地域保健学域

教育福祉学類のカリキュラム紹介

教育福祉の実践や政策運営を支える専門職を育成します。

教育福祉学類

本学類は、「教育福祉」学という新しい学問を基礎としています。「教育 福祉」学とは、人が生まれ、成長し、そして老いるまで、一生涯にわたる人間の生活と発達を包括的に保障し、支援を行うことに関する学問分野です。社会福祉分野、子ども家庭分野および教育分野をそれぞれ独立した学問領域と捉えるのではなく、互いに密接に関連し、融合したひとつの学問として考えています。そこでは、学校という場と教員養成にかかわる狭い意味での「教育」だけではなく、例えば学校で福祉的な支援を行うスクールソーシャルワークや、青少年や障がい者などを対象とした生活支援、高齢者の生きがい創造など、幅広い内容が含まれます。教育福祉学を学ぶことにより、人と社会に対する包括的視野と福祉・子ども家庭・教育分野における専門的で協働的な実践力を身につけ、地域社会ならびに国際社会において活躍できる人を目指します。

1年次

学類教員がオムニバスで担当する「教育福祉学への招待」や「教育福祉学概論」などを通じて、教育福祉学の基礎を学びます。

2年次

「家族社会学」や「教育福祉と政治」等の科目によって社会科学の基礎知識を固め、教育福祉の専門・展開科目へとつなげます。

3年次

社会福祉系・教育系・子ども家庭系の展開科目として、多様な科目を配置しています。それぞれの領域における実習・演習科目により、これまで学んだ専門知識をさらに深めます。

4年次

少人数制のもとで、これまでの専門科目で学んだことを生かし、卒業研究に取り組みます。また、他の専門職との協働力を高める「コラボレーション演習」により、さらに専門性を高めることを目指します。

科目と履修モデル

履修モデル(社会福祉士を目指すモデルを例に作成)
区分 科目
1年次 共通教育科目
  • 初年次ゼミナール
  • Academic English IA
  • Academic English IB
  • Academic English IIA
  • Academic English IIB
  • フランス語入門I
  • フランス語入門II
  • 情報基礎(情報社会と情報倫理を含む)
  • からだとこころの科学
  • ヘルスプロモーション
  • 健康・スポーツ科学演習I
専門基礎科目
  • 統計学基礎I
専門科目
  • 生命倫理学
  • ケアリング論
  • 教育福祉学への招待
  • 教育福祉フィールドワークI
  • 法律学
  • 社会学
  • ソーシャルワーク概論
  • 医学概論
  • 子ども家庭福祉論
2年次 共通教育科目
  • Academic English III
  • Academic English IV
  • ジェンダーと日本文化
専門科目
  • 教育福祉フィールドワークII
  • 教育福祉フィールドワークIII
  • 公的扶助論
  • 高齢者福祉論A
  • 高齢者福祉論B
  • 地域福祉論A
  • 地域福祉論B
  • 精神保健福祉論
  • ソーシャルワーク論A
  • ソーシャルワーク論B
自由選択枠
  • バリアフリー論
  • 障害者と心理
3年次 専門科目
  • ソーシャルワーク論C
  • 社会福祉計画論
  • 福祉と就労
  • 社会政策論
  • 社会保障論
  • 社会福祉原論
  • 相談援助演習
  • 社会福祉実習
  • 社会福祉実習指導
  • 教育福祉ゼミナールA
  • 教育福祉ゼミナールB
4年次 専門科目
  • 教育福祉学演習I
  • 教育福祉学演習II
  • 教育福祉学卒業研究

ピックアップ講義

教育福祉学概論

社会福祉の中の教育的側面、また、教育の中の福祉的側面など、社会福祉学と教育学について双方向に学び、統合的な教育福祉学の専門的基礎を身につけます。

家族社会学

家族を、個人を取り巻く第一次的に重要な社会関係と位置づけて学習。家族に対する理論的理解を深めるとともに、現実の家族のあり方に対する、実証に基づく分析的態度を修得します。

教育社会学

学校教育を「社会化の専門機関」と位置づけ、その組織や文化、教育・地位達成のメカニズムなどについて学習。現状のさまざまな課題を通じ、学校教育の可能性について考察します。

教育福祉の諸問題(性と人権)

性(セクシュアリティ)をめぐる話題を取り上げ、問題の背景と、それが教育福祉と深く関連していることを理解。また、自己の価値観と向き合い、さまざまな言説に対するリテラシーを向上させます。

コラボレーション論

健康と福祉を回復、維持、育むためには「人が本来持つ強さを活性化する支援」が重要です。その実現に向け、多様な専門領域や専門職について学習し、協働の具体的方法を探ります。

教育福祉インターンシップA・B

現場体験を通じ、見識を広め、実践力と洞察力を育成します。「A」では、国内のNPOや学校、社会福祉施設、自治体、公益団体など。「B」では海外での研修に参加します。

スクール・ソーシャルワーク概論

ソーシャルワークの知識、理念、技術に基づいて、子ども家庭相談体制の一環として、学校という場でスクールソーシャルワークを展開することの意義と特性、過程、理論を理解します。

人間形成論

人間が形成されていくプロセスは、他者と出会い、文化や社会とかかわることによって可能になるという根本的な観点のもと、基礎的理論的知識を学ぶとともに、その諸相について理解を深めます。

教育福祉と政治

教育福祉の理念・方法は、社会における規範のあり方や資源の配分に左右されます。こうした、政治と教育福祉の関係を学習。また、諸政策の位置づけについて考察する力を身につけます。

教育福祉の諸問題(多文化共生)

国際社会や地域社会において異なる文化的背景を持つ人々が共に生きていくための教育福祉的課題について基礎的知識を学ぶとともに、課題解決のための基礎的能力を身につけます。

コミュニティとソーシャルワーク

地域での福祉実践を進めていくための基盤の整備と開発に関する考え方を、演習形式で、具体的・実践的に学習。それを通じて、地域に働きかけていく具体的な能力を身につけます。

障害者福祉論

実態調査を通じた障がい者の現状把握や、法律の視点による支援環境の理解などを通じ、障がい者福祉と関連領域の制度・施策について、目標と理念、支援のあり方と課題を学びます。

保育者論

保育士の制度的な位置づけを学ぶことで、その専門性と役割について理解。保育者としての倫理を身につけます。また、保育士間の協働により専門職として成長することの重要性を理解します。

障がい児保育演習

障がいのある子どもの保育計画を作成。個別支援や、他児とのかかわりの中で育ち合う保育実践について理解します。保護者支援や関係機関との連携、現状と課題の理解も目指します。

セルフヘルプ・グループ論

セルフヘルプ・グループ(SHG、自助グループ)に関連する諸理論と、諸領域における活動事例を学習。援助方法におけるSHGの意義と、専門職者として展開すべき実践のあり方を理解します。

精神保健学

社会福祉サービスを受ける人に限らず、多くの人がストレスを感じる現代社会。本講義では、その課題解決を目指し、人の心を健康という側面から捉え、ストレスとそれに関連する知識を学びます。

教育福祉と健康

健康を維持増進するための正しい理論を学び、心身の健康維持増進に効果的な食生活と運動生活を自立して追究する能力を養成。それらを教育福祉の実践に生かす能力を育成します。

児童養護論

現代社会における社会的養護の意義と歴史的変遷について基礎的知識を学び、社会的養護と児童福祉の関連性および児童の権利擁護・自立支援について理解します。