生命環境科学域

自然科学類の教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、理学類のアドミッション・ポリシー

教育目的

自然科学についての専門的知識の修得を通じて社会に貢献できる学生を育てる。自然現象を支配する法則を解明することが科学の本質であり、物質や事象の根源的理解こそが優れた応用につながることを理解させ、主体的な探究心に基づく洞察力と問題解決能力、応用力と実践力を兼ね備えた人材を育成する。

教育目標

  • 物理科学、分子科学、生物科学などの自然科学から、人文・社会科学に至るまでの幅広い科目を学習することで、豊かな教養を修得し、グローバルな視点から物事を考える高い素養と能力を身に付ける。
  • 科学技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、科学者が負っている社会的責任について理解する。
  • 現代自然科学を学ぶ上で必要となる数学、自然科学の各分野、および情報技術などの基礎的知識を修得し、論理的思考力を身に付ける。
  • 自然科学についての必要な情報を収集し、量的・質的に分析および解析し、適切に判断できる能力を修得する。
  • 自然科学領域の専門的知識を修得し、自然科学を基礎とした様々な専門分野における問題を解決する能力、および、発展させる能力を身に付ける。
  • 論理的な記述力、および口頭発表、討論の能力を身に付け、国際的に通用するコミュニケーション基礎能力を身に付ける。
  • 自然科学における多様な問題に取り組むことで、自然科学の専門知識と技術を利用して、さまざまな制約条件の下での適切な解決法を見出し、主体的かつ計画的に実施する能力を身に付け、応用力および創造力を修得する。

ディプロマ・ポリシー(学修評価・学位の授与方針)

自然科学類は、主体的な探究心を育み、基礎科学分野の専門知識を修得させるとともに、豊かな教養と創造力を有し、社会の変化に柔軟に対応できる人材の育成をめざす。この教育目標に照らして、十分な知識・能力が獲得できたかを判定するため、学士課程を卒業するための要件を以下の様に定める。

所定の年限在学し、卒業に必要な所定の単位を修得しなければならない。さらに、各課程の学生は最終年次の卒業論文発表会において卒業研究の成果を発表し、教員による審査に合格しなければならない。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

今世紀に入りますます学術的・社会的要請が強まってきた物理科学、分子科学と生物科学の先端に触れることができるとともに、その基盤をなす基礎科学領域の充実の視点を強化した教育課程を編成する。

また、自然科学とその関連領域における研究者または高度専門技術者としての社会貢献を可能にする論理的思考力や実践的能力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力などを、各種講義、演習、実験科目を通じて養う。

自然科学類においては、学域4年間で一応の完結性をもたせつつ大学院までを視野に入れた、基礎的内容から専門的内容へと段階的に進行する一貫した教育課程を編成する。

入学当初からの学問への高い学習意欲を維持、向上させるために、少人数の初年次ゼミナールを開講することを特徴として、これまで以上に学生と教員との距離の近い教育を遂行する。

自然科学系科目については、自らの専門領域にとらわれず、基礎科学から応用科学までの幅広い知識と技術を与える授業を履修させる。

特に、自然科学類においては、物理科学課程、分子科学課程、生物科学課程のどの課程へも進学できるように、1年次に、自然科学に共通の専門基礎科目(数学・物理学・化学・生物学・地学・プログラミング入門)の講義、および実験または演習を履修させる。

また、国際社会での活躍を可能にするために、英語科目12単位を必修とする他、初修外国語を学ぶ機会を与える。

健康・スポーツ科学科目、人文社会科学系科目を含む教養科目の他に、自由選択枠を4単位設定して、多様な学問領域についての学習機会を担保し、自らが学ぶ姿勢を養うことも教育課程編成の重要な要素とする。

2年次以降には学類共通科目として、国際的に通用するコミュニケーション基礎能力を養うための「科学英語」を用意し、履修する機会を与える。

2年次に各課程へ配属し、それぞれの課程で必要な専門科目の講義、演習、実験科目を配当し、各学術領域における知識と技術ならびに問題解決能力を養う。

また、社会における関連領域の見聞を広めるキャリア教育の一環として、学外実習(インターンシップ)科目を導入する。

卒業研究では自然科学類における最先端の研究テーマを設定して学生の研究意欲を高め、基礎的な研究遂行能力と成果をとりまとめる能力を育成する。

これらは学類における教育の集大成であり、かつ大学院における教育課程への連結科目としての役割を担う。

GPAを用いた学習成果の評価を行うとともに、教員にはGPCを提示して成績評価の客観性を確保する。また、CAP制をこれまで通り導入して単位の実質化を図る。

理学類のアドミッション・ポリシー(学生受入の方針)

