大阪府立大学

情報工学課程 教育目的、教育目標、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー

教育目的

知識情報処理システム、知能化システム、情報通信ネットワークシステムなど情報処理技術の飛躍的な発展は、社会構造ならびに我々の生活様式に革新的な変革を引き起こしつつあります。情報工学課程では、情報を高度に活用する技術を開発し豊かな未来社会を築くために、情報処理技術に関するハードウェアでの実現から応用面までにわたる基礎的知識およびその応用能力を身に付け、幅広い人間性と倫理観をもった人材を育成します。

教育目標

学類共通の教育目標に加え、以下の教育目標を掲げます。

  1. 情報・知能科学の基礎知識とそれらを応用できる能力を身につけます。
  2. 情報・知能分野の専門知識を深く修得するとともに、それらを応用できる能力を身につけます。
  3. 社会的なニーズを分析して新たな問題を自ら見つけだし、モデル化・定式化するとともに、得られた結果をシステムやソフトウェアの要求仕様の形で表現し、解決するデザイン能力を養います。
  4. 与えられた条件下で計画的に仕事を進め、まとめる管理能力を育てます。

ディプロマ・ポリシー

カリキュラム・ポリシー