地域保健学域

地域保健学域の教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

教育目的

生命の尊さと人の尊厳を重んじ、豊かな人間性と深い教養を備え、人と社会に対する包括的視野と、人を支援する専門的でかつ協働的な実践力を身に付け、地域社会および国際社会において人々の健康と福祉の向上に寄与する人材を育成します。

教育目標

  • 高い倫理観、多様性を認め合える寛大な心、人権意識、深い洞察力、鋭い感性を備えてヒューマンサービスを実践できます。
  • 看護、リハビリテーション、栄養、福祉、教育の専門職に必要な高度な知識・技術・科学的判断力・課題探求志向を養います。
  • 対人援助の基盤となる人の理解、コミュニケーション能力を身に付けます。
  • 地域社会の発展はもとより、英語等の語学力の習得により国際的にも貢献できます。
  • 柔軟な思考力と実践力を養い、生涯にわたって自らの専門領域を発展させる能力を身に付けます。

ディプロマ・ポリシー(学修評価・学位の授与方針)

生命の尊さと人の尊厳を重んじ、豊かな人間性と深い教養を備え、人と社会に対する包括的視野と、人を支援する専門的でかつ協働的な実践力を身に付け、地域社会および国際社会において人々の健康と福祉の向上に寄与する能力を修得した者に学位を授与する。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

教育課程は、共通教育科目、専門基礎科目及び専門科目で構成し、専門科目において特に学域共通のコアとなる学域共通科目の区分を設ける。

初年次から配当する共通教育科目については、学士課程教育の全学的な方針を尊重し、大学生として自ら学ぶ姿勢を身に付け、幅広い教養と社会人としての基礎力を高めるため、一般的な教養科目に加え、少人数ゼミナールや外国語科目、教養展開科目などを必修指定して積極的に学修できるように配慮する。

共通教育科目と専門科目とのスムーズな接続に配慮しつつ、専門基礎科目とともに学域の理念を具体化する学域共通のコア科目群を設置する。すなわち「学域共通科目」として「生命倫理学」「人間支援科学」「コラボレーション論」「コミュニケーション論」「ケアリング論」の5科目(3科目以上を必修)を設置し、看護学類、総合リハビリテーション学類、教育福祉学類の3学類の学生たちが人間を支援するために必要な倫理や基本的な知見について共に学び、協働的な実践を行うための共通の基盤を形成する。

そのうえで学類ごとの専門科目の設置についても、次の点については学域で一致した配慮を行う。

  • 少人数による授業を基本としたきめ細かな教育の実施
  • 主体的な学習への関心と方法を身につけるための実践的・臨床的な体験を含む演習・実習科目の初年次からの配置
  • 学外実習施設との密接な連携による、教育と実践の効果的な学習体制の充実
  • 実践的なチーム医療や福祉・教育とのコラボレーションが可能になるような教育の実施

なお、さらに自由選択枠を設け、多様な関連分野への主体的な関心に基づき、学類の専門科目の枠を超えた科目選択を可能とする。

アドミッション・ポリシー(学生受入の方針)

人は地域社会において、健康で文化的な生活を営むためには、身体的、精神的、社会的に良好な状態で生活できることが大切です。ライフステージで生じる子育て、教育、医療、介護などの問題は複雑で多様化しています。保健・医療・福祉・教育などのヒューマンサービスの分野で、生命の尊さと人の尊厳を重んじ、豊かな人間性と深い教養を備えた人材を育成する必要があります。地域保健学域は、人と社会に対する包括的視野と、人を支援する専門的でかつ協働的な実践力を身に付け、地域社会および国際社会において人々の健康と福祉の向上に寄与する人材を育成します。

したがって、地域保健学域では次のような学生を求めています。

  • 保健・医療・福祉・教育の分野で人々に貢献することを目指す人
  • 人々の喜び、悲しみ、痛みを分かち合え、人の主張と気持ちを受けとめる寛大な心と包容力をもった人
  • 学問の向上に興味をもち、探究心旺盛な人
  • 人々と連携し、問題を解決する意欲と能力をもった人

以上に基づき、次の1~3の能力や適性を身につけた学生を選抜します。

  • 高等学校における教科・科目を文理とも広く学習し、高い基礎学力を有していること
  • 対人支援のコミュニケーションのための基礎となる語学力(国語・英語)を有していること
  • 論理的な思考能力を有していること