地域保健学域

地域保健学域 学域長あいさつ

地域保健学域長 奥田 邦晴看護、リハビリテーション、教育福祉の連携により、新しく豊かな地域社会の構築をめざします。

今、我が国は諸外国に例のないスピードで高齢化が進行しています。また、社会構造や疾病構造の変化により、心身に障がいがある人の増加や障がいの範囲も拡大しています。

これらへの対応は医療機関だけではなく、地域社会において日々の生活のなかで継続して行われる必要があります。患者の習慣や性格にあわせて治療効果を高める看護、自らの人生を変革していくための手段を提供するリハビリテーションや人の尊厳と多様性を尊ぶ社会環境をつくりあげていく教育福祉など、さまざまな専門家の連携・協働こそが、生活能力を高め健やかな日常を育みます。

地域保健学域では、人を見つめ、考え、社会の理想像を教育・研究に体現化しています。看護、リハビリテーションという医療に関わる領域、さらに社会環境の基盤となる教育と福祉という幅広い学問領域のコラボレーションとして生まれた科目を学ぶことや、分野の異なる友人との交流により、これからの地域保健・福祉のあり方を多面的、総合的に学ぶことができます。

これらの学びは、多様性を尊重する概念形成を促すとともに、臨床データ等の情報の評価・分析能力を備え、科学的根拠に基づく高度な医療や教育福祉を提供できるスペシャリストとしての将来への道筋を示すでしょう。

新しく豊かな地域社会構築のリーダーとして活躍できるよう本学域で大いに学んでください。

地域保健学域長
奥田 邦晴