学域・大学院・機構

物質・化学系専攻の教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

教育目的

博士前期課程

物質文明が新しい時代を迎え、資源・エネルギー・環境が地球的な規模で問題となる中にあって、人類社会の持続的発展には人と環境に優しい新素材の開発および有限資源の有効かつ循環的な活用が不可欠であり、それを可能とする新しい物質に関する科学と技術を創造し、地球環境と調和した豊かな社会の構築に貢献する、優れた高度専門職業人・研究者の育成をめざす。無機物質・有機物質・高分子・金属・セラミックスなどを対象とし、新物質、新素材、新材料の創成やその工業生産のための新技術、新概念の創出、さらに資源循環を総合的に含む生産プロセスの構築をめざした先導的な研究を推進するための高度な専門教育を行い、豊かな人間性と高い倫理観を備えた、社会の発展に貢献する人材の育成を目的とする。

博士後期課程

物質文明が新しい時代を迎え、資源・エネルギー・環境が地球的な規模で問題となる中にあって、人類社会の持続的発展には人と環境に優しい新素材の開発および有限資源の有効かつ循環的な活用が不可欠であり、それを可能とする新しい物質に関する科学と技術を創造し、地球環境と調和した豊かな社会の構築に貢献する、豊かな人間性と高い倫理観を備えた、優れた高度専門職業人・研究者の育成をめざす。無機物質・有機物質・高分子・金属・セラミックスなどを対象とし、新物質、新素材、新材料の創成やその工業生産のための新技術、新概念の創出、さらに資源循環を総合的に含む生産プロセスの構築をめざした先導的な研究を推進するための高度な専門教育を行い、社会の発展に貢献するとともに、物質に関する科学と技術に関連する未踏の工学領域を開拓できる人材の育成を目的とする。

教育目標

博士前期課程

応用化学分野

  • 化学に関する高度な専門知識・技術を広く学び、化学技術者として、研究課題を展開させる能力を養う。
  • 物質の構造、反応、性質を原子・分子レベルで理解するために必要な化学の基礎知識と基礎能力を習得する。
  • 化学技術者として必要な日本語能力および英語能力を養う。
  • 自ら遂行した研究の成果を論文にまとめるとともに、化学関連の学会・研究会等で発表・討論する能力を養う。
  • 化学が社会および自然に及ぼす影響について把握し、化学技術者として社会に貢献する使命感、高い倫理観のある判断力を養う。

化学工学分野

  • 化学的、物理的、生物学的生産プロセスや、それらの複合プロセスの基礎となる各種素過程の平衡論的、速度論的な解析力と応用力を養う。
  • 資源循環を考慮した物質やエネルギーの生産プロセスに対する最適化および設計手法を修得させる。
  • 化学工学だけでなく、社会の変化と科学技術の急速な進歩に主体的に対応できる幅広い視野、広範囲な基礎学力および柔軟な思考力を養う。
  • 修士研究等を通して、問題解決のための調査・研究の手法を修得させ、基礎的研究能力を養うとともに、化学工学の広範な問題に取り組み、解決することのできる能力を身に付けさせる。
  • 日本語能力、英語能力の向上を図り、会話・読解能力、学術論文や技術資料の調査・分析能力を養うとともに、自ら遂行した研究の成果を論文としてまとめる能力、国内外の学会・研究会等で発表・討論する能力を養う。
  • 科学技術が社会および自然環境に及ぼす影響・効果の大きさを認識させ、社会に対する責任感、技術者・研究者として社会に貢献する使命感、高い倫理観のある判断力などを養う。

