学域・大学院・機構

機械系専攻の教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

教育目的

博士前期課程

機械工学全般にわたる幅広い学理・専門知識を身に付けるとともに、機械システム、エネルギーシステムの高度機能化・知能化・高信頼性に関連した課題に対する問題解決および研究に関する基本的な能力を修得するための、専門知識の教授および研究指導を行う。また、修得した能力を基礎として、国際的な視野と感覚を持ち、人間としての倫理観を備え、人・環境と共存・共生できる機械技術、機械システムの発展をめざして、学際的な領域を含む幅広い分野で活躍できる能力を持った機械技術者・研究者の育成をする。

博士後期課程

機械工学における高度な学理・専門知識を十分身に付けるとともに、機械システム、エネルギーシステムの高度機能化・知能化・高信頼性に関連した課題に対して自立して問題解決および研究開発できる能力を修得するための、専門知識の教授および研究指導を行う。また、修得した能力を基礎として、国際的な視野と感覚を持ち、人間としての倫理観を備え、人・環境と共存・共生できる機械技術、機械システムの発展をめざして、学際的な領域を含む専門分野で新しい知識を体系化し、先導的な領域を創生できる能力を持った機械技術者・研究者の育成をする。

教育目標

博士前期課程

  • 機械工学全般にわたる幅広い学理・専門知識を身に付けるとともに応用力を育成し、計画的に活動できる能力を修得する。
  • 機械システム、エネルギーシステムの高度機能化・知能化・高信頼性に関連した課題に対する問題解決および研究能力を修得する。
  • 国際的な視野と感覚を持ち、人間としての倫理観を備え、人・環境と共存・共生できる機械技術、機械システムの発展に貢献できる能力を修得する。
  • 機械技術および学際的な領域を含む幅広い分野で活躍できる能力を修得する。
  • 機械技術者・研究者として必要な日本語および外国語によるコミュニケーション能力を修得する。
  • 学術論文や技術資料の調査・分析能力ならびに学術報告・論文の執筆・発表能力を修得する。

博士後期課程

  • 機械工学における高度な学理・専門知識を身に付けるとともに応用力を育成し、自立して計画的に活動できる能力を修得する。
  • 機械システム、エネルギーシステムの高度機能化・知能化・高信頼性に関連した課題に対して自立して問題解決および研究開発する能力を修得する。
  • 国際的な視野と感覚を持ち、人間としての倫理観を備え、人・環境と共存・共生できる機械技術、機械システムの発展に貢献できる高度な能力を修得する。
  • 機械技術および学際的な領域を含む専門分野で新しい知識を体系化し、先導的な領域を創生できる能力を修得する。
  • 機械技術者・研究者として必要な日本語および外国語によるコミュニケーション能力を修得する。
  • 学術論文や技術資料の高度な調査・分析能力ならびに学術報告・論文の執筆・発表能力を修得する。

ディプロマ・ポリシー(学修評価・学位の授与方針)

博士前期課程

機械工学全般にわたる幅広い学理・知識を十分身に付けるとともに、機械システム、エネルギーシステムの高度機能化・知能化・高信頼性に関連した研究および問題解決に関する基本的な能力を修得すること。および、その能力を基礎として、国際的な視野と感覚を持ち、人間としての倫理観を備え、人・環境と共存・共生できる機械技術、機械システムの発展をめざして、学際的な領域を含む幅広い分野で活躍できる能力を修得した者に修士(工学)の学位を授与する。

博士後期課程

機械工学における高度な学理・知識を十分身に付けるとともに、機械システム、エネルギーシステムの高度機能化・知能化・高信頼性に関連した課題に対して、自立して研究開発および問題解決できる能力を修得すること、および、その能力を基礎として、国際的な視野と感覚を持ち、人間としての倫理観を備え、人・環境と共存・共生できる機械技術、機械システムの発展をめざして、学際的な領域を含む専門分野で新しい知識を体系化し、先導的な領域を創生できる能力を修得した者に博士(工学)の学位を授与する。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

博士前期課程

  • 講義科目では、機械工学全般にわたる幅広い高度な学理・専門知識を身に付けることのできる体系化された教育課程を編成する。
  • 特別演習および特別研究では、機械システム、エネルギーシステムの高度機能化・知能化・高信頼性に関連した課題に対する研究および問題解決に関する基本的な能力を修得するための専門知識の教授および研究指導をする。
  • 少人数の研究グループでの指導では、講義課目などで修得した能力を基礎として、日本語および外国語によるコミュニケーション能力を身に付け、国際的な視野と感覚を持ち、人間としての倫理観を備え、人・環境と共存・共生できる機械技術、機械システムの発展をめざして、学際的な領域を含む幅広い分野で活躍できる能力を修得できるように指導する。
  • 修士論文の作成・発表を通じて、学術論文や技術資料の調査・分析ならびに学術報告・論文の執筆・発表技術を修得できるように指導をする。

