生命環境科学域

応用生命科学類の教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

教育目的

生命現象を分子から生態系に至る幅広い観点で理解し、バイオサイエンスとバイオテクノロジーの基礎から応用にわたる広範な知識に基づいて、応用生命科学領域における多様な問題を解決するための応用力と実践力を兼ね備えた人材を育成する。

教育目標

  • 応用生命科学に関わる領域だけでなく、自然科学、人文・社会科学に到るまで幅広く学習し、グローバルで多面的に物事を考えられる素養と能力を養う。
  • バイオサイエンス・バイオテクノロジーの基礎となる知識を習得し、生命現象を分子、細胞レベルから個体、生態系に至る幅広い観点で理解する能力を身に付ける。
  • 生物資源や生命機能を生活や産業さらには環境保全や修復に応用する技術開発などの生命科学の応用分野に関する高度な専門知識を身に付ける。
  • 食料生産、農産物・食品の加工・貯蔵から流通さらには食品衛生に至る幅広い知識を習得し、食料生産や食品産業さらには食の安全に関わる技術者としての素養と能力を身に付ける。
  • 実験・実習、卒業研究などを通して、実験・研究に関する基礎的な技術とともに、自主的、継続的に学習できる能力、論理的な思考と記述力、問題解決能力を養う。さらに、国際的な視野で多様な情報を収集できるとともに、海外への情報発信が可能なコミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を身に付ける。
  • 科学における高い倫理観を有し、信念をもって行動できる能力を持つとともに、卒業後も科学における高い探求心をもち、継続して学習する能力を身に付ける。

ディプロマ・ポリシー(学修評価・学位の授与方針)

生命科学類は、本学類の教育目的・教育目標に基づき、以下の能力を身に付けたものに学士(応用生命科学)の学位を授与する。

  • 応用生命科学に関わる領域だけでなく、自然科学、人文・社会科学に至るまで幅広く学修し、グローバルで多面的に物事を考えられる素養と能力を身に付けている。
  • バイオサイエンス・バイオテクノロジーの基礎となる知識を修得し、生命現象を分子、細胞レベルから個体、生態系に至る幅広い観点で理解する能力を身に付けている。
  • 生物資源や生命機能を生活や産業さらには環境保全や修復に応用する技術開発などの生命科学の応用分野に関する高度な専門知識を身に付けている。
  • 食料生産、農産物・食品の加工・貯蔵から流通さらには食品衛生に至る幅広い知識を修得し、食料生産や食品産業さらには食の安全に関わる技術者としての素養と能力を身に付けている。
  • 実験・実習、卒業研究などを通して、実験・研究に関する基礎的な技術とともに、自主的、継続的に学修できる能力、論理的な思考と記述力、問題解決能力を身に付けている。さらに、国際的な視野で多様な情報を収集できるとともに、海外への情報発信が可能なコミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を身に付けている。
  • 科学における高い倫理観を有し、信念をもって行動できる能力を持つとともに、卒業後も科学における高い探求心を持ち、継続して学修する能力を身に付けている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

ディプロマ・ポリシーに掲げる能力を修得させるため、以下の教育課程を提供する。

  1. 論理的思考力や文章による表現力など大学での学びの基礎となる力を養うために、導入科目(初年次ゼミナール)を配置する。
  2. 幅広い教養、多面的な視野、外国語によるコミュニケーション能力を養うために、教養科目および基盤科目(情報基礎科目、外国語科目、健康・スポーツ科学科目)を配置する。
  3. 応用生命科学類の両課程で必要となる基礎的な知識を修得させるため、専門基礎科目(理系基礎科目)を配置する。
  4. 応用生命科学類におけるより専門的な領域への興味を深めさせるとともに、他の学類における学問との関連性を理解させるために、学域共通科目(生命環境科学概論)を配置する。
  5. 生命機能化学課程および植物バイオサイエンス課程での学修を進める上で必要な基本的専門知識を身に付けさせるために、学類基礎科目および学類基盤科目を配置する。
  6. 生命機能化学課程、植物バイオサイエンス課程のそれぞれにおける専門的知識を修得させるために、講義科目としての学類専門科目を体系的に配置する。
  7. 生命機能化学課程、植物バイオサイエンス課程のそれぞれにおける専門的技能、問題解決能力、コミュニケーション能力を養うために、実験・実習・演習科目としての学類専門科目を体系的に配置する。

