大阪府立大学

教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー

教育目的

本課程では、グローバリゼーションや少子高齢化の進展、各種の技術革新といった現代社会の様々な問題や環境変化に対応するため、経済理論とデータ分析から導き出された科学的根拠に基づき、金融・ビジネスならびに公共部門で企業戦略、経済政策、社会政策の立案とその適切な評価ができる人材を育成する。これにより、経済・経営の専門知識とデータ分析能力を活用した、持続可能な経済社会を創造することを目標とする。

教育目標

  1. 社会経済状況の理解力・問題認識力の養成:
    社会制度、経済制度、財政制度、経済学説・思想、ならびに社会の様々な問題について、これらの変遷と現況、そして将来展望を学ぶ。これにより、経済社会の成り立ちと構造を理解する力、さらにそれらに基づき、家計や企業、社会が直面している問題を把握する力を養う。
  2. 論理的思考力・分析力(経済理論による定性的な分析能力)の養成:
    現代社会においては、国際機関、国、地方政府、企業、家計、個人などの各経済主体が、それぞれが直面する制約の下で自らの目標を達成しようと行動しており、かつ、これら主体の意思決定は市場の内部と外部で相互に影響を与え合っている。そこで、こうした社会経済のメカニズムを俯瞰し、インセンティブの観点から論理的に思考・分析する力を養う。
  3. 問題解決能力(データによる定量的な分析能力)の養成:
    上記1、2を通じて修得した各能力に立脚し、様々な統計データに基づいて、社会経済の構造と物事の因果関係を定量的に分析し、説明するスキルを学ぶ。これにより、データ分析から得られた科学的根拠に基づき、経済社会と個別経済主体の将来の姿を予測し、効果的な企業戦略や政策の提言を行う力を養う。

ディプロマ・ポリシー(学修評価・学位の授与方針)

経済データサイエンス課程において所定の期間在学して本課程が定める単位を取得し、次の能力を身に付けた学生に学士(経済学)を授与する。

教養・倫理

  1. 社会科学から人文科学、自然科学に至るまでを幅広く学習し、教養を身に付けるとともに、長期的かつグローバルな視点から物事を考える能力。
  2. 経済活動や技術が人間社会ならびに環境に及ぼす影響の大きさを理解し、倫理観と責任感を持って技術マネジメントの方向性を判断して、行動できる能力。

総合力

  1. 経済学、経営学、会計学、法学、経済データサイエンス、生産システム科学の基本的知識ならびに技術を体系的に理解・修得するとともに、社会的問題に関する課題を発見し、必要な情報やデータを収集し、それらを用いて現状を把握し、仮説を立て、検証する能力。また、それらの知識や技術を応用し、組織における課題を解決できるマネジメント能力。

コミュニケーション能力

  1. 自分の考えを論理的にまとめ、的確に表現するとともに、他人の意見を理解し討論する能力。情報技術を活用して情報を発信する能力などのコミュニケーション能力。英語などの外国語による読解力、リスニング力、表現力を養い、国際的なコミュニケーションを行う基礎能力。

自主学習・プロジェクト

  1. 自ら学習目標・達成目標をたて、自主的に学習し、卒業後も社会の変化に対応して継続的に学習できる能力。与えられた課題や自ら設定した課題に対してグループで協議し、課題を解決するための学習、調査、分析を協力して行い、プロジェクトを遂行する能力。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

  1. 幅広い教養と関係諸分野の基礎知識と、幅広い視野で物事を考える素養と長期的かつグローバルな視点から物事を考える能力を身に付けさせるため、1年次を中心に初年次ゼミナール、人文・社会系教養科目、自然科学・複合領域系教養科目、専門基礎科目等の共通教育科目を配置する。
  2. 経済活動や技術が人間社会ならびに環境に及ぼす影響の大きさを理解し、倫理観と責任感を持って技術マネジメントの方向性を判断して、行動できる能力を身に付けさせるため、1年次に「サステイナビリティ入門」を必修科目とするサステイナビリティ科目を配置し、その他に法律学、共生文化論等の入門科目を配置する。
  3. 経済学、経営学、会計学、法学、経済データサイエンス、生産システム科学の基本的知識ならびに技術およびマネジメント能力を身に付けさせるために、1年次および2年次に、それらの学類専門科目の基礎的な科目を配置し、また関係諸分野の基礎知識を身に付けさせるために他学類専門科目を配置する。3年次および4年次に、それらに関する専門科目を配置し、特に経済学、経済データサイエンスを重点的に履修させる。社会的問題に関する課題を発見し、解決する能力を身に付けさせるため、1年次からゼミナール科目を、2年次に経済データサイエンス演習I IIを配置する。また3年次にマネジメント学類演習Iを選択科目として、4年次にマネジメント学類演習IIを必修科目として配置する。
  4. 自らの考えをまとめ、表現し、他人の意見を理解し討論する能力を身に付けさせるために、1年次後期からゼミナール科目を配置する。英語等の外国語による国際的なコミュニケーションを行う基礎能力を身に付けさせるために、英語科目および初修外国語科目を必修科目として配置し、2年次後期に外書ゼミナールを配置する。
  5. 自ら学習目標・達成目標をたて、自主的に学習し、卒業後も社会の変化に対応して継続的に学習できる能力および課題に対してグループで協議し、課題を解決するための学習、調査、分析を協力して行い、プロジェクトを遂行する能力を身に付けさせるために、1年次からゼミナール科目を、3年次にマネジメント学類演習Iを選択科目として、4年次にマネジメント学類演習IIを必修科目として配置する。