学域・大学院・機構

電子・数物系専攻の教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

教育目的

博士前期課程

現代工学全般の根幹をなす数理工学およびイノベーション立国の基盤となる電子物理工学の基礎と応用に関する知識と展開力を十分に修得し、社会貢献への使命と工学倫理を身に付けた高度技術職、専門職、研究職への人材育成拠点たることをめざす。

博士前期課程では、数理工学分野と電子物理工学の独自領域、境界領域、ナノサイエンスなど新しく生まれた学問領域の研究をいち早く取り入れた教育を効果的に推進し、柔軟な発想力、正確な分析力、豊かな総合力を備えた人材を育成し広く社会に貢献することを目的にする。

博士後期課程

現代工学全般の根幹をなす数理工学およびイノベーション立国の基盤となる電子物理工学の基礎と応用に関する知識と展開力を十分に修得し、社会貢献への使命と工学倫理を身に付けた高度技術職、専門職、研究職への人材育成拠点たることをめざす。

博士後期課程では、数理工学分野と電子物理工学の独自領域、境界領域、ナノサイエンスなど新しく生まれた学問領域の研究をいち早く取り入れた教育を効果的に推進し、柔軟な発想力、正確な分析力、豊かな総合力を備えた高度の人材を育成し広く社会に貢献することを目的にする。

教育目標

博士前期課程

電子物理工学分野

  • 電子物性に関する物性評価、測定手法、理論解析に関する能力を修得する。
  • ナノ電子デバイスに関する基礎的知識および応用できる能力を修得する。
  • プロセス・材料・評価計測に関する基礎的知識および応用できる能力を修得する。
  • 専門知識に関連する学術論文などに関して、理解でき、分析でき、討論できる能力を養成する。
  • 新しい知識を体系化し、研究論文などに執筆し発表できる能力を養成する。
  • 修士学位取得者に相応しい責任感、倫理観のある判断能力を養成する。

数理工学分野

  • 自然現象や社会現象の数理モデル化と解析に必要となる応用数理や数理統計学の専門知識を身に付け、様々な問題に応用する能力を修得する。
  • 工学の理論的基盤である解析学、代数学、幾何学などの基礎数理の専門知識を身に付け、様々な問題に応用する能力を修得する。
  • 物質の電気的・磁性的性質、超伝導、光学的性質などの解明と工学的応用に必要となる物性物理学の専門知識を身に付け、様々な問題に応用する能力を修得する。
  • 同期現象・カオスなど複雑な系の解析と工学的応用に必要となる非線形動力学の専門知識を身に付け、様々な問題に応用する能力を修得する。
  • 研究成果を論文などにまとめる論理的記述能力および発表能力を養成する。

博士後期課程

電子物理工学分野

  • 電子物性に関する物性評価、測定手法、理論解析に関する高い能力を修得する。
  • ナノ電子デバイスに関する基礎的知識および応用できる高い能力を修得する。
  • プロセス・材料・評価計測に関する基礎的知識および応用できる高い能力を修得する。
  • 専門知識に関連する学術論文などに関して、理解でき、分析でき、討論できる高い能力を養成する。
  • 新しい知識を体系化し、研究論文などに執筆し発表できる高い能力を養成する。
  • 博士学位取得者に相応しい責任感、倫理観のある高い判断能力を養成する。

数理工学分野

  • 自然現象や社会現象の数理モデル化と解析に必要となる応用数理や数理統計学の高度な専門知識を身に付け、様々な問題に応用する能力を修得する。
  • 工学の理論的基盤である解析学、代数学、幾何学などの基礎数理の高度な専門知識を身に付け、様々な問題に応用する能力を修得する。
  • 物質の電気的・磁性的性質、超伝導、光学的性質などの解明と工学的応用に必要となる物性物理学の高度な専門知識を身に付け、様々な問題に応用する能力を修得する。
  • 同期現象・カオスなど複雑な系の解析と工学的応用に必要となる非線形動力学の高度な専門知識を身に付け、様々な問題に応用する能力を修得する。
  • 研究成果を論文などにまとめる高度な論理的記述能力および発表能力を養成する。

ディプロマ・ポリシー(学修評価・学位の授与方針)