博士後期課程

  • 講義科目では、機械工学における高度な学理・専門知識を身に付けることのできる体系化された教育課程を編成する。
  • 特別演習および特別研究では、機械システム、エネルギーシステムの高度機能化・知能化・高信頼性に関連した課題に対する研究および問題解決に対して自立して問題解決および研究開発できる能力を修得するための専門知識の教授および研究指導をする。
  • 指導教員によるマンツーマンの指導では、修得した能力を基礎として、日本語および外国語によるコミュニケーション能力を身に付け、国際的な視野と感覚を持ち、人間としての倫理観を備え、人・環境と共存・共生できる機械技術、機械システムの発展をめざして、学際的な領域を含む専門分野で新しい知識を体系化し、先導的な領域を創生できる能力を修得できるような指導する。
  • 博士論文の作成・発表を通じて、学術論文や技術資料の高度な調査・分析ならびに学術報告・論文の執筆・発表技術の指導をする。

アドミッション・ポリシー(学生受入の方針)

博士前期課程

機械系専攻は、現代社会を支えるあらゆる機械、機器、構造物、設備、装置、プラント等、「機械」という範疇に含まれる全ての「もの」を対象として、「ものづくり」のための学理の構築と、「もの」の開発・設計・生産・運用を目的とした工学の重要な一分野である。近年、あらゆる「機械」には、高機能化、知能化、システム化等が求められ、更に、複雑化、多様化、複合化する人間活動との調和を十分考慮した機械システムの開発・設計・生産・運用が不可欠となってきている。

一方、近年のエネルギー消費の増大に伴い、環境汚染問題が顕在化し、エネルギーの供給とそれに伴う環境汚染の防止をグローバルな観点に基づいて考慮した、人・環境と共存・共生する機械技術、機械システムの確立が求められている。

機械系専攻では、人と社会と自然に対する広い視野と深い知識をもち、豊かな人間性、高い倫理観、高度の専門能力を兼ね備え、社会の発展、福祉の向上および文化の創造に貢献できる技術者・研究者の育成をめざしている。

このような教育研究の理念の達成・実現に向けて、機械系専攻では次のような資質と能力、意欲を持った学生を求める。

  • 機械工学に関する技術者、研究者として社会に貢献しようという意欲を持った人
  • 機械工学が人・社会・自然に及ぼす影響について、深く考えようとする姿勢と強い責任感を持った人
  • 機械工学の著しい進歩に対して、積極的に新しい分野を切り拓こうとする姿勢と熱意を持った人
  • 豊かな基礎学力と専門分野の基礎知識を持ち、機械工学に関する問題解決のために立ち向かおうとする意欲のある人

以上に基づき、次の1~3の能力や適性を身に付けた学生を選抜する。

  • 大学における理系の基礎的な科目および機械工学の科目を幅広く学び、基礎学力および機械工学の基本的な知識を身に付けていること
  • 機械工学における英文を読んで理解し、書いて表現するための基本的な能力を身に付けていること
  • 機械工学における課題を見つけ、解決しようとする基本的な能力を身に付けていること

博士後期課程

機械系専攻は、現代社会を支えるあらゆる機械、機器、構造物、設備、装置、プラント等、「機械」という範疇に含まれる全ての「もの」を対象として、「ものづくり」のための学理の構築と、「もの」の開発・設計・生産・運用を目的とした工学の重要な一分野である。近年、あらゆる「機械」には、高機能化、知能化、 システム化等が求められ、更に、複雑化、多様化、複合化する人間活動との調和を十分考慮した機械システムの開発・設計・生産・運用が不可欠となってきている。

一方、近年のエネルギー消費の増大に伴い、環境汚染問題が顕在化し、エネルギーの供給とそれに伴う環境汚染の防止をグローバルな観点に基づいて考慮した、人・環境と共存・共生する機械技術、機械システムの確立が求められている。

機械工学専攻では、人と社会と自然に対する広い視野と深い知識をもち、豊かな人間性、高い倫理観、高度の専門能力を兼ね備え、社会の発展、福祉の向上および文化の創造に主体的に貢献できる自立した専門性の高い技術者・研究者の育成をめざしている。

このような教育研究の理念の達成・実現に向けて、機械系専攻では次のような資質と能力、意欲を持った学生を求める。

  • 機械工学に関する自立した技術者、研究者として社会に貢献しようという意欲を持った人
  • 機械工学が人・社会・自然に及ぼす影響について、主体的に深く考えようとする姿勢と強い責任感を持った人
  • 機械工学の著しい進歩に対して、主体的に新しい分野を切り拓こうとする姿勢と熱意を持った人
  • 高い基礎学力と高度な専門知識を持ち、自ら機械工学に関する問題解決のために立ち向かおうとする意欲のある人

以上に基づき、次の1~3の能力や適性を身に付けた学生を選抜する。

  • 大学および大学院博士前期課程における理系の基礎的な科目および機械工学の科目を幅広くかつ深く学び、高い基礎学力および機械工学の豊かな知識を身に付けていること
  • 機械工学における英文を読んで正確に理解するとともに、自らの研究成果を英文で論理的に表現し、発表するための能力を身に付けていること
  • 機械工学における諸課題を見つけ、それらを体系的に整理するとともに、合理的に解決しようとする高度な能力を身に付けていること