アドミッション・ポリシー(学生受入の方針)

応用生命科学類は、生命機能化学課程と植物バイオサイエンス課程の2つの課程が協力して、生命現象の解明と生物資源の利用に関する幅広い教育を行います。
このような教育を通して、広範なバイオサイエンス・バイオテクノロジーに関する専門的な知識や技術を修得するとともに、豊かな教養と問題解決能力、高い倫理観や創造力を身につけた、産業・社会の発展と学術の進歩に貢献できる専門技術者・研究者の育成をめざします。

したがって、応用生命科学類では次のような学生を求めています。

  1. バイオサイエンス・バイオテクノロジーについて学ぶことに対する明確な目的意識をもち、社会の持続的発展に貢献する意欲を持っている人
  2. 幅広い興味をもち、自ら進んで学ぶ探求心を持っている人

以上に基づき、次の1〜4の能力や適性をもつ学生を選抜します。

  1. 物理、化学、生物のうち少なくとも2科目について深く学び、高い学力を有すること
  2. データ解析などに必要な数学の基礎学力を身に付けていること
  3. 学術雑誌の内容の理解、レポート作成、研究内容の発表のための英語や国語の基礎学力を身に付けていること
  4. その他の教科・科目についても幅広い知識を有すること

〈一般入試(前期日程)〉

大学で学習するための基礎学力を有していることを、大学入試センター試験、調査書によって評価します。また、物理、化学、生物のうち少なくとも2科目について深く学んでいることを、大学入試センター試験の理科、個別学力検査の理科によって評価します。また、数学の基礎学力を備えていることを、大学入試センター試験の数学、個別学力検査の数学によって評価します。さらに、英語や国語の基礎学力を備えていることを、大学入試センター試験の外国語、国語、個別学力検査の英語によって評価します。

〈一般入試(後期日程)〉

大学で学習するための基礎学力を有していることを、大学入試センター試験、調査書によって評価します。また、物理、化学、生物のうち少なくとも2科目について深く学んでいることを、大学入試センター試験の理科、個別学力検査の小論文によって評価します。また、数学の基礎学力を備えていることを、大学入試センターの数学によって評価します。さらに、英語や国語の基礎学力を備えていることを、大学入試センター試験の外国語、国語、個別学力検査の小論文によって評価します。

〈推薦入学〉

大学で学習するための基礎学力を有していることを、大学入試センター試験、調査書によって評価します。また、物理、化学、生物のうち少なくとも2科目について深く学んでいることを、大学入試センター試験の理科によって評価します。また、数学の基礎学力を備えていることを、大学入試センター試験の数学によって評価します。さらに、英語や国語の基礎学力を備えていることを、大学入試センター試験の外国語(英語)、国語によって評価します。

〈帰国生徒特別選抜〉

大学で学習するための基礎学力を有していることを、最終出身学校の成績証明書によって評価します。また、物理、化学、生物のうち少なくとも2科目について深く学んでいることを、小論文および面接によって評価します。また、数学の基礎学力を備えていることを、個別学力検査の数学によって評価します。さらに、英語や国語の基礎学力を備えていることを、TOEFLまたはTOEICの成績、小論文、面接によって評価します。

〈外国人留学生特別選抜〉

大学で学習するための基礎学力を有していることを、日本留学試験、最終出身学校の成績証明書によって評価します。また、物理、化学、生物のうち少なくとも2科目について深く学んでいることを、日本留学試験の理科によって評価します。また、数学の基礎学力を備えていることを、日本留学試験の数学によって評価します。さらに、英語や国語の基礎学力を備えていることを、TOEFLまたはTOEICの成績、小論文、口頭試問・面接で評価します。