社会の実現に貢献する意欲的な知性の養成を責務としている。

こうした観点から、次のような能力と姿勢を持つ学生を歓迎する。

  • 基礎的な研究能力を備え、異なる領域の研究成果への関心と理解力、および具体的な問題への応用力を有していること
  • 論理的思考力を備え、公正で多角的な視点に立つ探究心を有していること
  • 最新の知見から学ぶ意欲と向上心を持ち、持続可能な社会の実現と次世代への知的継承に積極的な姿勢を有していること

本研究科では、地域と世界に開かれた学府として積極的に知の交流を行い、上記の責務を果たすことに全力で取り組む。