大阪府立大学

植物バイオサイエンス課程

限りない植物の可能性でヒトの未来を拓く。

植物バイオサイエンス課程

植物バイオサイエンス課程

バイオサイエンス、バイオテクノロジー、バイオインフォマティクスなどを学修することで、植物を中心とした様々な生物の機能を分子レベルで解析・理解する能力を身につけ、生活の向上と健全な環境の創成に貢献できる専門職業人を養成します。本課程では、生化学・分子生物学などを基盤とした植物および植物に付随する微生物の未知機能の探索から有用遺伝子の新機能評価、ゲノム科学や遺伝・育種学を基盤とした新品種の開発、持続的利用のための栽培技術に至るまで、幅広い学問領域について体系的な専門教育を行います。さらに、「食生産科学副専攻」と「植物工場科学副専攻」を開講し、食の安心・安全を検証できる人材と植物工場専門技術者を養成します。

1年次・2年次

植物バイオサイエンス課程共通教育科目および専門基礎科目によって、植物バイオサイエンスを学ぶために必要な生命科学の基礎知識を学修します。また、植物や微生物の複雑な生命現象の理解に必要な分子生物学などの研究手法を身につける実験、植物の機能を利用するための基礎知識を習得するためのフィールド実習も始まります。

3年次以降

3年次になると、より専門的で応用的な講義と植物科学に関わる実験により、専門分野の知識と技術を高めるとともに、3年後期からは各研究グループに所属して卒業研究の準備としての演習が始まります。4年次は卒業研究がスタート、教員によるマンツーマン指導のもとに取り組みます。3年次までに学んだ知識と技術を活用して、植物科学の疑問を実験的に解き、人に説明する力を身につけます。

食生産科学副専攻

植物バイオサイエンス課程植物バイオサイエンス課程と獣医学類が共同で行う2年次からの教育プログラムです。植物と動物の特性の相違点や類似点を理解すること、食料そのものに対する科学的な理解を深めることを目標にした交流型教育プログラムと、「食料」の生産、加工、流通、消費にいたるフードシステムと食のリスクマネジメントの実際を理解することを目標とした融合型教育プログラムを行います。

植物工場科学副専攻

生命環境科学領域の「植物工場科学」、「植物環境調節学」、工学領域の「バイオプロダクション工学」、「生産システム工学」などの講義科目に加えて「植物工場実習」と「植物工場科学演習」の実習・演習科目を履修し、植物工場に関する専門知識と技術を身につけます。

教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー

カリキュラム

取得できる免許・資格・受験資格

  • 中学校教諭一種免許状(理科)
  • 高等学校教諭一種免許状(理科・農業)
  • 食品衛生管理者
  • 食品衛生監視員

卒業後の進路について

  • 大学院への進学
  • 食品・医薬品・化学関連企業
  • 行政機関の農業関連部門

植物バイオサイエンス課程 Webサイト

植物バイオサイエンス課程のWebサイトです。