大阪府立大学

応用化学課程 教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー

教育目的

化学の基礎と応用に関する幅広い知識と確かな技術、そして豊かな人間性と深遠な倫理観を併せもつ活力のある化学技術者を育成します。

教育目標

  1. 化学技術者としての常識、教養、倫理観を身につけさせ、人類の福祉という高い観点から化学の役割を考え、化学技術者の使命と責任を自覚できる能力を養います。
  2. 化学全般を支える基礎科目として、無機化学、分析化学、物理化学、有機化学、高分子化学を徹底して修得させ、新しい化学技術や物質を創造できる能力を養います。
  3. 化学物質と化学反応の本質を理解・体験し、技術的能力を修得させるために、実験の計画・立案、実行、データ整理、考察、成果発表の能力を身につけさせます。
  4. 基礎科学としての数学と物理学並びに情報・通信の基礎となる情報処理学の能力を身につけさせ、化学の定量的な理解に活かす能力を養います。
  5. 分子軌道理論など、計算機化学の発展に対応できる能力を育成するとともに、量子化学的理解を基盤とした機能性物質・材料の設計能力を養います。
  6. 日本語による論理的な記述力を中心とするコミュニケーション能力、国際的な場で必要な英語の読解・記述並びに会話によるコミュニケーション能力を養います。
  7. 危険物の取扱い、廃棄物の処理、環境問題に対処できる知識と実務能力を養います。
  8. 研究のための情報収集、研究計画、実行、発表(プレゼンテーション)の能力を養い課題探求型技術者を養成します。

ディプロマ・ポリシー

カリキュラム・ポリシー