現代システム科学域

知識情報システム学類のカリキュラム紹介

文理融合的な分野をスムーズに理解できるよう、基礎固めを徹底。実習や演習、インターンシップなど実践的な学びの場も豊富。

高校までの学修課程において文系、理系をベースとしてきた学生に対して、文理融合の学びの土台を形成するため、関連分野の基礎を身につけるカリキュラムを用意しており、段階的に専門知識や技術を修得していきます。具体的には、1・2年次では専門分野で必要となる数学の基礎や、情報システム工学、情報科学、経営・経済学、社会科学、環境科学などの基礎科目とプログラミング技術を修得できる演習科目を設置しています。3年次以降は、Webサービスデザイン、情報システム構成論などの情報科学分野や人工知能などの知識科学分野、経営情報分析などの経営情報分野、保健・医療などのヘルスケア分野、教育分野といったさまざまな分野を学修できるようにしています。さらに、インターンシップを通じて実社会での具体的な課題に触れ、分析能力や解決能力に磨きをかけていきます。

科目と履修モデル

主な開講科目
年次 情報・環境・
マネジメントの
3分野を学ぶ
知識科学、
情報システム工学の
基礎を固める
各学問領域で
専門性を高めていく
学域共通科目、他学類専門科目 専門基礎科目、学類専門科目 学類専門科目
1年次
  • 情報とサステイナビリティ
  • 環境とサステイナビリティ
  • マネジメントとサステイナビリティ
  • ミクロ経済学入門
  • マクロ経済学入門
  • 法律学入門
  • 基礎数学I・II
  • 解析学基礎I・II
  • 統計学基礎I・II
  • 物理学A・B
  • 生物・化学入門
  • プログラミング入門
  • 情報基礎
2年次
  • 認知科学I・II
  • 線形代数I・II
  • フーリエ解析
  • 数値解析
  • コンピュータアーキテクチャ
  • 情報ネットワーク
  • データベースと情報検索
  • マルチメディア情報処理
  • アルゴリズムとデータ構造
  • 情報セキュリティ
  • 情報システム構成論
  • 知識情報システム学演習I・II
【システム・ネットワーク】

  • プログラミング言語概論
  • オペレーティングシステム
  • 知識情報システムの企画・計画
【社会科学】

  • 情報技術と企業活動
  • 情報システム評価
【医療・教育】

  • 知識科学概論
  • 教育情報学
  • ヘルスケアサービス
  • ヘルスケアシステム
3・4年次
  • 知識情報システムの開発・運営
  • 知識情報システム学演習III・IV
  • オートマトンと形式言語
  • ソフトウェア工学
  • Webサービスデザイン
  • 人工知能
  • 機械学習
  • 知覚情報処理
  • 計算知能
  • マーケティング
  • 意思決定論
  • データマイニング
  • 経営情報分析
  • ゲーム理論
  • メカニズムデザイン
  • 教育情報システム
  • 教育・学習の理論と設計
  • ヒューマンコンピュータインタラクション
  • 知識モデリング
  • 自然言語処理
  • 知識情報システム学インターンシップ
  • 知識情報システム学海外インターンシップ
  • 知識情報システム学英語演習
  • 知識情報システム学特別講義
  • 知識情報システム学卒業研究

ピックアップ講義

データマイニング

統計処理と機械学習のデータマイニング手法の内容やツールの活用方法を学び、それらを実際のデータ分析に適用する技能を習得することを目的としています。統計的解析手法や機械学習モデルなどの学習とその適用方法を学習します。

ゲーム理論

非協力ゲームを中心に、ゲーム理論の基本概念を学びます。効用関数と期待効用仮説、純粋戦略と混合戦略、支配戦略均衡、ナッシュ均衡など、戦略形ゲームの解概念を理解し、戦略的思考の考え方の習得をめざします。

知識情報システムの企画・計画

組織活動とそれを支える情報システム導入の歴史、経営目的から必要とされる情報システムの機能要件や構成を決定する企画・計画策定に関する知識を学修。さらに、ケーススタディを用いて企画書を作成する力を養います。

ヘルスケアサービス

ヘルスケア(保健・医療)分野に関する一般教養的な知識、保健医療福祉制度、およびヘルスケアサービスに関する基本的知識について学びます。ヘルスケア専門職との円滑なコミュニケーションを図り、この分野の課題を解決できる能力を養います。

情報技術と企業活動

金融業や製造業、ネットビジネスなどの具体的事例や最新の研究成果を紹介し、情報技術をどのように適用すれば企業活動に効果があるのかを学びます。具体的には、情報技術、プロセス変革、生産性上昇効果などの講義があります。

知識情報システムの開発・運営

情報システムを開発・運営する上で必要となる分析、設計、開発、運営などの各プロセスを、現代の情報システム開発・運営において適用されている代表的な方法論および、技法を通じて習得することをめざします。

情報セキュリティ

情報システムの専門性についての総合的な理解を深め、情報システムを利用するときだけでなく、情報システムを構築・運営する際に必要となる情報セキュリティに関する技術者倫理と専門技術者としての基礎的知識を学修します。

知識情報システム学演習I・II

情報システムを利用する視点および、情報システムを構築する視点の双方の観点から、情報システムの構築法、ユーザインタフェイスなどの実際の課題に対する問題解決を、実習を通して自発的探究心や創造性を養います。

教育情報システム

教育情報システムの設計および運用のための専門的な知識および技能を習得することを目的としています。具体的には、eラーニングシステムの特性とユーザ・インタフェイス設計技法などを修得していきます。

マーケティング

企業が適応行動をとるためには消費者行動への深い理解が避けられません。この講義では、消費者行動モデルをベースにしたマーケティング理論を理解。マーケティングの考え方、マーケティング戦略、などの基本的な理論から、その応用までを学びます。

教育情報学

教育・学習全般を情報伝達という観点で捉え、広くICTを活用した教育・学習ならびにその支援について学修します。学習や教育を支援するシステムを構築する際の基盤的な考え方を習得するとともに、応用できるようになることをめざします。

知識情報システム学演習III・IV

知識情報システム関連分野における最新のトピックや課題などを取り上げ、各自が個別にこれらのテーマについて、先端的な研究に接するなかで実験を行います。また、実験結果を発表することで、プレゼンテーション能力の向上をめざします。