現代システム科学域

環境システム学類 社会共生科学課程

異なる価値観を持った人々を理解し、他を抑圧することなく共生できる社会環境を構築するための実践知を探究します。

生活様式や生命観、対人関係のあり方について、自分と異なる価値観を尊重し、共に生きるためのコミュニケーション能力を身につけることが、これから社会で生きる一人ひとりに必要です。このような能力を磨き、幸福感を持てる社会環境を構築するため、本課程では、多様な思想のあり方、社会問題、コミュニケーションやそのツールである言語についての理解を深めます。具体的には社会現象を共生思想の視点から解明する科目「現代の社会思想」「共生社会と宗教」「現代社会と人間」を配置。また、社会システムの視点からアプローチする「共生社会とアイデンティティ」「都市文化論」やコミュニケーションの視点からアプローチする「メディアコミュニケーション」「言語システムと文化」などをバランス良く配置しており、人間社会が引き起こした社会問題をさまざまな角度から理解し、問題解決への道筋を学修していきます。また、社会調査実習などのプロジェクト遂行型の演習を実施し、実践力を積極的に養っていきます。

教育目的・教育目標

社会共生科学課程の教育目的
社会共生科学課程の教育目標

研究テーマ

研究テーマ1宗教から社会を理解する宗教から社会を理解する:環境システム学類 社会共生科学課程 秋庭 裕 教授欧米における日本宗教の展開を研究。

ここで言う「宗教」とは、特定の宗教・宗派・教団ではありません。古今東西人類は、なぜ、神や聖なるものを祀り崇めてきたのか。宗教なるものは、「社会」的なるものの凝集体、エッセンスなのです。社会という人間の集団は「それ」がなければ成り立たない。社会の「秘密」なのです。

教員からのひとこと

ヒトと会うのが基本の研究スタイル。五感をフルに働かせて初めて分かることがたくさんあります。

研究テーマ2イデオロギーの明確化イデオロギーの明確化:環境システム学類 社会共生科学課程 高木 佐知子 教授「談話分析」を用い、マクロの視点とミクロの視点を意識し、現実の一側面を研究。

新聞や雑誌の記事やスピーチなどにおける言語表現に現実の社会状況がどのように切り取られ反映されているか、ということに焦点を当てて分析を行う、「批判的談話分析」という領域の研究です。これまで同時多発テロやイラク戦争などに関する考察をしてきました。

教員からのひとこと

言葉は単なる客観的な事実ではなく、それを発するわれわれ人間が常に存在しているのです。

研究テーマ3都市文化論/空間の思想都市文化論/空間の思想:環境システム学類 社会共生科学課程 酒井 隆史 教授都市というシステムを主に視聴覚文化を通して考える。

都市は人類の長い歴史のなかで、政治や経済システムの中枢として機能する一方で、つねに、人々の願望や夢の表現の場でもありました。人は都市のなかで、ユートピアを構想し、しばしばその実現のために努力したのです。音楽や映画、文学作品、あるいは建築を通して、人類がこれまで都市をどのように経験し、そしてイメージしてきたのかを研究しています。

教員からのひとこと

本をもって町に出よう。