マテリアル工学分野

  • 理工学の基礎としての数学、物理学および化学を習得し、その知識にもとづいて専門の学理を理解し応用する能力を養う。
  • 材料の物理的・化学的性質、微細構造、材料合成・加工法、評価方法を理解する能力を養う。
  • 専門に関する学術・技術情報を収集する能力、および収集した情報を分析・解析する能力を養う。
  • 科学技術・工学と社会との関係を理解し、科学者・工学技術者として守るべき倫理を身に付ける。
  • 研究計画を立て、実験と理論を駆使して課題を解決する能力を養う。国内外さまざまな場における研究発表を通じて効果的なプレゼンテーションを行う能力を養う。
  • 外国語の研究論文や技術資料の調査、および自らの研究成果を外国語で論文・ポスター・口頭発表等の方法で発信することを通じて、外国語での専門的コミュニケーション能力を養う。
  • 科学技術が社会や自然に及ぼす影響、および技術者が社会・環境に対して負う責任を理解し、地球的観点から物事を多面的に考える能力を養う。
  • 物質・材料に関する科学・工学の現状を理解し、将来のマテリアル工学のあり方を予測する能力を養う。さらに、豊かな人間性と広い視野を持って独創的方法でさまざまな課題に柔軟に対応できる能力を養う。

博士後期課程

応用化学分野

  • 化学に関する高度な専門知識・技術を広く学び、化学技術者、研究者として、自立して研究課題を展開させ、自ら問題を設定し解決できる能力とともに、科学技術の発展と革新を担うことができる高い創造性と研究能力を養う。
  • 物質の構造、反応、性質を原子・分子レベルで理解するために必要な化学の基礎知識と基礎能力を習得し、応用化学分野における研究・開発のための基礎的能力と柔軟な思考力を養う。
  • 化学技術者、研究者として必要な日本語能力および英語能力の向上を図り、学術論文や技術資料の調査、分析能力、理解力などを養う。
  • 自ら遂行した研究の成果を論文にまとめるとともに、化学関連の国内外の学会・研究会等で発表・討論する能力を養う。
  • 化学だけでなく広く科学技術が、社会および自然に及ぼす影響について把握し、化学技術者、研究者として社会に貢献する使命感、高い倫理観のある判断力を養う。

化学工学分野

  • 化学に関する高度な専門知識・技術を広く学び、化学技術者、研究者として、自立して研究課題を展開させ、自ら問題を設定し解決できる能力とともに、科学技術の発展と革新を担うことができる高い創造性と研究能力を養う。
  • 物質の構造、反応、性質を原子・分子レベルで理解するために必要な化学の基礎知識と基礎能力を習得し、応用化学分野における研究・開発のための基礎的能力と柔軟な思考力を養う。
  • 化学技術者、研究者として必要な日本語能力および英語能力の向上を図り、学術論文や技術資料の調査、分析能力、理解力などを養う。
  • 自ら遂行した研究の成果を論文にまとめるとともに、化学関連の国内外の学会・研究会等で発表・討論する能力を養う。
  • 化学だけでなく広く科学技術が、社会および自然に及ぼす影響について把握し、化学技術者、研究者として社会に貢献する使命感、高い倫理観のある判断力を養う。

マテリアル工学分野

  • 理工学の基礎としての数学、物理学および化学を習得し、その知識にもとづいて専門の学理を理解し応用する能力、および科学技術を進展させる能力を養う。
  • 材料の物理的・化学的性質、微細構造、材料合成・加工法、評価方法を理解し、それらを応用する能力を養う。
  • 専門に関する学術・技術情報を収集する能力、および収集した情報を詳細に分析・解析する能力を養う。
  • 科学技術・工学と社会との関係、関連する規程等を理解し、科学者・工学技術者として守るべき倫理を身に付ける。
  • 研究計画を立て、実験と理論を駆使してさまざまな課題を解決する能力を養う。国内外さまざまな場における研究発表を通じて効果的で高度なプレゼンテーションを行う能力を養う。
  • 外国語の研究論文や技術資料の調査、および自らの研究成果を外国語で論文・ポスター・口頭発表等の方法で発信すること、海外の学会で活動することなどを通じて、外国語での高度な専門的コミュニケーション能力を養う。
  • 科学技術が社会や自然に及ぼす影響、および技術者が社会・環境に対して負う責任を十分理解し、地球的観点から物事を多面的に考察し問題を解決する能力を養う。
  • 物質・材料に関する科学・工学の現状を理解し、将来のマテリアル工学のあり方を的確に予測する能力を養う。さらに、豊かな人間性と広い視野を持って独創的方法でさまざまな課題に柔軟で適切に対応できる能力を養う。

