学域・大学院・機構

経済学研究科

経済の活性化に向けての先進的な情報発信基地として。

変革の時代に求められる経済学・経営学とそれらに関連する法学を探究。

経済学研究科は、21世紀の変革の時代において、経済学、経営学とこれらに関連する法学の理論的・実証的な教育研究活動を通じ、グローバルな経済社会の発展に貢献できる実践的・創造的能力を備えた人材や、学問の進歩に寄与する研究者を育成し、産業社会や文化の発展に貢献することを目標とします。これまでの経験と実績をふまえ、2013年4月からは、地域経済の再生、地域文化プロデュースをテーマとする観光マネジメント関連の分野が追加されました。
博士前期課程(マスター)では、経済学専攻とMBAを取得する経営学専攻の既存の2専攻、そして2013年4月からは「観光・地域創造専攻」が新しくスタートし、3専攻体制での教育、研究の更なる充実がはかられます。中百舌鳥キャンパスに加えて、地域で活躍する社会人のニーズに応えるため、大阪市内に夜間や週末に授業を行うサテライト教室を設置して、キャリアアップをめざす高度な専門職業人を養成するための教育を行います。
博士後期課程(ドクター)では、経済学専攻を設け、国際的な水準で活躍する研究者および専門職業人を養成します。ここでも新たに観光・地域創造分野の研究が可能です。

経済学研究科では、2017年(平成29年)4月1日より、サテライト教室における経営学専攻「戦略経営・法務」学習プログラムおよび経済学専攻「公共政策」学習プログラムを、現在、観光・地域創造専攻「地域文化プロデュース」学習プログラムが行われているI-siteなんばで実施しています。
経済学研究科ではこの移転を機に、サテライト教室における学習環境の一層の整備を図ってまいります。

経済学研究科 博士前期課程 博士後期課程

研究科Webサイト

経済学研究科Webサイトへのリンク
  • 研究科長メッセージ
  • 教員紹介
  • 研究科入学案内
  • 研究科の教育
  • 研究活動
  • 分野紹介
  • 院生のページ