生命環境科学域

生命環境科学域の概要

自然環境と調和のとれた人間活動への貢献を目指し、生命・環境・自然科学を融合させた新しい科学を学びます。生命環境科学域の4学類

食料やエネルギーなどの多様な資源を利用し、生活に必要な有用物質を作出し活用するため、また、人間が健全な環境で生活できる社会を持続的に発展させるために、環境と調和した社会活動に貢献できる優れた人材が求められています。そこで、生命環境科学域では、生物の多様な生命現象や生命機能の解明とその利用を目指したバイオサイエンス・バイオテクノロジー、持続可能な環境の保全と創成、それらの基盤となると同時に広範な自然現象の理解と応用を目指す自然科学に関する専門的知識や技術を教育します。加えて、豊かな教養と問題解決能力、高い倫理観と創造力を育み、産業・社会の発展と学術の進歩に貢献できる人材を育成します。