学域・大学院・機構

経済学専攻の教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

教育目的

博士前期課程

博士前期課程経済学専攻では、様々な経済問題を理論的・実証的に扱い、とるべき政策のあり方について教育研究し、グローバルな経済社会に貢献できる実践的・創造的能力を備えた社会の発展に貢献できる高い倫理観を持った研究者および高度の専門的職業人を養成する。

博士後期課程

博士後期課程は、経済学、経営学、法学、観光学の諸分野における独創的な研究活動を通して、それぞれの専攻分野における学問の進歩に寄与し、併せて社会の発展に貢献できる、より高度な研究・分析能力と豊かな学識を有する高い倫理観を持った研究者および高度の専門的職業人を育成する。

教育目標

博士前期課程

  • 基礎
    経済学の分野における最先端の研究に必要不可欠な基礎理論および分析等に必要な計算能力や計算機操作を習得するとともに、研究者として持つべき高い倫理観を養う。
  • 最先端知識
    経済学の分野における最先端の研究についての知識を深めるとともにその研究課題や解決方法を習得する。
  • 英語
    経済学の分野における英文テキストや最新の英語論文を読む能力、研究成果を英語により発信できる能力を養う。
  • コミュニケーション
    経済学の分野における最先端の研究に携わり、未解決な問題を明確にしつつ自分の研究課題に取り組むことにより、調査研究手法を習得する。また、発表・ディスカッションにより論理的な思考能力、豊かな表現能力、十分な問題解決能力および高度なコミュニケーション能力を養う。

博士後期課程

  • 分析力
    博士前期課程などで得られた成果を基に、各分野における最先端の高度かつ独創的な研究に必要な分析力と研究者として持つべき高い倫理観を養うとともに、その研究課題や解決方法をより高度に習得する。
  • 最先端知識
    博士前期課程などで得られた成果を基に、各分野における最先端の研究についての知識をさらに深める。
  • 英語
    博士前期課程などで得られた成果を基に、各分野における英文テキストや最新の英語論文を読む能力、研究成果を英語により高度に発信できる能力を養う。
  • コミュニケーション
    博士前期課程などで得られた成果を基に、各分野における最先端の研究に携わり、未解決な問題を明確にしつつ自分の研究課題に取り組むことにより、学術論文等の研究成果を外部に公表し、学会・会議等において発表・研究討論できる能力を養う。
  • 指導力
    学士課程および博士前期課程の学生に対する教育・研究指導力を養う。

ディプロマ・ポリシー(学修評価・学位の授与方針)

博士前期課程

経済学専攻では、なかもずキャンパスの学生は、履修指導等を通して指定されるコア科目、専門領域の特論科目、演習科目を、それぞれ一定の単位数以上、修得することが必要である。

また、修士論文発表会で報告し、修士論文審査ならびに博士前期課程最終試験に合格することが必要である。また体系的な履修を通じて、(1)基礎、(2)最先端の知識、(3)英語、(4)コミュニケーションの各能力を備えていることが修了の要件となる。

博士後期課程

  • 博士後期課程を修了するには、本研究科に原則3年以上在学し、必要最低単位数以上を修得することが必要です。また、博士論文に関連する特別演習、論文演習を定められた単位数以上修得する必要がある。加えて、博士論文公聴会で報告し、博士論文の審査ならびに最終試験に合格することが必要である。
  • 博士後期課程においては、独創的な研究活動を通して、学問の進歩に寄与し、社会の発展に貢献できる、高度な研究・分析能力と豊かな学識を備えていることが修了の要件となる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

博士前期課程

経済学専攻は、様々な経済問題を理論的・実証的に扱い、とるべき政策のあり方について教育研究し、グローバルな経済社会に貢献できる実践的・創造的能力を備えた社会の発展に貢献できる研究者および高度の専門的職業人を養成するという教育目標を設定している。

そしてこの目標を実現するため、(1)基礎、(2)最先端の知識、(3)英語、(4)コミュニケーションの各能力を身に付けられるカリキュラムを提供する。

経済学研究科は、学士課程教育または社会での経験を基礎として、広い視野に立って経済学・経営学・法学・観光学におけるより深い専門知識およびその応用を教授し、高い倫理観を持った研究者としてまた高度の専門的職業人として、社会の発展に貢献できる優れた人材を育成する。

博士後期課程

博士後期課程経済学専攻は、独創的な研究活動を通して、それぞれの専攻分野における学問の進歩に寄与し、併せて社会の発展に貢献できる、より高度な研究・分析能力と豊かな学識を有する研究者および高度の専門的職業人を養うための科目を配置する。そのために、(1)分析力、(2)最先端知識、(3)英語、(4)コミュニケーション、(5)指導力、の各能力を身に付けられるカリキュラムを提供する。

アドミッション・ポリシー(学生受入の方針)

博士前期課程

博士前期課程は、経済学、経営学、法学、観光学の高度な理論的・実証的な教育研究活動を通じ、グローバルな経済社会に貢献できる実践的・創造的能力を備えた、社会の発展に貢献できる研究者および高度の専門的職業人を育成する。

経済学専攻は、様々な経済問題を理論的・実証的に扱い、とるべき政策について教育・研究し、グローバルな経済社会に貢献できる実践的・創造的能力を備えた社会の発展に貢献できる研究者および高度の専門的職業人を養成する。

したがって、経済学専攻では、つぎのような学生を求める。

  • 経済学についての基礎的な知識を備えた人
  • 現代社会の諸問題に明確な関心と興味を持ち、それらを経済学の手法を用いて論理的に分析しようとする意欲を有する人
  • 外国語能力に優れ、国際的な水準で学術的・実践的な貢献をしようとする意欲を有する人

以上に基づき、次の1~3の能力や適性を身に付けた学生を選抜する。

  • 経済学の基礎的な知識を備えていること
  • 研究に対する意欲と具体的な展望を持ち、円滑な研究・指導のために必要な論理的思考力を有すること
  • 英文等で書かれた経済学の論文を読むための語学力とコミュニケーション能力を有すること

博士後期課程

経済学研究科は、学士課程教育または社会での経験を基礎として、広い視野に立って経済学・経営学・法学・観光学におけるより深い専門知識およびその応用を教授し、高い倫理観を持った研究者としてまた高度の専門的職業人として、社会の発展に貢献できる優れた人材を育成する。

博士後期課程(経済学専攻)は、経済学・経営学・法学・観光学の諸分野における独創的な研究活動を通して、各専攻分野における学問の進歩に寄与し、併せて社会の発展に貢献できる、より高度な研究・分析能力と豊かな学識を有し、高い倫理観を持った研究者および高度の専門的職業人を育成する。

したがって、博士後期課程(経済学専攻)では、つぎのような学生を求める。

  • 研究者として自立できる十分な知識と独創力を備えた人
  • 外国語能力に優れ、国際的な研究の場で活躍できる人
  • 論理的な思考能力をもち、分析力・洞察力のある人
  • 経済・経営・法律・観光および地域創造の分野の学際的な研究をしたい人

以上に基づき、次の1~3の能力や適性を身に付けた学生を選抜する。

  • 専門領域に関連する研究内容や分析手法の理解度、修得度が、博士前期課程修了水準に達していること
  • 提出された修士論文、研究計画書、および口頭試問において、研究テーマの学術的発展性を見抜く洞察力を示すとともに、それを論理的に説明、表現できていること
  • さらに多くの専門領域で、研究成果を海外へ発信するための英語力を有すること