大阪府立大学

化学工学課程 教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー

教育目的

資源循環を総合的に含む化学プロセスの構築を基本理念とした化学工学について基礎的な幅広い専門知識を習得し、それらを統合して循環型社会の要請に応え得る応用力を備えた化学技術者を育成します。また、社会的にも広い視野と倫理観をもち、国際的にも活躍できる人材を育成します。

教育目標

  1. 工学だけでなく、自然科学、さらには人文・社会科学に至るまでを幅広く学習し、グローバルな視点から物事を考えることができる。
  2. 科学技術が社会および自然環境に及ぼす影響・効果の大きさを認識し、社会に対する技術者の責任の重さについて理解し、自覚できる。
  3. 化学、物理学、数学、および情報処理などに関する十分な基礎知識を理解でき、使うことができる。さらに、各種生産プロセスを定量的に把握するための基礎知識となる物質収支、エネルギー収支、移動速度論の考え方が理解できる。
  4. 化学的、物理的、生物的各プロセスや、それらの複合プロセスの基礎となる各種素過程の平衡論的、速度論的な解析ができる。
  5. 資源循環を考慮した物質やエネルギーの生産プロセスの設計や最適化法を理解できる。
  6. 化学工学の広範な問題を解決するために必要な調査・研究の手法が理解できる。
  7. 論理的な記述および明解なプレゼンテーションができ、英語の学術論文を読解することができる。
  8. 自主的、継続的、計画的に取り組み、期限内に成果をまとめることができる。

ディプロマ・ポリシー

カリキュラム・ポリシー