大阪府立大学

経済学研究科

変革の時代に求められる経済学・経営学とそれらに関連する法学および観光学を探究。

経済学研究科は、21世紀の変革の時代において、経済学、経営学とこれらに関連する法学の理論的・実証的な教育研究活動を通じ、グローバルな経済社会の発展に貢献できる実践的・創造的能力を備えた人材や、学問の進歩に寄与する研究者を育成し、産業社会や文化の発展に貢献することを目的としています。これまでの経験と実績をふまえ、教育、研究の更なる充実をはかるため、2013年4月から、地域経済の再生、地域文化プロデュースをテーマとする観光マネジメント関連の分野が設置されました。

博士前期課程(マスター)は2箇所で開講されています。中百舌鳥キャンパスには、経済学と経営学という2つの専攻があります。経済学専攻は理論・計量経済学と応用経済学という2つの分野からなり、修了された方にはいずれも修士(経済学)が授与されます。経営学専攻は、経営学、法学、観光・地域創造という3つの分野からからなりますが、このうち経営学と法学という2つの分野が中百舌鳥キャンパスで開講されています。この経営学分野または法学分野を修了された方には修士(経営学)すなわちMBAが授与されます。

中百舌鳥キャンパスに加えて、大阪の都心に所在する施設I-siteなんばでも、博士前期課程・経営学専攻が開講されています。ただしこちらの対象は社会人に限定されています。地域で活躍している社会人の教育研究ニーズに応えるため、夜間や週末に授業を行うサテライト教室として、キャリアアップをめざす高度な専門職業人を養成するための教育を提供する場となっています。I-siteなんばで提供している、「戦略経営・法務」学習プログラムの修了者には修士(経営学)すなわちMBAが、「地域文化プロデュース」学習プログラムの修了者には修士(学術)がそれぞれ授与されます。

博士後期課程(ドクター)では、経済学専攻を設け、国際的な水準で活躍する研究者および専門職業人を養成します。専攻は経済学専攻のみですが、分野は理論・計量経済学、応用経済学、経営学、法学、観光・地域創造という5つがあります。修了者に授与される学位は、博士(経済学)となります。

経済学研究科の構成図

研究科Webサイト

  • 研究科長メッセージ
  • 教員紹介
  • 研究科入学案内
  • 研究科の教育
  • 研究活動
  • 分野紹介
  • 大学院生のページ