大阪府立大学

電気電子システム工学課程 教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー

教育目的

国際化・情報化に対応できる能力と広い視野および高い倫理観を培うとともに、電気システム、情報通信、およびシステム設計・運用法に関する技術を幅広く修得させ、豊かな人間性と柔軟な創造力をもって問題解決に取り組んでいける人材を育成する。

教育目標

電気電子システム工学課程では、次の能力・姿勢を身に付けた人材を育成することを教育目標とする。

  1. 電気電子システム工学について、基礎知識、専門知識と技術を体系的に学び、応用できる。
  2. 電気系・システム系・情報通信系の専門的知識を幅広く身に付け、応用できる。
  3. 与えられた制約の下で実験を計画・遂行し、データを適切な方法で取得し、正確に分析し評価するとともに、工学的に考察する能力を身に着けている。
  4. 日本語で、電気電子システム工学について、文章を、読み、書くことができ、科学的論理的な議論ができる。
  5. 電気電子システム工学に関する英語の文献を理解し、英語を用いて論理的な文章を記述する能力の基礎を身に着けている。
  6. 電気電子システム工学について、英語を用いて論理的な文章を書き、口頭発表し、討議することができる。
  7. 電気電子システム工学を利用することにより、社会の様々な問題を工学的手法を用いて分析することができる。
  8. プログラミングの基礎知識を身に付け、課題解決のためのアルゴリズムの創造能力、プログラミング能力を身に着けている。
  9. インターネットなどを用いて、電気電子システム工学について、科学技術についての情報を収集し、分析し、判断することができる。
  10. 電気電子システム工学を利用することにより、社会の様々な問題を解決するための創造能力がある。
  11. 電気電子システム工学が社会に及ぼす影響を認識し、技術者が社会に対して負っている責任を自覚し、高い倫理観がある。
  12. 電気電子システム工学の知識を、生涯に亘って、自主的、継続的に学習する能力を身に付けている。

ディプロマ・ポリシー

カリキュラム・ポリシー