ディプロマ・ポリシー(学修評価・学位の授与方針)

博士前期課程

物質科学と化学技術の融合である物質・化学の領域において、真理の探究と知の創造を重視し、自然環境と調和する科学技術の進展を図り、持続可能な社会の発展と文化の創造に貢献することをその基本の理念とする。この理念に基づく物質・化学に関する工学分野の広範な専門知識の教授と研究指導を通して、基本的研究能力と問題解決能力を培い、自ら知的資産を創造し、応用化学、化学工学、マテリアル工学の三分野の何れかの新領域を開拓できる能力を修得した者に修士(工学)の学位を授与する。

博士前期課程では、所定の年限在学し、研究科規程に定める所要の単位数以上を修得することに加えて、必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査および最終試験に合格することを修了要件とする。

博士後期課程

物質科学と化学技術の融合である物質・化学の領域において、真理の探究と知の創造を重視し、自然環境と調和する科学技術の進展を図り、持続可能な社会の発展と文化の創造に貢献することをその基本の理念とする。この理念に基づく物質・化学に関する工学分野の高度な専門知識の教授と研究指導を通して、自立して研究活動を行い、その成果を総合評価する能力を培い、新しい知識を体系化し、応用化学、化学工学、マテリアル工学の三分野の何れかの先導的な領域を創生できる能力を修得した者に博士(工学)の学位を授与する。

博士後期課程では、所定の年限在籍し、研究科規程に定める所要の単位数以上を修得することに加えて、必要な研究指導を受けた上、博士論文の審査および最終試験に合格することを修了要件とする。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

博士前期課程

  • 物質・化学系専攻の教育研究上の理念・目的を踏まえ、学域と大学院博士前期課程のそれぞれにおいて完結性をもたせた教育を行いつつ、学域から大学院に至る教育を行うことのできる体系化された物質・化学系教育課程を編成する。
  • 授業科目は特論等の講義、特別演習、特別研究により編成する。特論等の講義により、学生の所属分野(応用化学、化学工学、マテリアル工学)の専門に関する高度な専門知識を獲得させる。特別演習では、学生の専門および周辺分野についての調査・討論・実験等を通じて、幅広い専門知識を習得させるとともに、問題の分析・総合・評価能力を高める。特別研究では、理論・実験などの研究指導のもとに修士論文を作成し、物質・化学系の専門的な課題についての研究能力と問題解決能力を培う。
  • 伝統的な学問分野の区分により教育研究を行う従来型の「標準履修課程」と、学生の所属分野に軸足を置きながらも、複数の専攻・分野にわたる横断的な学際領域を履修できる「オプション履修課程」を設ける。
  • 研究者・技術者に必要な英語の運用能力を修得させるため、英語で実施する講義科目を開設する。
  • 留学生の教育環境の充実を図り、海外大学との学生交流や教育連携を強化するため、すべての講義を英語で実施する「英語コース標準履修課程」を設ける。
  • 企業経営者等による講義を通して、産業界で活躍しうるイノベーション創出型研究者としての素養を修得できる講義科目を大学院共通教育科目として開設する。
  • 講義と海外での環境活動の企画・実践を通して、グローバルな観点から環境問題を理解するとともに国際的な協調力を養成できる随意科目を大学院共通教育科目として開設する。

博士後期課程

  • 物質・化学系専攻の教育研究上の理念・目的を踏まえ、学域と大学院博士前期課程および後期課程のそれぞれにおいて完結性をもたせた教育を行いつつ、学域から大学院に至る教育を行うことのできる体系化された物質・化学系教育課程を編成する。
  • 自立した研究者として活躍できる創造的研究開発能力とともに高度な指導能力を養成するため、指導教員が学生の研究目的にあわせ、個別に履修指導を行うとともに、マンツーマンの研究指導を行なえる指導体制とする。
  • 授業科目は、特別講義、特別演習、特別研究により編成する。特別講義により、学生の所属分野(応用化学、化学工学、マテリアル工学)の専門に関するより高度かつ最新の研究動向に基づいた専門知識を獲得させる。特別演習では、学生の研究課題および周辺分野の最新の研究動向に関する調査、討論、実験等を通じて、物質・化学系の特定分野の深い専門知識と周辺分野の幅広い知識を修得させるとともに、問題の分析・総合・評価能力および知識の体系化能力を培う。特別研究では、理論・実験等の研究指導のもと博士論文を作成し、自立した研究者となるために必要な研究計画能力と総合評価能力を培う。
  • 企業経営者等による講義や企業でのインターンシップを通して、産業界で活躍する企業研究リーダーに求められる能力と素養を修得できる講義科目・演習科目を大学院共通教育科目として開設する。

