学域・大学院・機構

高等教育推進機構 機構長あいさつ

高等教育推進機構は大阪府立大学の共通教育と地域社会における生涯教育を企画・実施し、全学の研究教育組織間の連携を通じて、教育機能の向上と教育内容の充実を図ることを目的とする組織です。一時期、日本の大学教育における専門教育偏重の傾向を指摘する声があがり、平成17年に文部科学省中央教育審議会により公表された「我が国の高等教育の将来像」でも取り上げられましたように、学士課程教育の重要性が再認識されるようになりました。こうした状況と並行して、社会的には経済のグローバル化、さらには少子化に伴う18歳人口の減少や高齢化社会への移行が急速度に進み、大学を取り巻く環境は大きく変化しつつあります。今やこれまでとは大きく異なる新たな視点から大学教育の在り方を再考するべき時期にあるといえましょう。大阪府立大学は、これまで様々な分野において世界に羽ばたく高度人材養成を目標に掲げ全学一体となって教育に取り組んできました。しかし上述した国内外のダイナミックな構造的変化が進む状況において真にリーダーとして活躍できる人材の養成を行うには、これまで以上に広範で体系的な質の高い教育を充実させる必要があります。

新たな視点から大学教育の在り方の再考を促す国内外からの声を真摯に受け止め、責任ある教育組織として人材養成に取り組むために、高等教育推進機構は平成29年度から新たに「基幹教育センター」「高度人材育成センター」「高等教育開発センター」「生涯教育センター」の4つのセンターを設置し、大学院課程を含む全学の共通教育の企画・実施、高等教育についてのファカルティ・ディベロップメント(FD)の企画・実施、生涯教育を通じた地域貢献を推進します。

本学のめざす教育の実現のためには、全学の教職員が不断に協力してカリキュラム・授業の改善を図り、学士課程から大学院課程までを一貫する国際通用性のあるスタンダードプログラムを構築するとともに、大学を地域における学びの共同体にしていかなくてはなりません。高等教育推進機構はこの目標のために、中心的役割を果たしていきたいと思います。

高等教育推進機構長
山崎 正純