工学域

機械系学類の教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー

教育目的

複雑化、多様化、複合化する現代社会の工学システム中で、特に、高機能化、知能化、システム化が求められる一般機械から航空機・宇宙機、船舶・海洋構造物・海洋資源環境の分野において、人と環境が共存・共生する機械システム、航空宇宙システム、海洋システムの確立を目指し、教育を実践する。その教育を通し、機械工学分野並びに航空宇宙工学分野および海洋システム工学分野の基盤的技術の有機的な連携により、これらの分野の重要な課題を主体的に認識し、その克服・解決を発想し得る豊かな素養、人間性、倫理観を育み、全地球的な視野から人類の持続可能な発展と地球環境の保全との調和を目指す先端的工学分野を開拓し、未来を担う人材を育成する。

教育目標

  • 数学、物理学、および情報科学に関する知識とそれらを工学に応用できる能力を育成します。
  • 航空宇宙工学、海洋システム工学、機械工学のいずれかの専門知識と技術を体系的に学び、応用できる能力を育成する。
  • 日本語で、航空宇宙工学、海洋システム工学、および機械工学のいずれかの文章を、読み、書くことができ、論理的な議論ができる能力を身に付ける。
  • グローバル化し、高度にネットワーク化された情報化社会に柔軟に対応できるように、多面的に物事を考える能力とその素養を育成する。
  • 国際的コミュニケーション能力を高め、異文化との交流を行う対話能力と自己表現能力を育成する。
  • 航空宇宙工学、海洋システム工学、機械工学のいずれかについて、社会および自然に及ぼす影響や効果、およびこれらの分野の専門家、技術者が社会に対して負っている責任を理解し、具体例を通して倫理観とそれに基づく判断・行動能力を高める。
  • 航空宇宙工学、海洋システム工学、機械工学のいずれかを利用して、社会の要求を解決するための創造能力(デザイン能力)を育成する。
  • 生涯学習の観点から、自主的、継続的に航空宇宙工学、海洋システム工学、機械工学のいずれかについて、その応用を含む学問分野全般を学習できる能力を育成する。
  • 与えられた制約のもとで計画的に仕事を進め、まとめる能力を育成する。

ディプロマ・ポリシー(学修評価・学位の授与方針)

機械系学類(航空宇宙工学課程、海洋システム工学課程、機械工学課程)は、本学類のカリキュラムに沿って、教育目標にかかげる次の能力を身に付けたものに学士(工学)の学位を授与する。

  • 数学、物理学および情報科学に関する知識とそれらを工学に応用できる。
  • 機械系学類(航空宇宙工学、海洋システム工学、機械工学)の専門知識と技術を体系的に工学に応用できる。
  • 日本語等で、機械系学類に関連する文章を、読み、書くことができ、論理的な議論ができる。
  • グローバル化し、高度にネットワーク化された情報化社会に柔軟に対応できるように、豊かな教養に基づき、多面的に物事を考えられる。
  • 国際的コミュニケーション能力を高め、異文化との交流を行う対話能力と自己表現能力を身に付けている。
  • 機械系学類の専門領域において、社会および自然に及ぼす影響や効果、およびこれらの分野の専門家、技術者が社会に対して負っている責任を理解し、具体例を通して倫理観とそれに基づく判断・行動ができる。
  • 機械系学類の専門分野を利用して、社会の要求を解決するための創造能力(デザイン能力)を身に付けている。
  • 生涯学習の観点から、自主的、継続的に機械系学類の専門分野について、その応用を含む学問分野全般を学習できる。
  • 与えられた制約のもとで計画的に仕事を進め、まとめることができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