数理科学、物理科学、分子科学、生物科学とその関連領域における研究者や技術者をめざすためには、柔軟な発想と論理的思考にもとづく課題発見能力と問題解決能力が必要です。

したがって、理学類では次のような学生を求めています。

  1. 自然現象に対する強い関心と理解があり、勉学意欲に溢れる人
  2. 論理的な思考力、自ら学ぶ探究心および問題解決に向けての実行力を備えている人
  3. 国際的視野をもちつつ、地域社会への貢献をめざそうとする人
  4. コミュニケーション能力を身に付ける努力を惜しまない人
  5. 健全な倫理観に基づく判断力を備えている人

以上に基づき、理学類の教育理念・目的にふさわしい学生を受け入れるため、次の1〜5の能力や適性をもつ学生を選抜します。

  1. 高等学校における教科・科目を幅広く学修し、十分な基礎学力を有していること
  2. 英文を読んで理解し、英文で自己表現するための基礎的な能力を身に付けていること
  3. 自然科学を学ぶために必要な数学を履修し、基礎的な問題を解く能力を身に付けていること
  4. 数学と少なくとも理科2科目について深く学び、内容を十分に理解していること
  5. 数学、物理、化学、生物のいずれかが得意で、さらに深く学ぶ意欲をもち、必要な努力を惜しまないこと

〈一般入試(前期日程)〉

高等学校における教科・科目を幅広く学修し、十分な基礎学力を有していることを、大学入試センター試験、調査書によって評価します。また、英文を読解し、英文で表現する能力を有していることを、個別学力検査の英語によって評価します。また、数学の基礎的な問題を解く能力を有していることを、大学入試センター試験の数学によって評価します。さらに、数学、物理、化学、生物のいずれかが得意で、深く学んでいることを、個別学力検査の数学、理科で評価します。

〈一般入試(後期日程)〉

高等学校における教科・科目を幅広く学修し、十分な基礎学力を有していることを、大学入試センター試験、調査書によって評価します。また、英文を読解し、英文で表現する能力を有していることを、大学入試センター試験の外国語、個別学力検査の英語によって評価します。また、数学の基礎的な問題を解く能力を有していることを、大学入試センター試験の数学によって評価します。さらに、数学、物理、化学、生物のいずれかが得意で、深く学んでいることを、大学入試センター試験の数学、理科、個別学力検査の数学または理科または外国語(英語で化学を含む内容)で評価します。

〈推薦入学〉

高等学校における教科・科目を幅広く学修し、十分な基礎学力を有していることを、大学入試センター試験、調査書、推薦書によって評価します。また、英文を読解し、英文で表現する能力を有していることを、大学入試センター試験の外国語(英語)によって評価します。また、数学の基礎的な問題を解く能力を有していることを、大学入試センター試験の数学によって評価します。さらに、数学、物理、化学、生物のいずれかが得意で、深く学んでいることを、大学入試センター試験の数学、理科で評価します。

〈帰国生徒特別選抜〉

大学で学習するための基礎学力を有していることを、面接、最終出身学校の成績証明書によって評価します。また、英文を読解し、英文で表現する能力を有していることを、TOEFLまたはTOEICの成績によって評価します。また、数学の基礎的な問題を解く能力を有していることを、個別学力検査の数学によって評価します。さらに、数学、物理、化学、生物のいずれかが得意で、深く学んでいることを、個別学力検査の数学、理科で評価します。

〈外国人留学生特別選抜〉

大学で学習するための基礎学力を有していることを、日本留学試験、口頭試問・面接、最終出身学校の成績証明書によって評価します。また、英文を読解し、英文で表現する能力を有していることを、TOEFLまたはTOEICの成績によって評価します。また、数学の基礎的な問題を解く能力を有していることを、日本留学試験の数学、個別学力検査の数学によって評価します。さらに、数学、物理、化学、生物のいずれかが得意で、深く学んでいることを、日本留学試験の数学、理科、個別学力検査の数学によって評価します。