大阪府立大学

理学療法学専攻のカリキュラム紹介

科目と履修モデル

履修モデル(各専攻で学ぶ標準的なカリキュラム)

区分 科目
1年次 共通教育科目
  • 初年次ゼミナール
  • Academic English IA
  • Academic English IB
  • Academic English IIA
  • Academic English IIB
  • 情報基礎(情報社会と情報倫理を含む)
  • 現代日本の政治と経済
  • からだとこころの科学
  • 障害者と心理
  • 公共性と自由
  • 言語学への招待
  • 地域文化学
医療・保健
基礎科目
  • 形態機能学I
  • 形態機能学II
  • 形態機能学III
  • 形態機能学実習
  • 基礎運動学
  • 人間発達学
  • リハビリテーション概論
専門科目
  • 生命倫理学
  • 理学療法学総論
  • コミュニケーション論
  • 理学療法基礎評価学I
  • 理学療法早期体験実習
2年次 共通教育科目
  • Academic English III
  • Academic English IV
医療・保健
基礎科目
  • 公衆衛生学B
  • 基礎運動学実習A
  • 病理学総論
  • 薬理学総論
  • 臨床心理学
  • 内科学I
  • 内科学II
  • 小児・高齢医学
  • 整形外科学I
  • 整形外科学II
  • 神経内科学I
  • 神経内科学II
  • 精神医学I
  • リハビリテーション医学
専門科目
  • 人間支援科学論
  • コラボレーション論
  • 作業療法学総論
  • 救急蘇生法
  • 理学療法基礎評価学II
  • 理学療法評価学I
  • 理学療法評価学II
  • 運動療法学
  • 物理療法学I
  • 物理療法学II
  • 福祉用具論
  • 障がい者スポーツ指導論
  • 理学療法臨床実習I
  • 運動器理学療法学I
  • 内部障害理学療法学I
  • 発達理学療法学I
3年次 専門科目
  • 地域リハビリテーション論
  • 理学療法評価学III
  • 理学療法評価学総合演習
  • 日常生活活動学I
  • 日常生活活動学II
  • 日常生活活動分析学
  • 義肢装具学I
  • 義肢装具学II
  • 運動器理学療法学II
  • 運動器理学療法学III
  • 神経理学療法学I
  • 神経理学療法学II
  • 神経理学療法学III
  • 発達理学療法学II
  • 内部障害理学療法学II
  • 内部障害理学療法学III
  • 老年期・難病理学療法学
  • 地域理学療法学I
  • 地域理学療法学II
  • 在宅リハビリテーション論
  • 理学療法臨床実習II
  • 理学療法学研究法I
  • 理学療法学研究法II
  • 動作分析学実習
4年次 専門科目
  • リスクマネージメント論
  • スポーツ傷害理学療法学
  • 総合理学療法論
  • 地域理学療法学実習
  • 健康増進理学療法学
  • 理学療法臨床実習III
  • 理学療法臨床実習IV
  • 理学療法学卒業研究
  • 理学療法治療技術論実習

ピックアップ講義

基礎運動学

四肢・体幹および各関節の構造と機能を理解した後、起立、歩行等の基本的動作を中心に人間の諸動作を分析し、身体の各分節の絶妙な連携について、演習を通じて学びます。正常な身体運動を理解することが主な目標です。

理学療法早期体験実習

病院において施設見学・体験実習等を実施することにより、疾病や障がいを持つ人の病態や治療全体の流れを把握し、地域生活における諸問題を長期的に 捉える理学療法の重要性を認識します。

理学療法基礎評価学II

四肢体幹の関節可動域テストについて評価技術を修得し、測定値が示す意味について理解します。今後の評価学ならびに治療学において基本となる対象者への触れ方、動かし方等、「治療者としての接し方」に重点をおいて学習します。

障がい者スポーツ指導論

障がい者スポーツの歴史、組織、種目、障がい区分等について学ぶとともに、車いすバスケットボールやボッチャなどを模擬体験します。心身面への影響も含め、障がい者スポーツへの理解を深め、指導者としての役割を認識します。

運動器理学療法学I

身体運動の基礎である運動器官の正常な役割を理解したうえで、各運動器が障がいを起こした場合の理学療法の基本的な考え方を修得します。運動器の正常な役割を確認することにより、障害発生の原因や治療の理解へ結び付けます。

神経理学療法学I

主に脳血管障害やパーキンソン病の障がい像とこれらの障がいに対する理学療法の基本的な考え方を理解し、治療原理と手技、リスク管理のための基礎知識等について学びます。また、運動制御異常の理解に基づいた理学療法プログラムの立案も実践します。

内部障害理 学療法学I

呼吸リハビリテーションの概要を学び、呼吸理学療法の位置付けと基本的内容を理解します。また、肺がんや食道がん術後などに起こりうる急性呼吸不全と、慢性呼吸不全の障がい像を学ぶとともに、演習を通じて技術の修得を目指します。

地域理学療法学I

地域リハビリテーションにおける地域理学療法の位置付けや目的を明確にし現状・今後の課題について理解します。医療モデルから生活モデルへの流れを学習するなかで、保険制度の概要や、在宅を中心とした地域における理学療法の機能について学びます。

理学療法学卒業研究

理学療法学を取り巻く保健・医療・福祉の各領域にかかわる研究を、ゼミ指導教員の指導のもと実施します。これまでに学んだ内容や研究手法、臨床実習を通じて芽生えた問題意識をもとに、研究テーマの設定、計画立案、実施から論文の作成までを行います。