現代システム科学域

現代システム科学域の教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

教育目的

自然科学、社会科学、人間科学の基本的知識に基づいて現象を多様な要素の相互作用としてとらえるシステム的思考力と、複数の領域の知識を横断的に用いて実社会における問題を特定・分析・解決する領域横断的応用力を備え、卒業後も自律的に考え、学び、成長することができ、持続可能な社会の実現に貢献する人材を育成します。

教育目標

(教養・倫理)

1. 多面的な視点から物事を考えるため、人文・社会・自然科学に関する幅広い教養を身に付けます。

2. 科学技術が環境や社会に及ぼす影響や効果を理解し、市民としての社会に対する責任の重さについて自覚をもちます。

(総合力)

3. 知識情報システム・環境システム・マネジメントの基本的知識を身につけた上で、現象をひとつの側面からとらえるのではなく、多様な要素の相互作用としてとらえることによって現代の問題群の実像を理解するシステム的思考力、複数の領域の知識を横断的に用いて実社会における問題を特定・分析・解決する領域横断的応用力を獲得します。

4. データを用いて事実を把握し、自らの考えを客観的データにより検証する能力を身に付けます。

(コミュニケーション能力)

5. 日本語による論理的な表現力、プレゼンテーション能力、討議などのコミュニケーション能力を身に付けるとともに、英語などによる外国語による読解力、リスニング力、表現力を身に付けます。

(自主学習・プロジェクト)

6. 自ら調査・学習する自主性を身に付けるとともに課題に粘り強く取り組むことができる継続的学習能力を身に付けます。

7. グループで協議して問題解決を進め、プロジェクトを総合的にまとめる能力を身に付けます。

ディプロマ・ポリシー(学修評価・学位の授与方針)

現代システム科学域において所定の期間在学して各学類が定める単位を取得し、以下のような学生に学位を授与する。

1. 共通教育科目(導入科目、基盤科目、教養科目)の履修を通して、幅広い教養と多面的な視野、外国語によるコミュニケーション能力を備えている。

2. 専門基礎科目・専門科目(学域共通科目、学類専門科目、他学類専門科目)の体系的な履修を通して、専門的・学際的な知識を備えている。

3. 演習科目等における討議や発表、卒業論文の作成を通して、自主的に学び、問題を解決し、自らの考えを論理的に表現する力を備えている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

現代システム科学域は、現象を多様な要素の相互作用としてとらえるシステム的思考力、複数の領域の知識を横断的に用いて実社会における問題を特定・分析・解決する領域横断的応用力を養うために、以下のようなカリキュラムを提供する。

1. 論理的思考力や文章による表現力など大学での学びの基礎となる力を養うために、導入科目(初年次ゼミ)を配置する。

2. 幅広い教養、多面的な視野、外国語によるコミュニケーション能力を養うために、教養科目および基盤科目(情報基礎科目、外国語科目、健康・スポーツ科学科目)を配置する。

3. 知識情報システム学類、環境システム学類、マネジメント学類のそれぞれで必要となる基礎的な知識を修得させるため、専門基礎科目を配置する。

4. 持続可能な社会の実現に貢献する人材の育成という本学域の理念に基づき、持続可能性に関する基本的知識を身に付けさせるために、学域共通科目を配置する。

5. 知識情報システム学類、環境システム学類、マネジメント学類のそれぞれにおける専門的知識・技能を修得させるために、学類専門科目を体系的に配置する。

6. 複数の分野の知識を組み合わせて用いる力を養うために、所属学類以外の基礎的な専門科目を履修させる「他学類専門科目」を配置する。

7. 自ら課題を発見して取り組む継続的学習能力、グループで協議して問題解決を進める能力を養うために、少人数の演習科目を配置する。

アドミッション・ポリシー(学生受入の方針)

グローバル化の進行によって社会の変化が加速し、技術革新がもたらす影響範囲も拡大した現代においては、複数の分野の専門的知識を効果的に組み合わせるシステム的思考力が必要とされています。現代システム科学域は、情報、環境、マネジメントの3つの領域の基礎を学ぶことにより領域横断的な思考法、発想法を養います。さらに、それを基礎としてひとつの専門領域について深く学ぶことにより、従来の枠組みにとらわれず、様々な学問領域の成果を組み合わせて問題解決を図る能力を育てます。

したがって、現代システム科学域では次のような学生を求めています。

1. 情報、環境、マネジメントのいずれかまたは複数に対する関心があり、それらについて学ぶための基礎的知識をもっている人

2. 論理的な思考力と自ら学ぶ探求心を備え、勉学意欲に溢れる人

3. 国際的視野をもって地域社会や国際社会に貢献することをめざす人

4. 高い倫理観をもって問題解決に取り組む意欲をもっている人

以上に基づき、次の1~4の能力や適性を身につけた学生を選抜します。

1. 高等学校における教科・科目を文理ともに広く学習し、高い基礎学力を有していること

2. 英文を読んで理解するための基礎的な能力を身につけていること

3. データを取り扱うための基礎的な数学的素養を学んでいること

4. 論理的な思考力を備えていること

〈一般入試(後期日程)〉

高等学校における教科・科目を文理ともに広く学習し、高い基礎学力を有していることを、大学入試センター試験、調査書によって評価します。また、英文を読解する能力、基礎的な数学的素養および論理的な思考力を備えていることを、大学入試センター試験の外国語、数学、国語によって評価します。

〈帰国生徒特別選抜〉

大学で学習するための基礎学力を有していることを、最終出身学校の成績証明書によって評価します。また、英文を読解する能力を有していることを、TOEFLまたはTOEICの成績によって評価します。また、基礎的な数学的素養を有していることを、数学Ⅰ・Ⅱの内容を含んだ口頭試問・面接によって評価します。さらに、論理的な思考力を備えていることを、小論文によって評価します。