博士前期課程

工学研究科博士前期課程 ディプロマ・ポリシーに加え、電子・数物系専攻では、数理工学分野と電子物理工学分野に基礎を置き、自然現象や社会現象を数理的モデルによって解明し、その結果を工学的に応用するための高度な知識と研究開発能力、また、物性物理・半導体物理に関する実験的・数理工学的解明を進め、新しいエレクトロニクス・デバイスを創製し高度情報化社会を支えることをその基本の理念とする。この理念に基づく数理工学および電子物理工学分野の広範な専門知識の教授と研究指導を通して、基本的研究能力と問題解決能力を培い、自ら知的資産を創造し、当該分野の新領域を開拓できる能力を修得した者に修士(工学)の学位を授与する。 博士前期課程では、所定の年限在学し、研究科規程に定める所要の単位数以上を修得することに加えて、必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査および最終試験に合格することを修了要件とする。

博士後期課程

工学研究科博士後期課程 ディプロマ・ポリシーに加え、電子・数物系専攻では、数理工学分野と電子物理工学分野に基礎を置き、自然現象や社会現象を数理的モデルによって解明し、その結果を工学的に応用するための高度な知識と研究開発能力、また、物性物理・半導体物理に関する実験的・数理工学的解明を進め、新しいエレクトロニクス・デバイスを創製し高度情報化社会を支えることをその基本の理念とする。この理念に基づく数理工学および電子物理工学分野の高度な専門知識の教授と研究指導を通して、自立して研究活動を行い、その成果を総合評価する能力を培い、新しい知識を体系化し、先導的な当該分野の新領域を創生できる能力を修得した者に博士(工学)の学位を授与する。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

博士前期課程

  • 工学研究科電子・数物系専攻の教育研究上の理念・目的を踏まえ、学類と大学院博士前期課程のそれぞれにおいて完結性をもたせた教育を行いつつ、学域から大学院に至る教育を行うことのできる体系化された教育課程を編成する。
  • 授業科目は特論等の講義、電子・数物系特別演習、電子・数物系特別研究により編成する。特論等の講義により、 専門分野に関する高度な専門知識を獲得させる。電子・数物系特別演習では、学生の専門および周辺分野についての調査・討論・実験等を通じて、幅広い専門知識を習得させるとともに、 問題の分析・総合・評価能力を高める。電子・数物系特別研究では、理論・実験などの研究指導のもとに修士論文を作成し、専門的な課題についての研究能力と問題解決能力を培う。
  • 伝統的な学問分野の区分により教育研究を行う従来型の「標準履修課程」と、学生の所属分野に軸足を置きながらも、複数の専攻・分野にわたる横断的な学際領域を履修できる「オプション履修課程(応用物理学コース)」を設ける。
  • 研究者・技術者に必要な英語の運用能力を修得させるため、英語で実施する講義科目を開設する。
  • 留学生の教育環境の充実を図り、海外大学との学生交流や教育連携を強化するため、すべての講義を英語で実施する「英語コース標準履修課程」を設ける。
  • 企業経営者等による講義を通して、産業界で活躍しうるイノベーション創出型研究者としての素養を修得できる講義科目を大学院共通教育科目として開設する。
  • 講義と海外での環境活動の企画・実践を通して、グローバルな観点から環境問題を理解するとともに国際的な協調力を養成できる随意科目を大学院共通教育科目として開設する。

博士後期課程

  • 工学研究科電子・数物系専攻の教育研究上の理念・目的を踏まえ、学類と大学院博士前期課程および後期課程のそれぞれにおいて完結性をもたせた教育を行いつつ、学域から大学院に至る教育を行うことのできる体系化された教育課程を編成する。
  • 自立した研究者として活躍できる創造的研究開発能力とともに高度な指導能力を養成するため、指導教員が学生の研究目的にあわせ、個別に履修指導を行うとともに、マンツーマンの研究指導を行なえる指導体制とする。
  • 授業科目は、特別講義、電子・数物系特別演習、電子・数物系特別研究により編成する。特別講義により、専門分野に関するより高度かつ最新の研究動向に基づいた専門知識を獲得させる。電子・数物系特別演習では、学生の研究課題および周辺分野の最新の研究動向に関する調査、討論、実験等を通じて、特定分野の深い専門知識と周辺分野の幅広い知識を修得させるとともに、問題の分析・総合・評価能力および知識の体系化能力を培う。電子・数物系特別研究では、理論・実験等の研究指導のもと博士論文を作成し、自立した研究者となるために必要な研究計画能力と総合評価能力を培う。
  • 企業経営者等による講義や企業でのインターンシップを通して、産業界で活躍する企業研究リーダーに求められる能力と素養を修得できる講義科目・演習科目を大学院共通教育科目として開設する。

