大阪府立大学

学域長あいさつ

現代システム科学域長 大塚 耕司

現代社会の問題を俯瞰的に捉え、
持続可能(サステイナブル)な社会を創る人を育てたい。
現代システム科学域では、そう考えます。

現代社会にはさまざまな問題が存在します。高齢化社会対応や子育て支援などは身近な課題ですが、その解決を妨げる要因の一つが格差です。一方世界では、宗教・思想の対立によるテロ事件が毎日のように起きており、その背景には富の集中と貧困、さらに根本には人口爆発による資源枯渇があります。

このような問題に立ち向かい、持続可能(サステイナブル)な社会を創ることのできる人とはどのような人なのでしょうか。まず、現代社会の問題を個々の事象だけで捉えるのではなく、自然と人間との複雑な関係をさまざまな側面から理解し、全体としてどのように変化しているのかを俯瞰的に捉えることができなければなりません。また、世界中の飢えや貧困をなくし、すべての人々の尊厳が守られる社会を作っていきたいという高い倫理観と使命感を持っていることも必要でしょう。

そのような人を育てたいと現代システム科学域では考えています。もちろんこれだけの力をつけるには、幅広い分野の知識を学び、多くの実践経験を積む必要があり、卒業までも楽な道のりではありません。それでも果敢にチャレンジしたいと思う人は、ぜひ現代システム科学域で学んでください。そして、同じ志を持っている私たち教職員と一緒に、サステイナブルな社会を築いていきましょう。

現代システム科学域長
大塚 耕司