工学域

機械系学類 機械工学課程

機械系学類 機械工学課程

ものづくりを最先端に導き、より安全・安心な社会を実現する。

人間型ロボット・燃料電池自動車・F1・福祉設備・各種エンジン・発電システム・環境保全設備など、動くモノから社会を支えるモノまで、すべて機械工学の対象です。
機械工学課程では、これらの各種のマシンのライフサイクル、すなわち設計・開発・製造・使用・リサイクル・廃棄を行うために必要となる工学的知識を体系的に学ぶことができます。

授業科目

  • 機械工学総合演習
  • 機械工作実習
  • 機械設計製図演習
  • 流体力学
  • 機械力学
  • システム制御学
  • エネルギー変換工学
  • 環境工学
  • 工学倫理
  • 機械工学実験
  • 機械設計
  • 材料力学
  • 熱力学
  • 加工原理
  • システム設計工学
  • 生産システム工学
  • 環境保全工学
  • 機械工学卒業研究 等

教育目的・教育目標

課程の学びについて

人に優しく地球に優しいフロンティアマシンを─そのスピリットが持続可能な社会実現のためのものづくりを支えています。

最先端のものづくりをともに行いましょう。機械工学課程では、マイクロマシン、高機能ロボット、環境にやさしい次世代自動車、燃料電池に代表される新エネルギーシステム、植物工場など、動くモノから社会を支えるモノまで、最先端の機械システムを研究・開発しており、そのための専門知識を体系的に学ぶことができます。
材料力学、流体力学、熱力学、機械力学を基礎として、機械設計、制御、エネルギー、環境の基礎から応用まで学び、実験、実習で具体的な方法を体得します。卒業研究で最先端の研究・開発に取り組むことで、幅広い分野で活躍できる創造性の豊かな研究者・技術者となる能力を身につけます。
近年、あらゆる「機械」には、高機能化、知能化、システム化等が求められ、更に、複雑化、多様化、複合化する人間活動との調和を十分考慮した機械システムの開発・設計・生産・運用が不可欠となってきています。一方、社会全体での低炭素化への取り組みを背景として、エネルギーの供給とそれに伴う環境汚染の防止を考慮した、人・環境と共存・共生する機械技術、機械システムの確立が求められています。
これらの機械工学における重要な課題を主体的に認識し、その克服・解決を発想し得る豊かな素養、人間性、倫理観を育み、幅広い機械工学の専門教育を身につけた個性と創造性に富んだ機械技術者・研究者を育成します。

スーパークリーンディーゼルエンジンの開発

スーパークリーンディーゼルエンジンの開発

燃料電池内流動の多次元レーザー計測風景

燃料電池内流動の多次元レーザー計測風景

学生フォーミュラ

学生フォーミュラ

落下施設を利用した宇宙環境利用実験

落下施設を利用した宇宙環境利用実験

TOPICS
地球環境保全、高齢化社会、移動権確保の観点から、人にも環境にも優しい個人の新しい移動手段の創出を目指しています

機械系学類 機械工学課程トピックス

現代社会では、航空機、船舶、鉄道や自動車などの高速あるいは大量輸送システムの技術開発が行われる一方で、人にも環境にも優しい個人の新しい移動手段となるパーソナルモビリティビークル(PMV)の創出が必要とされています。倒立振り子型車両やコンパクトな自転車、あるいはスタイリッシュな高齢者用移動車両をはじめとした新しいPMVの開発と、人の心理まで含めた相互作用の解明を目指しています。(助教/中川智皓)

詳しい情報

機械系学類 機械工学課程 詳細

関連サイト

機械工学科 Webサイト

機械工学科では、人間型ロボット・燃焼電池自動車・F1・福祉設備から各種のエンジン・発電システム・環境保全設備に至るまで、様々なマシンのライフサイクル、すなわち設計・開発・製造・使用・リサイクル・廃棄を行うために必要となる工学的知識を体系的に学びます。