生命環境科学域

緑地環境科学類のカリキュラム紹介

生命を育む緑地を多様な視点から科学し、循環型社会の構築を目指します。

緑地環境科学類のカリキュラム紹介 緑地環境科学類のカリキュラム紹介

本学類では、4年間の講義、キャンパスに広がる豊かな緑地環境や学外フィールドを活用した実験・実習、最新の実務に触れるインターンシップ、さらに指導教員のもとでの卒業研究を通じて、健全な緑地環境や都市圏を守り創造するために必要な専門的知識・技術や問題解決能力、さらに広領域に渡る研究やプロジェクトを自主的、計画的に推進する能力を備えた緑と環境のスペシャリストを養成します。卒業後は、自然環境・生態系などのモニタリングや保全、創造、維持管理にかかわる専門職業人として、今後益々ニーズが高まる企業、行政機関の環境関連分野、食料生産やその基盤整備分野、都市計画・環境資源管理分野などの各方面で活躍できます。さらに高度な専門技術や自立した研究能力の習得をめざし、大学院に進学し、より自らを向上させることもできます。

1年次

共通教育・専門基礎科目を中心として、緑地環境科学や自然保護に関わる入門的な専門科目を履修します。4年時の学習の基盤を培います。

2年次

緑地や都市圏を構成する環境要素を扱う基礎的な科目を、多面的かつ総合的に学習します。幅広い視点を獲得し、総合的に緑地環境に取り組む素養を養います。

3年次

緑地学や環境工学、社会科学に関連する専門的な科目の学習を深めます。緑地環境の保全・創成に携わるための広範な関連分野を理解し、卒業研究に備えます。

4年次

指導教員のもとで卒業研究に取り組みます。また、「里地里山管理学実習」など実際の緑地環境を舞台に体験学習に取り組み、社会で活躍するための実力を磨きます。

科目と履修モデル

履修モデル(緑地環境科学類で学ぶ標準的なモデルを例に作成)
区分 科目
1年次 共通教育科目
  • 初年次ゼミナール
  • 文字情報の伝達と文化
  • 環境・生命・倫理
  • 生命環境科学入門
  • 自然環境学概論
  • Academic English IA
  • Academic English IB
  • Academic English IIA
  • Academic English IIB
  • 情報基礎(情報社会と情報倫理を含む)
  • 健康・スポーツ科学演習I
専門基礎科目
  • 数学I
  • 物理学A
  • 化学A
  • 生物学A
  • 地球システム科学
専門科目
  • 自然環境保全論(環境倫理を含む)
  • 生命環境科学概論
自由選択枠
  • 政治学
  • 海の環境と利用の科学
2年次 共通教育科目
  • Academic English III
  • Academic English IV
専門基礎科目
  • 統計学基礎I
  • 生物学実験
専門科目
  • 植物生態学
  • 動物生態学
  • 植物形態分類学
  • 動物形態分類学
  • 環境生態学
  • 計測工学
  • 緑地学原論
  • 植物環境物理学
  • 構造力学
  • 地理情報計測学
  • 環境マネージメント論
  • 地理情報計測学実習
  • 緑地環境科学実習演習I
3年次 共通教育科目
  • 文化人類学入門
専門科目
  • 緑地科学英語
  • 植物環境生理学
  • 土壌物理学
  • 水理学
  • 社会調査論
  • 自然環境アセスメント論
  • 緑地環境科学実習演習IIA
  • 生産環境システム学
  • 緑地環境施工法(職業倫理を含む)
  • 都市環境デザイン
  • エコロジカルプランニング
  • 環境動物昆虫学
  • 都市気候環境学
  • 緑地環境科学実習演習IIB
  • 水環境管理学
  • 環境緑化学
  • 地域環境経済学
4年次 専門科目
  • 専攻セミナーI
  • 専攻セミナーII
  • 循環型社会システム論
  • 緑地環境科学卒業研究

気象環境学

地球大気の構造と特徴、放射収支と熱収支、大気大循環と高気圧/低気圧、気候変動のメカニズムなどをテーマに、大気の中で起きるさまざまな現象を解説。大気環境の実態を把握し、ひいては、大気圏と、水圏・地圏・生物圏との相互影響も理解できるようになることを目標とします。

緑地水文学

生命に必要不可欠な水の存在量、動き、質的状態など緑地の水環境に深く関与する水循環を、降水、蒸発散、地表水、地下水などさまざまな局面から整理。その機構・計測・予測などについて水文的な立場から基本原理を学び、定量的な評価技術を修得します。

緑地保全学

緑地保全のエキスパートに必要とされる専門知識を修得し、問題解決能力を養うため、自然風土と人間活動が作り出す緑地生態系とランドスケープについて、その成立の原理を理解し、緑地の調査や保全・再生方法を学びます。

里地里山管理学実習

都市近郊部に位置する里地里山を対象に、生態系の成り立ちとその保全方法について生態学、緑地学、社会科学的な観点から学習。そのうえで、都市近郊部の里地里山において、保全のための生態工学的技術、管理計画技術を実習します。