  • 「機械系学類および航空宇宙工学課程、海洋システム工学課程、機械工学課程の教育目標」の達成を目的として、教育課程編成を行う。
  • 工学の基礎に根ざした学問の系統性と順次性を尊重して、共通教育科目、専門基礎科目および専門科目(学域共通科目、学類基盤科目、課程専門科目)により構成される整合性・一貫性を持つ体系化された教育課程を編成する。
  • 学生の機械系学類内の課程への所属は経過選択型とし、柔軟で自由度の高い進路選択を可能にする。
  • 共通教育科目の履修により、教養豊かな人間性を涵養し、幅広い学修成果を身に付けさせる。専門基礎科目の履修により、工学を学ぶために必要な自然科学全般についての基盤的知識を修得させるとともに、生涯に亘る学びの基礎を築く。専門科目の中でも、特に機械系学類全体で必要とされる科目を学類基盤科目に指定する。
  • 1年次では、学生の幅広い学修を保証し、豊かな教養を身に付けさせるため、共通教育科目を中心に配当する。同時に、4年間の学士課程教育の基礎を構築するため、専門基礎科目を適切に配当する。また、1年次に「機械及び航空宇宙海洋工学概論I、II(必修)」を配当し、機械系学系の最先端研究を紹介して各課程の特色を理解させるともに、機械系学類の基礎力学科目の入門を講義し、2年次以降の所属課程を考える機会を提供する。
  • 2年次では、初年次の共通教育科目と専門基礎科目を中心とする教育で得られた基礎的で幅広い学修成果を、3年次以降の専門科目履修に繋げることを目的として、専門基礎科目と各課程の基礎的な専門科目を中心に配当する。また、機械系学類で学ぶ学問分野全般を俯瞰する視点を獲得し、3年次以降に学習する専門科目への接続を円滑にするため、2年次には基礎的な課程専門科目を適切に配当する。さらに、2年次では,「工学倫理(必修)」、「環境倫理(必修)」を配当し、技術者・研究者としての倫理観を涵養する。
  • 3年次以降では、課程専門科目を中心に配当し、講義・実験・実習・演習などを通して、機械系分野に関する問題解決に応用できる能力を育成する。
  • 4年次には卒業研究(6単位)を必修とし、機械系分野における最先端の研究テーマを設定して学生の研究意欲を高め、系統的な研究指導により基礎的な研究能力を育成する。卒業研究履修には履修資格を設ける。
  • 機械系学類の求める人材、教育目標、教育制度・教育方法、卒業要件、卒業後の進路を受験生や在学生にわかりやすい形で示す。

アドミッション・ポリシー(学生受入の方針)

複雑化、多様化、複合化する現代社会の工学システムの中で、特に、高機能化、知能化、システム化が求められている一般機械から航空機・宇宙機、船舶・海洋構造物・海洋資源環境の分野において、人と環境が共存・共生する航空宇宙システム、海洋システムおよび機械システムの確立が不可欠です。

機械系学類では、その教育を通し、航空宇宙工学分野および海洋システム工学分野並びに機械工学分野の基盤的技術の有機的な連携により、これらの分野の重要な課題を主体的に認識し、その克服・解決を発想し得る豊かな素養、人間性、倫理観を育み、全地球的な視野から人類の持続可能な発展と地球環境の保全との調和をめざす先端的工学分野を開拓し、未来を担う人材の育成をめざします。

したがって、機械系学類では、次のような学生を求めています。

  1. 航空宇宙工学、海洋システム工学、機械工学に対する強い関心があり、それらの分野及び関連分野で、人と調和した豊かな社会の発展に貢献する意欲をもっている人
  2. 論理的な思考力と豊かな創造力の獲得をめざし、勉学意欲に溢れる人
  3. 外国語能力に優れ、国際的視野をもって社会に貢献することをめざす人
  4. 高い倫理観をもって課題解決に意欲的に取り組む人

以上に基づき、次の1~3の能力や適性を身につけた学生を選抜します。

  1. 高等学校における教科・科目を広く学習し、高い基礎学力を有していること
  2. 一般機械から航空機・宇宙機、船舶・海洋構造物・海洋資源環境における諸課題に取り組むための基礎的な数学の素養、物理学の素養および化学の素養を身につけていること
  3. 英文を読んで理解し、書いて表現するための基礎的な能力を身につけていること

〈一般入試(中期日程)〉

高等学校における教科・科目を広く学習し、高い基礎学力を有していることを、大学入試センター試験、調査書によって評価します。また、基礎的な数学の素養、物理学の素養および化学の素養を有していることを、個別学力検査の数学、理科において評価します。さらに、英文を読解し、書いて表現する能力を有していることを、個別学力検査の英語において評価します。

〈アドミッション・オフィス(AO)入試〉

高等学校における教科・科目を広く学習し、海洋システム工学を学習することに高い志を有していることを、志願書、調査書、適正検査、面接によって評価します。また、基礎的な数学、物理学の素養を有していることを、口頭試問、大学入試センター試験の数学、理科において評価します。さらに、英文を読解し、書いて表現する能力を有していることを、大学入試センター試験の外国語において評価します。

〈帰国生徒特別選抜〉

機械系学類に必要な能力を有していること、大学で学習するための基礎学力を有していることを、小論文、面接、最終出身学校の成績証明書によって評価します。また、基礎的な数学の素養、物理学の素養および化学の素養を有していることを、個別学力検査の数学、理科によって評価します。さらに、英文を読解し、書いて表現する能力を有していることを、TOEFLまたはTOEICまたはIELTSの成績によって評価します。

〈外国人留学生特別選抜〉

機械系学類に必要な能力を有していること、大学で学習するための基礎学力を有していることを、日本留学試験、小論文、口頭試問・面接、最終出身学校の成績証明書によって評価します。また、基礎的な数学の素養、物理学の素養および化学の素養を有していることを、日本留学試験の数学、理科によって評価します。さらに、英文を読解し、書いて表現する能力を有していることを、TOEFLまたはTOEICまたはIELTSの成績によって評価します。