工学域

物質化学系学類の概要

基礎から応用まで、化学と物理についての幅広い素養を修得するとともに応用化学、化学工学、マテリアル工学の3課程で、専門性を養う。

応用化学課程/化学工学課程/マテリアル工学課程

天然資源から人工物、目に見えないミクロな物質まで、私たちの身の回りは、あらゆる化学物質から成り立っています。それらの性質や機能を活かし、人々の豊かな暮らしや地球の持続的発展に役立てるのが、化学の役割です。物質化学系学類では、原子、分子、化合物の構造や、化学反応の仕組みを知り、ミクロスケールで物質の成り立ちを解き明かします。本学類では、新たな物質の創製にかかわる原子・分子の機能や性質、化学のプロセスやシステム、さらに多種多様な材料という異なる視点から、「応用化学」「化学工学」「マテリアル工学」の3課程を設置し、化学と物理についての素養と専門性を体系的に身につけます。高度な実験・研究に触れる実践的な学びを通じて、将来、最先端の物質化学分野で活躍できる優れた研究者・技術者を養成します。

3つの課程

応用化学課程

応用化学課程

新しい感性と価値観で君だけの化学を創造しよう。

化学工学課程

化学工学課程

環境と調和した社会を—夢をカタチにします。

マテリアル工学課程

マテリアル工学課程

地球と人に優しい材料の研究・開発を行います。

取得できる免許・資格・受験資格

課程 取得できる免許・資格・受験資格
応用化学課程
  • 中学校教諭一種免許状(理科)
  • 高等学校教諭一種免許状(理科・工業)
化学工学課程
  • 中学校教諭一種免許状(理科)
  • 高等学校教諭一種免許状(理科・工業)
マテリアル工学課程
  • 高等学校教諭一種免許状(工業)

卒業後の進路について

既存学科では、より高い専門性を育むべく多くの卒業生が大学院へ進学。卒業後は高度専門技術者・研究者として産業界の第一線で活躍。

  • 大学院への進学
  • 各種研究機関
  • 化学、医薬、食品、電気、自動車、金属、セラミックスなど各種企業
  • 公務員