アドミッション・ポリシー(学生受入の方針)

博士前期課程

物質・化学系専攻では、人と社会と自然に対する広い視野と深い知識を持ち、豊かな人間性、高い倫理観、高度の専門能力を兼ね備え、応用化学、化学工学、マテリアル工学の三分野のうち何れかの分野における重要な課題を主体的に認識して問題の解決に努め、社会の発展、福祉の向上、および文化の創造に貢献できる技術者、研究者を育成することを理念とし、物質・化学に関する教育研究を行っている。

このような教育研究の理念の達成・実現に向けて、物質・化学系専攻は次のような資質と能力、意欲を持った学生を求める。

  • 物質・化学に関する技術者、研究者として社会に貢献しようという意欲を持った方
  • 物質・化学に関する技術が人・社会・自然に及ぼす影響について、深く考えようとする姿勢と強い責任感を持った方
  • 科学技術の著しい進歩に対して、主体的、積極的に新しい分野を切り拓こうとする姿勢と熱意を持った方
  • 高い基礎学力と豊かな専門分野の基礎知識を持ち、自ら未知の問題解決のために立ち向かおうとする意欲のある方
  • 異なる文化を理解し、多彩で国際的なコミュニケーションを図ろうとする意欲を持った方

以上に基づき、次の1~3の能力や適性を身に付けた学生を選抜する。

  • 大学における理系の基礎的な科目および各専門分野の科目を幅広く学び、基礎学力および各専門分野の基本的な知識を身に付けていること
  • 物質・化学に関する専門分野における英文を読んで理解し、書いて表現するための基本的な能力を身に付けていること
  • 物質・化学に関する課題を見つけ、解決しようとする基本的な能力を身に付けていること

博士後期課程

物質・化学系専攻では、人と社会と自然に対する広い視野と深い知識を持ち、豊かな人間性、高い倫理観、高度の専門能力を兼ね備え、応用化学、化学工学、マテリアル工学の三分野のうち何れかの分野における重要な課題を主体的に認識して問題の解決に努め、社会の発展、福祉の向上、および文化の創造に貢献できる技術者、研究者を育成することを理念とし、物質・化学に関する教育研究を行っている。

このような教育研究の理念の達成・実現に向けて、物質・化学系専攻は次のような資質と能力、意欲を持った学生を求める。

  • 物質・化学に関する専門性の高い技術者、自立した研究者として社会に貢献しようという意欲を持った方
  • 科学技術が人・社会・自然に及ぼす影響について深く考えながら、物質・化学に関する研究に取組む姿勢と強い責任感を持った方
  • 科学技術の著しい進歩に対して、主体的、積極的に物質・化学に関する新しい分野を切り拓こうとする姿勢と熱意を持った方
  • 物質・化学に関する深い専門知識と周辺分野の幅広い知識を持ち、問題の分析・総合・評価を行い、知識を体系化しようとする意欲のある方
  • 国際的にも、研究成果を発信し、研究活動を行おうとする意欲を持った方

以上に基づき、次の1~3の能力や適性を身に付けた学生を選抜する。

  • 大学および大学院博士前期課程における理系の基礎的な科目および物質・化学に関する工学分野の科目を幅広くかつ深く学び、高い基礎学力および物質・化学に関する豊かな知識を身に付けていること
  • 物質・化学に関する英文を読んで正確に理解するとともに、自らの研究成果を英文で論理的に表現し、発表するための能力を身に付けていること
  • 物質・化学に関する諸課題を見つけ、それらを体系的に整理するとともに、合理的に解決しようとする高度な能力を身に付けていること