地域保健学域

総合リハビリテーション学類 理学療法学専攻

college4_s2_1

総合リハビリテーション学類 理学療法学専攻 college4_s2_1_img2

理学療法は運動、動作が困難になった方の身体機能を科学的に分析し、運動療法、物理療法などで改善していく治療分野です。理学療法学の高度な理論、技術はもちろん、対象者のさまざまな気持ちを感じ取る能力まで身につけていきます。そのため、これまでの核であった運動器障害、中枢神経障害、内部障害の各領域における教育の一層の充実はもとより、早期リハビリテーションや地域リハビリテーションなど今日的な要請に十分対応できる教育を充実させています。さらに、作業療法学専攻、栄養療法学専攻との連携により、栄養管理、運動、作業活動などに関する先進的な研究を進めます。こうした研究成果を教育に反映させることで、グローバルな観点から全人的ケアを創造できる医療専門職者の養成を行います。

1年次

幅広い一般教養科目はもとより、人体の構造と機能を学びながら、医療専門職者養成への基盤を築きます。また、早期体験実習をはじめとした専門科目もスタートします。

2年次

疾病・障害の成り立ちや、健康、社会システムに関して学びながら、理学療法実践の基礎を養成します。また、前期後半には短期間の見学を主とした実習科目も開催し、高度な実習体験への準備を行います。

3年次

理学療法の理論と実際を重点的に学ぶとともに、理学療法が担うべき社会的役割について学びます。後期では理学療法における評価の方法を実践する実習を展開し、実践力を高めます。

4年次

提携医療・福祉機関における臨床実習に取り組みながら、これまでの学習内容を体験的に統合します。また、卒業研究において各自の研究テーマを追求し、より高度な医療専門職者としての能力を身につけ、卒業後の進路に備えます。

教育目標、アドミッション・ポリシー

カリキュラム

取得できる免許・資格・受験資格

  • 理学療法士(受験資格)
  • 中級障がい者スポーツ指導員

卒業後の進路について

  • 総合病院
  • リハビリテーション病院
  • 大学病院
  • 介護老人保健施設
  • 大学院への進学

関連サイト

scr_link_img1

 

  • 専攻長から一言
  • 専攻紹介
  • カリキュラム