生命環境科学域

応用生命科学類

動物・植物・微生物にかかわるバイオサイエンス・バイオテクノロジーで、食料問題や医療、環境問題の改善・革新を目指します。

あらゆる生命体を対象に多様な生命現象の解明とその応用に関する教育・研究を行い、広範なバイオサイエンス・バイオテクノロジー領域で活躍できる技術者・研究者を育成します。本学類では1年次での学類共通学修の後、2年次より化学をベースとする「生命機能化学課程」と植物科学を学ぶ「植物バイオサイエンス課程」の2課程に分かれ、専門性を深めます。