アドミッション・ポリシー(学生受入の方針)

博士前期課程

電子・数物系専攻では、現代工学全般の根幹をなす数理工学および21世紀科学技術立国の基盤となる電子物理工学の基礎と応用に関する知識と展開力を十分に修得し、社会貢献への使命と工学倫理を身に付けた高度技術職、専門職、研究職への人材育成拠点たることを基本理念としている。
この基本理念のもとで、数理工学分野と電子物理工学分野の独自領域、境界領域、ナノサイエンスなど、新しく生まれた学問領域の研究をいち早く取り入れた教育を効果的に推進し、柔軟な発想力、正確な分析力、豊かな総合力を備えた人材を育成し、広く社会に貢献することを教育の理念としている。このような教育研究の理念の達成・実現に向けて、工学研究科のアドミッション・ポリシーに加えて、電子・数物系専攻は次のような資質と能力、意欲を持った学生を求める。

  • 数理工学分野と電子物理工学分野に基礎を置き、技術者、研究者として社会に貢献しようという意欲を持った人
  • 数理工学分野と電子物理工学分野の技術が人・社会・自然に及ぼす影響について、深く考えようとする姿勢と強い責任感 を持った人
  • 科学技術の著しい進歩に対して、主体的、積極的に数理工学分野や電子物理工学分野の知識を用いて新しい分野を切り拓こうとする姿 勢と熱意を持った人
  • 数理工学分野や電子物理工学分野の高い基礎学力と豊かな専門分野の基礎知識を持ち、自ら未知の問題解決のために立ち向かおうとする意欲のある人

以上に基づき、次の1~3の能力や適性を身に付けた学生を選抜する。

  • 大学における理系の基礎的な科目および数理工学分野または電子物理工学分野の科目を幅広く学び、基礎学力および数理工学分野または電子物理工学分野の基本的な知識を身に付けていること
  • 数理工学分野または電子物理工学分野における英文を読んで理解し、書いて表現するための基本的な能力を身に付けていること
  • 数理工学分野または電子物理工学分野における課題を見つけ、解決しようとする基本的な能力を身に付けていること

博士後期課程

電子・数物系専攻では、現代工学全般の根幹をなす数理工学および21世紀科学技術立国の基盤となる電子物理工学の基礎と応用に関する知識と展開力を十分に修得し、社会貢献への使命と工学倫理を身に付けた高度技術職、専門職、研究職への人材育成拠点たることを基本理念としている。
この基本理念のもとで、数理工学分野と電子物理工学分野の独自領域、境界領域、ナノサイエンスなど、新しく生まれた学問領域の研究をいち早く取り入れた教育を効果的に推進し、柔軟な発想力、正確な分析力、豊かな総合力を備えた人材を育成し、広く社会に貢献することを教育の理念としている。このような教育研究の理念の達成・実現に向けて、工学研究科のアドミッション・ポリシーに加えて、電子・数物系専攻では次のような資質と能力、 意欲を持った学生を求める。

  • 数理工学分野と電子物理工学分野に基礎を置き、技術者、研究者として社会に貢献しようという意欲を持った人
  • 数理工学分野と電子物理工学分野の技術が人・社会・自然に及ぼす影響について、深く考えようとする姿勢と強い責任感を持った人
  • 科学技術の著しい進歩に対して、主体的、積極的に数理工学分野や電子物理工学分野の知識を用いて新しい分野を切り拓こうとする姿勢と熱意を持った人
  • 数理工学分野や電子物理工学分野の高い基礎学力と豊かな専門分野の基礎知識を持ち、自ら未知の問題解決のために立ち向かおうとする意欲のある人

以上に基づき、次の1~3の能力や適性を身に付けた学生を選抜する。

  • 大学および大学院博士前期課程における理系の基礎的な科目および数理工学分野または電子物理工学分野の科目を幅広くかつ深く学び、高い基礎学力および各専門分野の豊かな知識を身に付けていること
  • 数理工学分野または電子物理工学分野における英文を読んで正確に理解するとともに、自らの研究成果を英文で論理的に表現し、発表するための能力を身に付けていること
  • 数理工学分野または電子物理工学分野における諸課題を見つけ、それらを体系的に整理するとともに、合理的に解決しようとする高度な能力を身に付けていること